日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

▼184「エリザベート」(再演)▼

★エリザベート

@東宝宝塚劇場

宝塚歌劇団 製作

1996年 6月 3日〜30日

再演


【掲載内容】

ごあいさつ / 荒木義男

メッセージ / Dr.マルティン・ヴコヴィッチ 駐日オーストリア大使
        玉井英二 VISAジャパン会長

エリザベート 世界を征服したミュージカル
                  / ルディ・クラウスニッツェル
                   (初演のプログラムから再録)

Message / ミヒャエル・クンツェ  シルベスター・リーヴァイ
                  (初演のプログラムから再録)

宝塚の『エリザベート』 / 小池修一郎
             (初演のプログラムから再録)

宝塚雪組公演『エリザベート』に寄せて
          / 大賀典雄 ソニー株式会社代表取締役会長
            ヨハネス・ダボラス ウィーン在日代表部代表
           (初演のプログラムから再録)

皇妃エリザベートとその時代 / 塚本哲也
               (初演のプログラムから再録)

座談会:ウィーン発ミュージカル宝塚歌劇の舞台へ
 宝塚版『エリザベート』について / 小池修一郎 吉田優子 古澤真
                   小藤田千栄子 司会
                  (初演のプログラムから再録)

一路真輝、その華麗なる軌跡 / 石井啓夫
               (初演のプログラムから再録)

出演者の声 / 一路真輝 花総まり 高嶺ふぶき 轟悠 和央ようか


【ごあいさつ】

本日は、東京宝塚劇場へようこそお越し下さいました。
さて今回は、雪組によりますVISAジャパンミュージカル『エリザベート 愛と死の輪舞』をご覧頂きます。
この作品は、19世紀末のオーストリアを舞台に、当時ヨーロッパ随一の美貌を謳われたハプスブルクの皇妃エリザベートの生涯を、彼女と“死”とのラブ・ストーリーとして描いた作品でございます。
また、このミュージカルは1992年の初演以来音楽の都ウィーンでロングランを続けている大ヒット作品で、ウィーン以外では今回が初の上演となります。
この公演の実現に際し、オリジナル・プロダクションのウィーン劇場協会様には全面的なご協力を頂き、宝塚バージョンともいうべき作品に仕上げることが出来ましたことに深く感謝いたします。
なお、今回の上演にあたりまして、住友金属クレジットサービス様をはじめとするVISAジャパングループの各社様に、特にご協賛を頂き、オーストリア大使館様にはご後援を頂いております。
ミヒャエル・クンツェ氏による脚本・歌詞に、シルベスター・リーヴァイ氏の音楽からなるこの作品を、小池修一郎が潤色・演出いたします。
出演は、一路真輝、花総まり、高嶺ふぶき、轟悠らを中心とする雪組92名で、壮大なスケールの大作に挑みます。
なお、本公演をもちまして、雪組トップスター 一路真輝が宝塚に別れを告げます。これまで皆様から頂きました温かいご声援に心よりお礼申し上げます。
それでは、最後までごゆっくりお楽しみ下さい。
本日のご来場、誠にありがとうございます。

宝塚歌劇団理事長
荒木義男
[PR]
by zatoumushi | 2008-07-12 11:15 | ▼プログラム▼