日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

▼020「オリバー!」▼

★オリバー!

@日生劇場

日本ゼネラルアーツ・劇団四季 提携公演

1981年 3月27日〜 4月 5日

初演


【掲載内容】

ロンドンの「オリバー!」 / 岡田陽

『オリバー!』旅行記 / 北川登園

「オリバー!」とその原作 / 小池滋


【ミュージカル・コレクション 「オリバー!」より】

(前略)劇団四季の「オリバー!」は、やはり子役を使えなかった点が、つらいところであった。オリバー役の広瀬正勝は、どちらかといえば小柄な青年であり、劇団内では妥当なキャスティングではあるが、ジョン・マークや、マーク・レスターを見てきた眼には、やはり“大人”として映ってしまうのである。だから、なんだかちょっとヘンだなという感じが、しじゅう付きまとってしまうのだが、同時に“大人”が演じる利点というのも多少はある。それは舞台からの説得力であり、とりわけ、この公演の、キリン・オレンジ劇場のような場合は、観客の大半が子供だと思うので、大人が見せる児童劇といった趣はある。だが一般公演として見た場合は、つらいことは確かである。訳=梶賀千鶴子、演出=浅利慶太で、ドッジャー役は飯野おさみ、フェイギン=松宮五郎、ビル・サイクス=川原洋一郎、ナンシー=木村不時子であった。


小藤田千栄子
「ミュージカル・コレクション」より
(小藤田千栄子 箸/講談社 刊/1986年 発行)
[PR]
by zatoumushi | 2007-10-17 07:04 | ▼プログラム▼