日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

▼232「チャーリー・ガール」▼

★チャーリー・ガール

@帝国劇場

東宝 製作

2002年 4月 4日〜30日

初演


【掲載内容】

Greetings / 松岡功
        加藤重義
        山田和也

イギリスの magnificient houses をご紹介
               お屋敷の中をちょっと覗いてみたしょう

稽古場インタビュー / 愛華みれ 錦織一清 森公美子 太川陽介
            鈴木綜馬 初風諄 春風ひとみ 植田チコ

「チャーリー・ガール」山田和也 &「パナマ・ハッティー」吉川徹
                  演出家対談 僕らの時代パート2


【Greetings】

本日はようこそ東宝創立70周年記念公演・ミュージカル『チャーリー・ガール』にお運び頂きまして誠にありがとうございます。(中略)
『チャーリー・ガール』は、1965年ロンドンのアデルフィ劇場で初演され、5年3ヶ月の大ロングラン、上演回数2201回を記録したロンドン・ミュージカルの傑作であり、この帝劇公演が日本初演でございます。この度の上演にあたり、三井住友VISAカードの力強いご協賛を賜りました。三井住友カード株式会社の加藤重義社長はじめ関係各位の皆様に厚く御礼申し上げます。
ブロードウェイ・ミュージカルが、極めて陽気に底抜けでストレートな笑いであるのに対し、ロンドン・ミュージカルのイギリス風ユーモアと、お国がらの持ち味の違いを、お楽しみいただけたらと存じます。この作品は、ロンドン近郊の貴族の館、「ハドウェル・ホール」を舞台に繰り広げられる魅力的なミュージカル・コメディです。実に愛されるべき魅力的な登場人物、チャーミングなミュージカル・ナンバー、そして面白さあふれるシチュエーションが、皆様を素敵なエンターテイメントの世界に誘うことでしょう。(中略)
なにかと世情の暗い今日ですが、ミュージカル『チャーリー・ガール』をご覧頂き、心に青空をもってお帰りいただければ、これに優るよろこびはございません。どうぞ心ゆくまでお楽しみ下さいませ。

東宝株式会社取締役社長
松岡功
[PR]
by zatoumushi | 2008-10-31 01:15 | ▼プログラム▼