日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

▼222「キャンディード」(再演)▼

★キャンディード

@東京国際フォーラム Cホール 他

パルコ 製作

2004年 4月26日〜 5月11日(東京国際フォーラム Cホール)
    5月15日〜 5月16日(フェスティバルホール)
    5月22日〜 5月23日(愛知県芸術劇場大ホール)

再演


【掲載内容】

18世紀のヨーロッパでは… / レナード・バーンスタイン

MESSAGES / 宮本亜門
       デイヴィッド・チャールズ・アベル

『キャンディード』対談(1) この作品を、あなたと分かち合いたい
    演出家・宮本亜門×指揮者・デイヴィッド・チャールズ・アベル

ヴォルテールの名作『カンディード』の魅力 / 植田祐次

この時代に、ヴォルテールが「待った」をかけているかのように
                           / 辰巳琢郎

1950年代ミュージカルと『キャンディード』 / 瀬川昌久

弾圧の時代を超えて、すべての悩める者へ
   バーンスタインがようやく納得した『キャンディード』完全版
               / アンドルー・ポーター 上野圭一 訳
                    (初演プログラムから再録)

バーンスタインとの幸せな出会い / 木之下晃

『キャンディード』対談(2) 自然体?天然体?旅の仲間は似たもの同士?
           キャンディード・中村晃教×カカンボ・坂元健児

『キャンディード』対談(3) オペラとミュージカルの壁を飛び越えて
           オールドレディ・郡愛子×パングロス・岡幸二郎

啓蒙の時代の公開処刑 / 池上俊一

ミュージカル『キャンディード』用語集

【MESSAGES】

ミュージカル『キャンディード』日本初演の舞台は、21世紀がスタートした年に上演されました。私たちは、新しい世紀への讃歌という気持ちを込めて舞台を創りあげたのです。しかし、その後、9.11事件を境に世界の情勢が急激に変化していきました。そして今、多くの人々が「自分の存在理由とは」「生きるとは何だろう」と考え始めるようになってきていると感じています。『キャンディード』は、バーンスタインの素晴らしい音楽にのせて、青年キャンディードが世界を旅し、さまざまな困難にぶつかり、悩みながら成長していく物語です。
面白く、おかしく、そしてエンターテイメントである以上に、物語の中にたくさんの問いがみえる作品なので、多くの人が生きることについて模索している今の時代に、この作品を新たに上演することは大きな意味があると思っています。登場人物が投げかけるさまざまな問いをお客様と分かち合い、考えてみたいと思っています。
2004年版『キャンディード』の舞台は、例えていうなら競技場です。ルールを熟知している最高のプレイヤーである出演者たちが舞台の上で次々と創造的に物語を展開し、自由に羽ばたいていくことを大切にしていきたい。
魅力的なキャスト、デイヴィッド・チャールズ・アベルさんという力強いパートナーとスタッフとともにスリリングでエネルギッシュなミュージカルを創りあげていきます。
お客様には、キャンディードと一緒に旅するように舞台をご覧いただきたい。そしてバーンスタインの音楽を、この作品すべてを、お客様と一緒に分かち合えることを楽しみにしています。

宮本亜門
[PR]
by zatoumushi | 2008-10-15 02:05 | ▼プログラム▼