日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

▼054「ダンシン」▼

★ダンシン

@中野サンプラザ 他

ジャンコ・プロダクション/アメリカン・シアター・プロダクション 製作

1982年 8月28日〜 9月 3日(中野サンプラザ)
    9月 5日〜 9月10日(郵便貯金ホール)
    9月28日〜10月 2日(渋谷公会堂)
   10月 6日〜10月 9日(新宿厚生年金会館)
    9月12日〜 9月16日(大阪厚生年金大ホール)
    9月18日〜 9月21日(福岡サンパレス)
    9月23日〜 9月26日(愛知厚生年金会館)

来日公演


【掲載内容】

グリーティングス / 佐治敬三 トム・マロー ジェームス・ジャネック
           桜内義雄 マイケル・J・マンスフィールド

ダンスは共感を作るエネルギーであり、
            アメリカの精神そのものである。/ 山崎正和

ボブ・フォッシーの振付家としての
 ブロードウェイ・デビュー作「パジャマ・ゲーム」は、
           1063回のロング・ランを記録した。 / 倉橋健

BOB FOSSE'S BIOGRAPHY
「上り坂と下り坂が交互にやってきて、いつも崖っぷちに
        立っている。でも、やり遂げるんだ」ボブ・フォッシー

決められた“型”よりも、
          肉体のフィーリングを大切にする。/ 名倉加代子

「肉体の魔術師」と僕は彼をこう呼びたい。/ 竹邑類

ボブ・フォッシーはウディ・アレンににている。/ 川本三郎

「仮縫いにはダンサー1人4時間もかかってしまいました」
                         / ウィラ・キム

「ライティングだけでなく人生もマジックのように生きたい」
                   / ジュールス・フィッシャー

“ダンシン・マン”に私はなることができなかった。/ 中山千夏

WE LOVE MUSICALS
ミュージカルとの出会いについて、ブロードウェイの舞台裏について、
日本のミュージカルについて、ミュージカルにとりつかれた御三方に
その魅力をたっぷりと語ってもらった。/ 草笛光子 井原高忠 朝倉摂

「ブロードウェイは、いまモダーン・エイジにさしかかっている」
                 / ジェラルド・ショーンフェルド

「ブロードウェイのショウを世界中に届けたい」 / トム・マロー

オフ・オフでは今、アル・パチーノの
    「アメリカン・バッファロー」がヒットしている。/ 楓セバル

GUIDE TO BROADWAY
ブロードウェイの劇場でミュージカルを観るだけが、ブロードウェイの
楽しみ方ではない。劇場の外にもブロードウェイの楽しさはいっぱい。

今夜のショウの余韻を、カクテルと共に味わってみたい。/ 松山猛


【グリーティングス】

本日はサントリー・ブロードウェイ・ミュージカル“ダンシン”日本公演にご来場いただき、まことにありがとうございます。すでにご高承のとおり“ミュージカルの天才”とも言われるボブ・フォッシー氏が演出・振付をしたこの“ダンシン”は、本国アメリカでも絶賛を博した作品でございます。日本公演に際しましては、本国のステージを忠実に実現するため、経験をつんだスタッフと選びぬかれたダンサーによるベストチームが編成されました。本場の最高水準をお見せしたい、と全員張切っており、必ずや、皆さまのご期待に添えるものと確信いたします。私どもは、かねてより、80年代は“生活文化の時代”であると考え、生活の質を高め、生活の味わいを豊かにするための、さまざまな社会・文化活動を行ってまいりました。このたびの公演もその一環として企画し、実現の運びとなったものでございます。現代アメリカ文化が生んだ総合芸術であるミュージカルを「生」のかたちでご紹介することにより、日米両国の文化交流、国際親善にいささかなりとも貢献できますれば、主催者といたしまして、これにまさるよろこびはございません。ご協力、ご声援を賜りました関係各位、とりわけ、本公演をアレンジしてくださいましたアメリカン・シアター・プロダクション社に対して心より御礼申し上げます。どうぞ本日は、ごゆっくりお楽しみください。


サントリー株式会社
取締役社長
佐治敬三
[PR]
by zatoumushi | 2008-02-19 22:55 | ▼プログラム▼