日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:▼プログラム▼( 344 )

★王様と私

@東京宝塚劇場

東宝 製作

1988年 9月 3日〜29日

八演


【掲載内容】

出会い / 大野靖子

天性の名花 鳳蘭さん / 岩谷時子

王様と私 ブロードウェイ初演の思い出 / 森岩雄
              (四・五・六・七演プログラムから再録)

「王様と私」について 自伝「ミュージカル・ステージ」よりの抜粋
             / リチャード・ロジャース 大平和登 訳
              (六・七演プログラムから再録)

「王様と私」のころのタイ / 河部利夫
              (六・七演プログラムから再録)

「王様と私」とその音楽 / 牛窪成弘
             (三・五・七演プログラムから再録)


【王様と私 ブロードウェイ初演の思い出】

私が「王様と私」を見たのは、昭和二十六年三月十三日であった。ブロードウェイのセント・ジェームズ大劇場で、大分永くロングランをしていた時であったが、配役はまだオリジナル・キャストで、主役のアンナにはガートルード・ローレンスが、王様にはユル・ブリンナーが扮していた。
このキャストの中に日系の踊り子が二人出演して 舞踊劇の主演をつとめていた。雨宮ゆり子と井芹美智子の両君であった。(中略)
イギリスの文学者キップリングの有名な言葉に、東は東、西は西、二つのものは一つにならない、という思想があって、いろいろな場合に引用されるが、たしかに思想、宗教、風俗、生活からいってそういう考え方も同感出来る。「王様と私」はその辺の雰囲気を遺憾なく、面白く、悲しく表現してあますところがない。しかし、「王様と私」は二つのものは一つにならないと投げやりにしてはいない。二つのものも人間性、ヒューマニズムの上では一致するものがあるのだということを強調し、これを主題に全体を構成しているミュージカルである。(中略)
東宝系で「王様と私」を採り上げてからもう何度か繰り返し上演し、アメリカのトニー賞までいただいたが、上演については訳者の一人として、この「王様と私」の主題を十分に発揮し、見物の心に訴えることの出来るように勉強をしていただくよう、強くお願いをして来た。
何卒それに成功して欲しいものである。

森岩雄 元東宝相談役
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-27 03:15 | ▼プログラム▼
★王様と私

@帝国劇場

東宝 製作

1980年11月 2日〜28日

七演


【掲載内容】

市川染五郎さん / 河竹登志夫

かつてのプリンス 安奈淳 / 矢代静一

王様と私 ブロードウェイ初演の思い出 / 森岩雄
                (四・五・六演プログラムから再録)

ミュージカルの成立から〈王様と私〉まで / 木村重雄

「王様と私」について 自伝「ミュージカル・ステージ」よりの抜粋
             / リチャード・ロジャース 大平和登 訳
              (六演プログラムから再録)

「王様と私」のころのタイ / 河部利夫
              (六演プログラムから再録)


【市川染五郎さん】

(前略)こんどの「王様と私」は、初演も見ているが、たしかこの作でテアトロン賞を受けたはずだ。その後、さらにトニー賞国際特別賞も獲得したときく。
とにかく、「ラ・マンチャの男」とならんで彼のミュージカル俳優としての声価を高からしめた傑作だ。ミュージカルでは、そう、「蒼き狼」も印象に鮮明だが、精悍な、豹のような、小気味のいい動きと、金属光沢をおもわせるよくひびく音声が、すばらしかった。(中略)
八月十九日生まれ、とすると獅子座。「王様と私」の主人公には、うってつけということになる。国際的俳優としての王者の道を、歩みつづけてほしい。

河竹登志夫 演劇評論家
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-26 02:03 | ▼プログラム▼
★王様と私

@日生劇場

東宝 製作

1979年 1月 3日〜28日

六演


【掲載内容】

御挨拶 / 横山清二

王様と私 ブロードウェイ初演の思い出 / 森岩雄
                  (四・五演プログラムから再録)

「王様と私」とのつき合い / ユリコ

「王様と私」について 自伝「ミュージカル・ステージ」よりの抜粋
             / リチャード・ロジャース 大平和登 訳

「王様と私」のころのタイ / 河部利夫

「王様と私」とその音楽 / 牛窪成弘
             (三・五演プログラムから再録)


