日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

▼204「ワン・タッチ・オブ・ヴィーナス」(再演)▼

★ワン・タッチ・オブ・ヴィーナス

@宝塚バウホール

宝塚歌劇団 製作

1993年10月22日〜11月 4日

再演


【掲載内容】

ごあいさつ / 荒木義男
       (初演プログラムから再録)

『ワン・タッチ・オブ・ヴィーナス』のへそ或いはつぼ / 村上信夫
                    (初演プログラムから再録)

日本初演の『ワン・タッチ・オブ・ヴィーナス』によせて / 風早美樹
                    (初演プログラムから再録)


【『ワン・タッチ・オブ・ヴィーナス』のへそ或いはつぼ】

この公演の企画をあれこれ考えている時に、ふと思いついて何年も前に読んだ台本を引っ張り出してみてやっぱりこの本は面白いのではないかと、確信しました。五十年も前のミュージカルでしかもほとんど、アメリカでも再演されてないミュージカルなので、何か落とし穴はないかとつらつら考えてみましたが、幾度か読み直すうちに、かなり面白くなると確信しました。それと共に宝塚で上演するものとしても、なかなか魅力的な作品である事が何となく判ってきたように思えます。
このミュージカルの魅力は一口に言えば、非常にシンプルでファンタジックなラブストーリーの魅力につきます。それは、ドラマチックな迫力はないけれども、非常におしゃれな魅力にあふれたものであるとおもえます。という事は、別の言い方で言えば非常にトレンディで現代的な空気を持っている作品で、こんなに魅力を持った作品が五十年も前に、書かれたかと思うと非常な驚きです。(中略)
こういったおしゃれな作品が、宝塚バウホールにおいて、花組のベストメンバーで上演出来るのは、演出家として最高の喜びであります。それとともに、この作品を現代にうまく生きかえらせることができて、ひとりでも多くの方に楽しんでいただければ、こんな幸せなことはありません。
とにかくいちど、このヴィーナスに触れてみてください、きっと何かが変わるかもしれませんよ!

村上信夫 演出
[PR]
by zatoumushi | 2008-09-14 01:10 | ▼プログラム▼