日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

●010「ブロードウェイミュージカル トニー賞のすべて」●

★[別冊太陽]ブロードウェイ・ミュージカル トニー賞のすべて

高橋洋二 編集人

平凡社 刊

1992年 3月28日 発行

175p

\2500


【目次】

ブロードウェイとトニー賞 / 大平和登

ブロードウェイ・ミュージカル
トニー賞のすべて / 構成=小藤田千栄子・萩尾瞳

エッセイ

   ミュージカルへの夢が生まれたころ / 草笛光子

   サマーストック
   アメリカ・ミュージカルのもうひとつの顔 / 安倍寧

   ブロードウェイで演じた「ラ・マンチャの男」 / 松本幸四郎

   ブロードウェイに賭ける夢 / 岡田敬二

   ブロードウェイと共に歩んだ青春 / 謝珠栄

   トニー賞をめぐるわが友人たち / 青井陽治

   本当の芝居、本当の観客 / 野沢那智

   ブロードウェイに、今一度エールを! / 宮本亜門

   ブロードウェイは私のエネルギー源 / 夏木マリ

   ブロードウェイ昨今 / 朝倉摂

   小劇場ミュージカルへのこだわり / 勝田安彦

   ジェローム・ロビンズからの贈り物 / 鈴木理雄


ミスターブロードウェイ
トミー・チューン、自作を語る / インタビュー・構成=萩尾瞳

トニー賞・ミュージカル関連部門受賞一覧

ホーム・シアターて楽しむミュージカル
ミュージカル映画日本発売ビデオ一覧 / 福田千秋 編


【はじめに】

「トニー賞」がスタートしたのは一九四七年。戦前のブロードウェイの功労者アントワネット・ペリーを記念して設定されたものである。だから正式には「アントワネット・ペリー賞」というのだが、彼女の愛称をとって「トニー賞」で通っている。最初の二年間はストレート・プレイが中心だったが、第三回の一九四九年からは、ミュージカル部門の作品賞も設定され、今日に至っている。トニー賞は、ブロードウェイ・ミュージカルの年間決算であり、この本では各年の作品賞を中心に、その華やかな歴史のすべてを展望してみた。いまミュージカルの時代。その魅惑の原点はここにある。
[PR]
by zatoumushi | 2007-10-11 09:32 | ●雑誌●