日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

▼213「ペーパー・ムーン」(再演)▼

★ペーパー・ムーン

@シアターコクーン 他

ケイダッシュステージ パソナ ア・テンポ 製作

1999年 7月 8日   (かめありリリオホール)
    7月12日   (須坂市文化会館)
    7月13日   (塩尻市文化会館)
    7月20日〜30日(シアターコクーン)
    8月 1日   (シアタードラマシティ)
    8月17日   (千葉県民文化会館)
    8月20日   (江戸川区総合文化センター)
    8月23日   (岩手県民会館)
    8月26日〜27日(新潟市民芸術文化会館)
    8月29日〜30日(所沢ミューズ マーキーホール)
    9月 3日   (豊田市民文化会館)

再演


【掲載内容】

TAMIYA KURIYAMA / 栗山民也

PAPER MOON'S GRAFFITI


【TAMIYA KURIYAMA】

(前略)この作品は1930年代のアメリカ中南部での、小っちゃな物語だが、その中で出会う人達のなかには、いろんな感情がギザギザに立ち上がっている。アディやモーゼやトリクシーや、他いろいろな役だけでも30近くあるキャラクターが、同じ人間になんかなるものか、と拒絶する。放浪するアディやモーゼの、なんとも乾いた自由な冒険が、協調や標準などといった甘酸っぱい幻想をうち壊して、ただ前へ前へと進んでゆく、そんな姿に嘘はないと思う。
世の中、とても便利になったことで、何を失い、何を忘れてゆくのだろう。たとえ紙の月だって、信じ合えば本物になる…… 失敗したり駄目になったり、自分を忘れてしまったり、人間の感情なんて面倒なものだけど、やっぱり、どんな小さくても人の気持ちを信じることが大事に思う。

栗山民民
[PR]
by zatoumushi | 2008-09-19 02:21 | ▼プログラム▼