日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

▼176「アイリーン」(再演)▼

★アイリーン

@日生劇場

東宝 製作

1998年 5月 1日〜24日

再演


【掲載内容】

また、夢を見るために / 鵜山仁
            (初演プログラムから加筆再録)

「アイリーン」1919&1973
ブロードウェイ・ミュージカル リヴァイヴァル公演の系譜 / 風早美樹
                  (初演プログラムから加筆再録)

「サウンド・オブ・ミュージック」から「アイリーン」へ
             絶好調25周年の大地真央 / 小藤田千栄子


【絶好調25周年の大地真央】

ここ日生劇場では、3月〜4月の『サウンド・オブ・ミュージック』
に引き続き、5月も、大地真央主演の人気ミュージカル『アイリーン』である。3ヵ月連続で、日生劇場のミュージカル・ヒロインだ。(中略)
前回の『アイリーン』、つまり初演(1995年10月・日生劇場)のときも、実は『サウンド・オブ・ミュージック』に続いての上演だった。東京の帝国劇場、名古屋の中日劇場、大阪の劇場飛天で主演し、1ヵ月の稽古を積んでの『アイリーン』初演だったわけだが、このとき大地真央は、発声法にふれて、こんなことを言っていた。
「この間までずっとソプラノで、ソプラノの稽古ばかりしていたんです。でもこんどの『アイリーン』は、ちょっと低いんですよね。アルトに近いくらい。だから、すごく新鮮なんですけど、いま発声法を変えているんです。マリアとアイリーンでは、声の出し方が違うんですよ」と。では、今回は、どのようにしているのだろう。(中略)
そして、秋10月には、アン王女が待機中。世界初のミュージカル版『ローマの休日』である。(後略)

小藤田千栄子
[PR]
by zatoumushi | 2008-06-23 19:07 | ▼プログラム▼