日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

▼086「シーソー」(再演)▼

★シーソー

@パナソニック・グローブ座 他

ワンズアート研究所/シアター・ドラマシティー 制作

1994年 9月30日〜10月10日(パナソニック・グローブ座)
   11月 4日〜  13日(シアター・ドラマシティー)

再演


【掲載内容】

SEESAW / 謝珠栄

「シーソーと私」/ 渋谷森久

ブロードウェイ「シーソー」初演の頃 / 仙石紀子

大浦みずきと「シーソー」/ 小藤田千栄子


【「シーソーと私」】

「シーソー」というミュージカルを私は見ていない。しかしこのミュージカルを作った人々と私は不思議に縁がある。
作・演出のマイケル・ベネットと会ったのは劇団四季の「コーラスライン」の初演の時だった。音楽監督として参加していた私は、不思議とマイケルと気があった。私が指揮したテープを大変気に入ってくれて、初日の夜も赤坂のクラブでマイケルが私のピアノの伴奏で、ミュージカル・ナンバーを歌った写真がのこっている。
そのマイケルが「コーラスライン」のアメリカ・プロダクションの日本ツアーの音楽のめんどうを見るように、私に手紙をくれた。そして彼のもっとも信頼しているスタッフのバーヨーク・リーを紹介してきた。
アメリカのカンパニーが来日する前に、私はすでに日本のオーケストラのリハーサルに入っていた。バーヨーク・リーは「コーラスライン」のコニー・ウォンの役のモデルの小さな東洋系のアメリカ人で、「コーラスライン」のツアーカンパニーの演出をしていた。彼女と会ったとたんから親友になってしまった。
彼女はおみやげにくれたブロードウェイのフォトグラフをみせながら、「シーソー」のトミー・チューンと身体中に風鈴をつけた写真をほこらしげに説明した。それ以降バーヨークとはソウルや東京でともにいくつかの仕事をした。
何年か前、私がニューヨークに行ったとき、バーヨークは一週間の滞在中私につきっきりでニューヨークを案内してくれた。「シーソー」の冒頭のように彼女は「マイ・タウン・ニューヨーク」をほこらしげに、私をあちこちとひっぱりまわした。その時「シーソー」の作曲家のサイ・コールマンとの夕食をセットしてくれた。
元々、「バーナム」とか「スイート・チャリティー」のファンだった私は、時をわすれてブロードウェイ音楽の話をした。あくる日、サイ・コールマンが自らひきいるピアノトリオで自作を唄っているレコードを、わざわざホテルに届けてくれた。そのレコードの冒頭の曲が「シーソー」であった。
バーヨークもこの「シーソー」の主人公もニューヨークに住み、生きることを心から楽しみ又、ほこりに思っている人であり、サイ・コールマンも同じニューヨーカー、彼らのエネルギーとホスピタリティーとプライドが、この「シーソー」のひとつのテーマであると思う。親しい友達の作品だけにしっかり表現しなくてはと思う。


渋谷森久
[PR]
by zatoumushi | 2008-02-29 04:27 | ▼プログラム▼