日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

▼079「オリバー!」(再演)▼

★オリバー!

@帝国劇場

東宝 製作

1990年 7月 5日〜 8月31日

再演(東宝初演)


【掲載内容】

東宝株式会社 取締役社長 / 松岡功

東日本旅客鉄道株式会社 代表取締役社長 / 住田正二

演出家のことば / ジェフ・フェリス

菊田先生とドナルド / ノブコ・アルベリー

「オリバー!」の舞台装置は、創造力の結集だ
              / ロジャー・ハードウィック 北川登園

ディケンズの生涯と「オリバー・トゥイスト」について / 長谷部史親

ライオネル・バートと「オリバー!」の音楽 / 岡部迪子

「ホワッツ・ザ・ディケンズ?」ディケンズ今昔物語 / 倉田保雄

世界のミュージカルの現況 / 小藤田千栄子


【本日はようこそ】

本日はようこそお運びいただきまして、誠にありがとうございます。(中略)
1968年、東宝が日英親善特別公演として、帝劇に日本で初めて、ロンドン・カンパニーを招き、万雷の拍手を頂戴いたしましたが、今回は、日本人のキャストにより、賑々しく上演いたします。演出にはジェフ・フェリス氏を招き、「心をこめた夢造り」をモットーとする東宝の総力をあげたスタッフがこの上なく充実した舞台をお贈りいたします。
また出演の皆様も、津嘉山正種さん、前田美波里さん、他多士済済の皆様に加えまして、オーディションによって選ばれました43名の子ども達が、白組、赤組のダブルキャストで舞台いっぱいに活躍をいたします。
オリバーに出演する子どもたちの瞳は、大人がともすると忘れがちな、夢や希望、好奇心に満ちて眩しいぐらいに輝いています。その瞳の輝きは、大人には少年の日々の記憶を、純粋な子どもたちの心にはあふれる勇気とかけがえのない友情の大切さを伝えてくれます。
どうぞ、こころゆくまでお楽しみいただき、すばらしい「心の糧」をお持ち帰りいただければ幸いです。


東宝株式会社取締役社長
松岡功
[PR]
by zatoumushi | 2008-02-24 18:16 | ▼プログラム▼