日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

▼218「ワンス・アポン・ア・マットレス」▼

★ワンス・アポン・ア・マットレス

@青山劇場

東宝 製作

2000年11月 3日〜30日

初演


【掲載内容】

Message「ワンス・アポン・ア・マットレス」をご覧になる皆さまへ
                     / メアリー・ロジャース

スフレのような夢を / 青井陽治

えんどう豆の上にねたお姫様 / H.C.アンデルセン 原作
                間所ひさこ 文
                岩本康之亮 絵

アンデルセンと彼の童話について / 間所ひさこ

史上最強のコメディエンヌ 大地真央 / 小藤田千栄子

初めてのブロードウェイ・ミュージカル 植草克秀 / 小藤田千栄子

幸せな時間、薔薇色の気分:ミュージカル・コメディの愉しみ / 萩尾瞳

稽古場レポート さまざまな感性が集まって / 谷田尚子


【「ワンス・アポン・ア・マットレス」をご覧になる皆さまへ】

私どもの友人であります東宝ミュージック株式会社から、「ワンス・アポン・ア・マットレス」の上演が行われるとお聞きしたとき、私は嬉しさで一杯になりました。このショーは私にとって旧友のようなものです。この作品は、何年も前に、キャッツキル山地のキャンプで開催された娯楽作品を創作する作家や俳優の集まりに参加したときに書きました。まるでジュディ・ガーランドやミッキー・ルーニーの昔の映画みたいに、大勢の若者が参加してキャンプの小屋で上演したのです。
9ヶ月後、ニューヨークで、有名な童話「えんどう豆とお姫様」を新しく、ちょっぴりおかしく脚色した私たちのミュージカルがオープンした。プリンセス役を演じたのはキャロル・バーネットという若いコメディエンヌでした。キャロルを一躍スターにしたこのミュージカルは、テレビで二度放映され、それ以来、私たちの代表作になっています。
私が創作を楽しんだのと同じくらい、皆さまにも「ワンス・アポン・ア・マットレス」わ存分に楽しまれることを願っています。1959年の米国の観客に向けて書いたジョークが、2000年の日本の皆さまにとっても、変わりなくおもしろいものであることを願ってやみません。
それでは、どうぞ「ワンス・アポン・ア・マットレス」をお楽しみください。

メアリー・ロジャース
[PR]
by zatoumushi | 2008-09-20 08:40 | ▼プログラム▼