日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

▼077「心を繋ぐ6ペンス」(再演)▼

★心を繋ぐ6ペンス
(テアトロン賞受賞記念)

@帝国劇場

東宝 製作

1967年 4月 7日〜 5月26日

再演


【掲載内容】

御挨拶 / 菊田一夫

「心を繋ぐ6ペンス」あれこれ / 杉山誠

「心を繋ぐ6ペンス」の再演に寄せて / 野口久光

ミュージカル雑感 / 須川栄三

もうひとつのミュージカル入門 / 河端茂

ミュージカル・ミュージカル / 深緑夏代

ニューヨーク通信:「リンゴの木」とバーバラ・ハリス / 上西信子


【御挨拶】

“心を繋ぐ6ペンス”といえば、何処か古めかしい甘さをもつ題名と相成りますが、このミュージカル・プレイの原題は、
HALF A SIXPENCE(6ペンスの半分)であります。
ブロードウェイで大当たりのミュージカルとして見て参って、早速その上演権を買い、昨年芸術座に於て、日本初演(殆ど、今回の配役と同じ)をいたしたのでありますが、それが、はからずも昨年度上演されたミュージカルやショウの中での傑作として、昭和41年度テアトロン賞をいただいたことは、努力の甲斐があったと一同喜んでいる次第であります。
昨年芸術座に於て日本初演をいたしましたときは舞台もいささか狭すぎましたし、劇場の大きさからいっても多くのお客様に観ていただくことができませんでしたので、今回は舞台もゆとりをとり出演者がのびのびと演技をできるようにいたしました。
演出の上でも多少の変更があり、舞台装置に所々工夫を加えた他、このたびはヘレン・ウォーシンガムが歌っております。これはロンドン版では歌っているのでありますが、ブロードウェイ版では歌っておりません。前回はブロードウェイ版にしたがったのを、せっかくの配役(加茂さくら)でありますので、今回はロンドン版にしたがって歌を復活したものであります。
ミュージカルとしては小味ながら傑作の“心を繋ぐ6ペンス”でございます。どうか、できるだけ多くのミュージカル・ファン……のみならず、まだミュージカルをよく御存知ないお方にも観ていただきたく存知ております。


昭和42年 4月
東宝株式会社専務取締役
菊田一夫
[PR]
by zatoumushi | 2008-02-24 13:22 | ▼プログラム▼