日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

▼193「晴れた日に永遠が見える」(再演)▼

★晴れた日に永遠が見える

@日本青年館大ホール 他

宝塚クリエイティブアーツ+宝塚歌劇団 製作

1997年 5月31日〜 6月10日(日本青年館大ホール)
    6月13日〜  15日(愛知厚生年金会館)

再演


【掲載内容】

ごあいさつ / 植田紳爾
       (初演のプログラムから加筆再録)

「晴れた日に永遠が見える」の演出にあたって / 村上信夫
                 (初演のプログラムから加筆再録)

60年代のブロードウェイ・ミュージカルと『晴れた日に永遠が見える』
                           / 青鹿宏二


【ごあいさつ】

本日はようこそお越し下さいました。
さて、今回は雪組によりますブロードウェイ・ミュージカル『晴れた日に永遠が見える』をご覧いただきます。
この作品は、「マイ・フェア・レディ」の作者アラン・ジェイ・ラーナーの脚本・作詞と、バートン・レインの作曲による、ファンタスティックな恋をつづったブロードウェイ・ミュージカルで、1970年にはイブ・モンタン、バーバラ・ストライサンドの豪華コンビで映画化もされました。日本では今回の公演が初演となります。
物語は、催眠療法を研究するある精神科の医師が、彼のもとに治療に訪れた女性の心の中に別の人格を見い出すことからはじまります。やがて彼はその人格に惹かれるようになり、幻想の世界にのめり込んでいきます。
どうぞこの不思議な恋の行方をお楽しみ下さい。潤色・演出・訳詞を担当するのは、村上信夫でございます。
出演は、高嶺ふぶきをはじめとする雪組精鋭27名に専科より京三紗の応援を得て、ファンタスティックな舞台をお送りします。
それでは最後までごゆっくりお楽しみ下さいますようお願い申し上げます。
本日はご来場いただき誠にありがとうございました。

宝塚歌劇団理事長
植田紳爾
[PR]
by zatoumushi | 2008-07-19 20:44 | ▼プログラム▼