日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

■242「『宝塚新芸座』記録」■

★『宝塚新芸座』記録

堤誠二 編

阪急電鉄株式会社広報室 刊

1991年 3月 発行

250p

非売品


【目次】

「宝塚新芸座」の創設者 小林一三翁

序 / 坂治彦 阪急電鉄株式会社常務取締役

宝塚新芸座名物「河内まめかち踊り」

歴代理事長

昭和38年元旦 宝塚新芸劇場の舞台で記念撮影

宝塚新芸座の歩み
 “宝塚新芸座道場”の創設
 小林一三翁の情熱と希望
 ◆宝塚歌劇男子研究生について
 旧・中劇場で“宝塚新芸座”発足
 劇場名を「宝塚新芸劇場」に
 大好評を受けた漫才学校
 歌舞伎役者 嵐三右衛門らの加入
 ワカサ・ひろしと蝶々・雄二
 大阪の北と南への進出
 東京宝塚劇場でも公演
 秋田実と漫才陣が脱退
 浮世亭歌楽と“宝塚新芸座”
 ◆宝塚落語会について
 女座長 初音礼子の入団
 一三翁の逝去と梅田コマへの進出
 ◆「宝塚新芸座友の会」について
 今東光と“宝塚新芸座”
 ◆今東光先生を偲ぶ(小林公平)
 宝塚ヘルスセンターで活気
 座付き作者 香村菊雄の活躍
 芸術創造の大志を抱いて
 創立十五周年を迎える
 花登匡と“宝塚新芸座”
 劇場を持つ劇団の良さ
 中日劇場でも「河内」旋風
 ◆テレビ放送ならびに映画出演
 小林米三社長の急逝
 創立二十周年記念公演
 宝塚新芸劇場での最終公演
 道頓堀朝日座で最後の幕
 その後のプロダクション活動

宝塚新芸座・公演一覧 付・プロダクション活動による出演

宝塚新芸座・座員名簿

あとがき / 堤誠二 元宝塚新芸座専務理事
[PR]
by zatoumushi | 2008-05-05 18:58 | ■和書■