日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

▼227「パナマ・ハッティー」▼

★パナマ・ハッティー

@帝国劇場

東宝 製作

2002年 3月 3日〜30日

初演


【掲載内容】

コール・ポーターがコール・ポーターである理由 / Ken Morris

「パナマ・ハッティー」吉川徹 &「チャーリー・ガール」山田和也
                  演出家対談 僕らの時代パート1

ミュージカル映画に見る古き良きミュージカルの愉しみ方 / 井上一馬

今、ミュージカル!「パナマ・ハッティー」を / 吉川徹


【今、ミュージカル!「パナマ・ハッティー」を】

「日本人はミュージカルが嫌い」と言われた時代があった。(中略)
個人の趣味嗜好が、地域や国を超えて共有される時代。そんな時代に我々は生きている。そして、我が愛するミュージカルという分野は、そんな情報の洪水の中で、今まさに多様性の時代を迎えているように思う。
そこへ持ってきてこの「パナマ・ハッティー」。なんと1940年という、日本が「とんでもない状況」にあった時に書かれた作品。ところが、その中にあるこの新鮮さ、この斬新さはどうしたものだろう! いまさらながら、ミュージカルというヤツの奥深さに溜め息が出るのである。

吉川徹 演出
[PR]
by zatoumushi | 2008-10-18 06:05 | ▼プログラム▼