【ご挨拶】

あけましておめでとうございます。
御来場のみなさまには、お健やかにて初春をお迎えの御事と心よりおよろこびを申し上げます。(中略)
さて、日生劇場新春の舞台は、只今、ブロードウェイで活躍中のユリコ氏の演出・振付による、東宝ミュージカル特別公演“王様と私”の絢爛の開幕でございます。
想えば、昭和三十八年九月、“ミュージカル”という詞が未だ耳新しいころ、東宝は、逸早く、故菊田一夫先生のご指導の下に日本で初めてブロードウェイ直輸入のミュージカル“マイ・フェア・レディ”を華々しく開幕いたしたのでございました。お客さまはすべて総立ちになられ、万雷の拍手がいつまでも鳴り止まない……その感動の光景がいまだに目蓋に浮かんで消えることもございません。以来、東宝は、数々のミュージカルを上演しつづけ、演劇文化向上の一翼を担っていることを自負いたしているところでございます。“王様と私”はこうして昭和40年4月、梅田コマ劇場で日本最初の幕を開けた次第でございます。
今回の日生劇場公演では、初演以来シャム王を演じつづけていられる市川染五郎さんが、久方ぶりの舞台をごらんに入れます。四代目のアンナ役では安奈淳さんが彼女の魅力のすべてをご披露いたします。お二人は待望の初顔合わせでございます。(中略)
末筆ながら、本日のご来場を厚く御礼を申し上げます。

東宝株式会社
常務取締役演劇担当
横山清二
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-25 00:07 | ▼プログラム▼
★王様と私

@帝国劇場

東宝 製作

1976年 6月 5日〜30日

五演


【掲載内容】

ご挨拶 / 雨宮恒之

王様と私 ブロードウェイ初演の思い出 / 森岩雄
                    (四演プログラムから再録)

トニー賞について / 倉橋健
          (四演プログラムから再録)

「王様と私」とその音楽 / 牛窪成弘
             (三演プログラムから再録)

『フロンティア精神とセンチメンタリズム』
           ロジャース ハマースタイン2世 / 広部貞夫

観劇メモ

たのしみがいっぱい『王様と私』 / 橋本与志夫

「王様と私」の史跡 / ト部文麿


【ご挨拶】

本日は帝国劇場ミュージカル特別公演「王様と私」にお越し下さいまして、ありがたく御礼申し上げます。(中略)
「王様と私」は、申すまでもなくロジャース・ハマースタイン2世の名コンビによるアメリカ・ミュージカルの最高傑作であり、東宝が上演したミュージカルのレパートリーの中で、最も成功したもののひとつでございます。
市川染五郎君の「王様」は、昭和40年梅田コマ劇場の初演において、彼にとってはじめてミュージカルに挑戦し、成功をおさめて以来の記念すべき持ち役でございます。
その後「ラ・マンチャの男」で、本場ブロードウェイまで進出した彼が、この持ち役ではすでにいくたびも再演を重ねておりますので、一段と充実した舞台をおめにかけるものと期待しております。
アンナには、初演の越路吹雪、再演の那智わたる、昭和48年の草笛光子に続いて、このたびも草笛さんがいどみ、そのほかの役々にも、好適の配役が実現したものと存じます。
スタッフも、定評あるベテラン、新鋭たちがこの傑作ミュージカルを、よりよき舞台にするため、真剣に取り組んでおります。
どうぞ、ごゆるりとご観覧の上ご高評下さいますようお願い申し上げます。

昭和51年 6月
東宝株式会社専務取締役演劇担当
雨宮恒之
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-24 22:53 | ▼プログラム▼
★王様と私

