日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

▼221「キャンディード」▼

★キャンディード

@東京国際フォーラム Cホール 他

テレビ朝日 IMG Tokyo パルコ 製作

2001年 6月22日〜 7月 8日(東京国際フォーラム Cホール)
    7月14日〜 7月15日(愛知県芸術劇場大ホール)
    7月20日〜 7月21日(フェスティバルホール)

初演


【掲載内容】

『キャンディード』、キャンディーあるいは楽園の味 / 岩切正一郎

「おかしな話やで」そう言いたくなる
                 ミュージカル『キャンディード』へようこそ! / 佐渡裕

AMON MIYAMOTO director / 宮本亜門

豊かで深い大人の物語 佐渡・亜門が語り合う『キャンディード』の魅力
                       / 吉村渓 司会・構成

弾圧の時代を超えて、すべての悩める者へ
   バーンスタインがようやく納得した『キャンディード』完全版
               / アンドルー・ポーター 上野圭一 訳

「カンディード」のなかの拷問 / 桐生操

ヴォルテールの時代の思想
          『キャンディード』をもっと深く観るための用語集

「オペラをもっと愉しむための10の方法」 / 中谷彰宏

ひとつひとつの音に、火薬が詰まっている
   レナード・バーンスタインの『ウェストサイド物語』に出演して
                           / 市村正親

バーンスタインと『キャンディード』 / 瀬川昌久


【AMON MIYAMOTO director】

元は、リリアン・ヘルマン女史の“音楽付きの芝居を”という提案から始まった、この『キャンディード』は今や、ミュージカル、オペレッタ、オペラ、コンサートとあらゆる変遷を経てきています。その、変幻自在さは驚くほどで台本だけでも20近いバージョンがあるのです。今回の上演は、スコッティッシュ・オペラが制作したバージョンを使用します。
バーンスタイン自身が「靴の中の小石」と晩年まで語っていたと言われる、執着ともがきと愛情がこのバージョンには詰まっています。ゆえに、彼が最も演奏してほしい曲の集大成版とも言えるものです。しかし、その分、ドラマよりも音楽に重きを置かれていたのも事実です。
私の今回の仕事は、ミュージカルで最も大切な、音楽とドラマの絶妙なバランスをどう取り戻すかに専念しました。
原作のヴォルテールの小説は余りに軽妙かつ辛辣なのに、バーンスタインの曲は余りに壮大でかつアメリカ的で正直悩みました。しかし、今回、私は力強い協力者を得ました。それは素晴らしい実力ある出演者たちとスタッフ、それに指揮者 佐渡裕氏です。
私はこの作品が、今、21世紀の初めの日本で上演できる喜びと意義を感じます。あとはこの作品がもつ奥深い人間への愛情を、観客の皆様に届けることができたらと心から願うばかりです。

宮本亜門
[PR]
by zatoumushi | 2008-10-14 00:00 | ▼プログラム▼