日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

▼237「マンマ・ミーア!」▼

★マンマ・ミーア!

@電通四季劇場 海

劇団四季 製作

2002年12月 1日〜2004年11月28日

初演


【掲載内容】

対談「海から、世界へ」 / 成田豊 浅利慶太 安倍寧 司会

ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァースより
                      日本公演へのメッセージ

『マンマ・ミーア!』MUSICAL NUMBERS / 蒲田耕二

INTERVIEW“I HAVE A DREAM...” / ジュディ・クレーマー

『マンマ・ミーア!』を世界でヒットさせるには?
     それは、作品のエッセンスを保つこと / フィリダ・ロイド

ESSAY 永遠の母と娘 / 有吉玉青

ESSAY 陽気に、シングル / 下田治美

ABBA 70年代を吹き抜けた爽やかな風 / 湯川れい子

踊れ、歌え、騒げ!ポップス同窓会 / 小林克也

『マンマ・ミーア!』ABBAの音楽遺産 / かまち潤

ESSAY 最上級の I LOVE YOU. / 秋元康

ESSAY 豊穣の午後の幸せさがし / 玉岡かおる

制作秘話 脚本家キャサリン・ジョンソンの秘密の日記

『マンマ・ミーア!』新しいミュージカル時代の夜明け / 安倍寧


【日本公演へのメッセージ】

『マンマ・ミーア!』のアジア初演が、この活気あふれる街、東京に新しくオープンした見事な電通四季劇場[海]で開幕されることを、大変嬉しく思っております。
1980年、ABBAが日本公演を行いました時に、私達は日本のお客様から、素晴らしい声援をいただきました。その時のことは、日本という素敵な国の大切な思い出として、心にはっきりと残っております。
皆様に親しまれた歌の数々が、このようにミュージカルとなって新しい命を得ました。当時の私達には考えも及ばなかったことです。しかも、常々申し上げてきましたが、私達にとりましては、意識せぬうちにミュージカル作品の楽曲を書いていたことになるのです。東京は、世界で8番目の公演地になりますが、これまでの国々と同様、日本のお客様の心にもこの作品のメッセージが届くことを願ってやみません。
歌詞を日本語にして上演するというのは私達にとって大きな決断でした。しかし、最終的には、この作品のストーリー〜言うまでもなく、ABBAに関する話ではなく、全く新しい物語〜をきちんと伝えるため、それが唯一の方法だと考えました。『マンマ・ミーア!』は、今、素敵な新しい一歩を踏み出します。
日本の皆様に大いにお楽しみいただけますよう、心より祈っております。

ベニー・アンダーソン ビョルン・ウルヴァース
2002年11月
[PR]
by zatoumushi | 2008-10-31 06:02 | ▼プログラム▼