@帝国劇場

東宝 製作

1973年 7月 3日〜29日

四演


【掲載内容】

御挨拶 / 雨宮恒之

トニー賞について / 倉橋健

その夜ブロードウェイは雨だった
           トニー賞授賞式に出席して / 雨宮恒之

『ゆたかな時代のゆたかな二人』
           ロジャース&ハマースタイン / 広部貞夫

ミュージカルについて / 佐藤忠男

王様と私 ブロードウェイ初演の思い出 / 森岩雄

『王様と私』MEMO

王様と私 けいこ風景 / 榎その 絵・文


【御挨拶】

本日はご来場下さいまして、まことにありがとうございます。
さて、東宝の創立者小林一三翁は「西洋音楽を基礎にした、楽しく面白い家族本位の新しい大衆演劇」を創ることを理想とされておりました。
翁自らが育成された宝塚歌劇も、秦豊吉氏が試みられた、かつての帝劇ミュージカルスも、この夢の具体化のひとつでございます。
そして、菊田一夫氏を中心とする東宝のミュージカル上演運動は、この小林翁の理想を追求した、めざましい成果といえましょう。
この運動は、昭和38年の「マイ・フェア・レディ」以来、まずアメリカ・ミュージカルの上演からはじまり、更に「スカーレット」「歌麿」と、ミュージカルの創作上演へと華華しく展開して参りました。
去る3月25日、アメリカ演劇界における最高の栄誉であるトニー賞海外特別賞が、東宝の多年にわたるアメリカ・ミュージカル上演の業績に対して授与されました。
この受賞に勇気づけられた私たちの喜びが、一瞬にして大きな悲しみに変わりましたのは、運命の皮肉さと申すよりほかございません。
すなわち、この運動の中心であった菊田一夫氏が、4月4日志なかばにして逝去されたのでございます。まことに痛惜の極みでございました。
しかし、私どもは、小林翁の、そして菊田氏の夢を継ぎ、微力ではございますが、この運動をいよいよ発展させてゆく決意でございますので、何卒よろしくご後援下さいますようお願い申し上げます。(後略)

東宝株式会社常務取締役演劇担当
雨宮恒之
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-24 22:15 | ▼プログラム▼
★王様と私

@帝国劇場

東宝 製作

1968年11月 1日〜27日

三演


【掲載内容】

ごあいさつ / 菊田一夫

名作「王様と私」 / 戸板康二

「王様と私」その遺跡をめぐって / ト部文麿

ミュージカルの楽しみ / 清水俊二

「王様と私」とその音楽 / 牛窪成弘

出演者たちと私 / 伊藤寿二

ミュージカルのたのしさと「王様と私」 / 倉橋健


【ごあいさつ】

11月の帝国劇場は、東宝ミュージカルの公演でございます。
催し物の「王様と私」は、至って密度の高い、ドラマティックな、かつ、人の心をうたずにはおかない人間味の豊かなミュージカルと言えましょう。(中略)
王様には市川染五郎、アンナを那智わたるが演じ、加茂さくら、立川澄人、益田喜頓、南美江、加藤武、その他の人々がそれぞれの役々を……また、可愛い15人の王子王女たちには、中村勘九郎、リンダ・パールほかの子役たちが活躍いたします。
佳い作品は、いつ、何度観ても佳く、心暖まるものと存じます。
どうぞ本日は、ごゆっくり、帝劇の「王様と私」をおたのしみくださいますよう……

昭和43年11月
東宝株式会社専務取締役
菊田一夫
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-24 21:16 | ▼プログラム▼
★シー・ラブズ・ミー

@青山劇場

東宝 製作

1998年11月 2日〜29日

四演


【掲載内容】

再演にあたって / 釜紹人
         (再・三演プログラムから加筆再録)

手づくり万歳! / 酒井洋子

SCENE DESIGN / 堀尾幸男
        (初演プログラムから加筆再録)

NOTES ON THE PLAY / 萩尾瞳
           (再・三演プログラムから加筆再録)

座談会 シー・ラヴズ・ミー / 市村正親 涼風真世 島田歌穂 藤木孝
               堀米聡 斎藤晴彦 犬塚弘 村井国夫
               古川清 釜紹人 小藤田千栄子


【手づくり万歳!】

かれこれ10本ミュージカルを訳してきたが、なかでもこの「シー・ラヴズ・ミィ」は、私にとってベスト3に入る大好きな作品だ。(中略)
もちろん、それなりの理由はある。音楽がいい。とりどりの人間模様が鮮やかだ。でも、最大の蔭の功労者は「手紙」だ。(中略)
「シー・ラヴズ・ミィ!」彼女はぼくが好きなんだ!愛の正体を知ってジョージが目のくらむような幸福感を歌うとき、私も幸せに酔いながら思います。そう、ミュージカルはこうでなきゃ!手紙は手書きじゃなきゃ。手づくり万歳。というわけで、私は今日もせっせと絵手紙を書いているのです。

酒井洋子 翻訳
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-23 22:05 | ▼プログラム▼
★シー・ラブズ・ミー

@劇場飛天

東宝 製作

1997年 8月 2日〜28日

三演


【掲載内容】

ごあいさつ / 坂治彦  株式会社コマ・スタジアム取締役社長
        杉本芳彦 株式会社ツーカーホン関西代表取締役社長

NOTES ON THE PLAY / 萩尾瞳
           (再演プログラムから再録)

再演にあたって / 釜紹人
         (再演プログラムから再録)

愛にもいろいろあるけれど / 酒井洋子
              (再演プログラムから再録)

