日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

■114「藝術舞踊の研究」■

★藝術舞踊の研究

邦正美 著

冨山房 刊

1942年12月 5日 発行

249p

\2.5


【目次】

まえがき

第一章 歴史上の舞踊
   一、舞踊の原始形態
   ニ、古代文明國の舞踊
   三、中世生活と舞踊

第二章 藝術舞踊
   一、カラクター=タンツと舞踊
   ニ、藝術舞踊の發生

第三章 バレー
   一、バレーの起源と初期
   ニ、バレーの藝術性と変遷
   三、近代より現代に至るバレー

第四章 近代舞踊の意義
   一、バレーと近代舞踊
   ニ、舞踊詩の理論とその由来
   三、近代舞踊の基礎

第五章 モデルネ=タンツ
   一、舞踊の本質と美學
   ニ、モデルネ=タンツの特性

第六章 近代舞踊の諸流派
   一、本流と支流
   ニ、デニシンとダルクローズ
   三、体育派と精神派

第七章 現代の舞踊家
   一、メリー=ヴィグマン
   ニ、モデルネ=タンツ派
   三、バレー派

第八章 伴奏と音楽
   一、伴奏音楽の歴史
   ニ、舞踊音楽の理論と實際

第九章 コレオグラフィと舞踊譜
   一、創作とその保存
   ニ、舞踊記録法の企
   三、舞踊譜の理論と可能性

第十章 舞踊家の専門と仕事
   一、劇場舞踊中心のもの
   ニ、創作舞踊中心のもの
   三、舞踊の性格と舞踊家

第十一章 舞踊に関する諸問題
   一、批評と批評家
   ニ、舞踊の施設・教育など
[PR]
by zatoumushi | 2008-03-13 22:00 | ■和書■