日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

▼153「レディ,ビー・グッド!」▼

★レディ,ビー・グッド!

@青山劇場

東宝 製作

1993年10月 1日〜28日

初演


【掲載内容】

「名作」はいつもおなかをすかせてた / 酒井洋子

ファッシネイティング・ドリーム / 小池修一郎

巨星ジョージ・ガーシュインと『レディ、ビー・グッド!』の時代
                           / 風早美樹

ミュージカル ビー・グッド! / 大地真央 錦織一清 國井祐嗣 司会

稽古場ルポ&スナップ ミュージカル Lady,Be Good! のグッドな稽古
                            / 萩尾瞳


【ファッシネイティング・ドリーム】

「レディ,ビー・グッド!」一九二四年、大正十三年のミュージカルである。売り出し中のガーシュイン兄弟、アステア姉弟、人気芸人ウクレレ、アイク等々が参集、それはにぎやかな時代の華であったに違いない。
七十年を経て、突然日本で初演してされる価値があるかと問われれば、答えは一つ。ガーシュイン兄弟の音楽以外の何ものでもない。(中略)
二十世紀末の東京とこの作品の接点を創る作業は、スタッフ諸氏の手に委ねられている訳だが、中でも二○年代のガーシュインと四ツに組んだ前田清美の創造力に敬意を表したい。
大地真央と演出家として仕事をするのは、初めてである。私の記憶にある八年前の彼女は、天真爛漫、天衣無縫、もぎ立ての果実の様にフレッシュなスターだった。然し今眼の前にいるのは、綿密、緻密を極めながらも、芳醇なワインの様に、まろやかな女優である。
芸能生活二○年の間に培われた彼女の抽出しの豊かさに、ただただ眼を瞳る毎日を過ごしている。又、若いに似合わず芸熱心な錦織一清の打ち込む姿に、将来日本のミュージカル界を背負う可能性を感じ得る。その他のベテラン、実力派の各役の夫々のの役造りのプロセスを、興味深く見せて頂いている。
他人の台本を演出するのが初めての上に、苦手な軽喜劇分野である。が、適材適所のキャスティングに大いに救われている。
最後に、私にこの機会を与えて下さった東宝演劇部と宝塚歌劇団に心からの謝意を表したい。
御客様に「ローリング・トゥエンティ」(狂乱の二○年代)のファッシネイティングな夢を御覧頂ければ幸いである。

小池修一郎
[PR]
by zatoumushi | 2008-06-19 21:09 | ▼プログラム▼