A fine collection of past Musicals
   梅田コマ劇場 劇場「飛天」 ミュージカル名作選 / 小藤田千栄子


【ごあいさつ】

本日はご来場下さいまして、誠にありがとうございます。
楽しく華やかなブロードウェイ・ミュージカル『シー・ラヴズ・ミー』の開幕でございます。(中略)
この作品は、ミクロス・ラズロの戯曲『香水店』に基づいていますが、ミュージカル化にあたりジェリー・ボックとシェルドン・ハーニックは、まずジョー・マスタロフに完全なストレート・プレイの台本を依頼し、その後、重要部分を歌に変えていったそうです。これにより物語と音楽がより緻密になり、ミュージカルにとって理想的といえる構成になっています。(中略)
本日のご観劇の心地よい興奮を皆様方のご支援により、一人でも多くの方々に味わっていただき、この魅力と活力溢れる舞台が、関西文化の新しい担い手の一つとなりますように、ご鳳声賜りたくお願い申し上げます。
本日のご来場、重ねて厚く御礼申し上げます。

株式会社コマ・スタジアム取締役社長
坂治彦
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-23 21:50 | ▼プログラム▼
★エニシング・ゴーズ

@青山劇場

東宝 製作

1996年10月 4日〜31日

五演

【掲載内容】

無事船が港に着ける様に… / 珠栄謝

「エニシング・ゴーズ」の幸せな歴史 / 小藤田千栄子

大地真央の魅力 人を引き込む不思議なスター / 石井啓夫

コール・ポーターとその音楽
        今に生き続けるソフィスティケイトな名曲 / 宮本啓


【無事船が着ける様に…】

(前略)「エニシング・ゴーズ」は1934年に作られたのだが、この作品を分析していくと只のコメディでは終わらない気がする。
この物語の舞台になる豪華客船はアメリカ合衆国であり、裕福な乗船客は当時のアメリカ国民そのものである。自由奔放で快楽主義的興奮を求めて止まない人々がギャングさえもヒーローにしてしまう1幕ラストは、英雄やヒーロー達を好みギャング映画が大ヒットしたこの時代の縮図の様な気もする。(中略)
とにかくアメリカの歴史を知っているなら数倍楽しめる芝居なのだが、それでも、どんな運命をたどってもいつも笑いを忘れない底抜けの明るさと大らかさと、強さを持つ「アメリカ」が感じられるだけでもこの作品が秀作であるという証拠である。
そして今、日本のある稽古場では、エニシング・ゴーズ号という船で大地さんを中心とするキャストは愉快に楽しく航海中。
私達スタッフは無事船が港に着ける様に、必死の思いで船の舵にしがみついている有様だ。

謝珠栄 演出・振付
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-23 11:45 | ▼プログラム▼
★エニシング・ゴーズ

@中日劇場

東宝 製作

1991年 8月 3日〜29日

四演

【掲載内容】

究極のリヴァイヴァル『エニシング・ゴーズ』 / 青井陽治
                    (三演プログラムから再録)

ハードルを乗りこえて / 宮本亜門
            (三演プログラムから再録)

時間よ、とまれ、ナンセンスは美しい
   日本初演の『エニシング・ゴーズ』を観て / 扇田昭彦
         (「ミュージカル」第56号所載の稿より抜粋の上転載)

大地真央「エニシング・ゴーズ」大ヒットへの道 / 小藤田千栄子
                    (三演プログラムから再録)

植木等への大きな期待 / 石崎勝久
            (三演プログラムから再録)

エレガントで美しいコール・ポーターの音楽
   陽気で楽しい快作「エニシング・ゴーズ」 / 岡部迪
                    (三演プログラムから再録)

『エニシング・ゴーズ』クルーズのゴージャスな乗客たち / 萩尾瞳
                    (三演プログラムから再録)

ごあいさつ / 黒柳一男


【ごあいさつ】

真夏の太陽が燦々と輝く八月の中日劇場は、開場二十五周年記念公演のなかでも最もその公演が期待されてきた東宝ミュージカル“エニシング・ゴーズ”(訳・訳詞=青井陽治、演出・振付=宮本亜門)の上演です。(中略)
いま最も脚光を浴びている宮本亜門さんの斬新な演出、振付による楽しさあふれる“エニシング・ゴーズ”の華麗な舞台で暑い夏のひとときを心ゆくまでお楽しみ下さい。
本日のご来場、誠にありがとうございました。

中日新聞社文化芸能局長
黒柳一男
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-22 05:01 | ▼プログラム▼