日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー

<   2007年 10月 ( 206 )   > この月の画像一覧

★ミュージカル入門

浅井英雄 著

荒地出版 刊

1983年 2月15日 発行

206p

\1500


【目次】

1 ミュージカルの華麗なる変遷

2 ミュージカルの名作を残したソングライターたち

3 ブロードウェイのビッグスター

4 不滅のヒット・ミュージカル

5 ミュージカルの舞台から生まれたスタンダード・ナンバー

6 戦後ミュージカル映画の傑作

7 日本のミュージカル

8 ミュージカルの名盤

9 ミュージカル名鑑


【あとがき】

最近、ちょっとしたミュージカル・ブームになっている。一九六七年秋に初演された「屋根の上のヴァイオリン弾き」が、七五年二月の再演以来、全国各地で続演され、八二年十月に終演となった。ミュージカル・ファン以外の広い層にアッピールしたのがよかった。八年間の空白はあったが、七年間のロングラン記録はたいしたものである。その「屋根の上のヴァイオリン弾き」の大ヒットが、ミュージカル・ブームを再燃させたとも言える。また、このところ小劇場での公演も盛んで、一般にミュージカルの楽しさが再認識されているようだ。日本でミュージカル熱が一気に高まったのは、六十一年十二月に公開された映画「ウエスト・サイド物語」の大ヒットによるものだった。さらに六十三年の翻案ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の評判も見逃せない。以来、翻案ミュージカルの花盛りといった様子を呈した。いっぽう、ブロードウェイ・ミュージカルの映画化作品にも人気が集まり、ファンも一層増えた。だが、最近では映画から舞台のミュージカルへ人気も移ってきたように思える。舞台の方がどれだけ面白いかということがわかってきたからだろう。しかし、ここいらで日本のミュージカルというものについて一考する必要があるのではないか。森繁久弥が力演した「屋根の上のヴァイオリン弾き」は、百万人もの観客を動員し、たしかに大成功に終わった。だが、それは翻案もののミュージカルであって、創作ものではない。では、何故、創作ミュージカルに何年も続演される大ヒット作が生まれてこないのだろう。人材不足なのか、それとも翻案ものの方が興行的によいのか。「屋根の上のヴァイオリン弾き」の大ヒットをひとつの区切りに、ミュージカルへの関心が高まっているこの際、日本のミュージカルについて改めて考えてみたいものだ。この「ミュージカル入門」でも、日本のミュージカルについて、もう少しスペースを割いてもよかったかなと思うが、“入門”という観点から、ひとまずブロードウェイの流れをさらいながら、スターやソング・ライター、そしてヒット・ミュージカルや主題歌などについて多く触れることとした。ミュージカルに興味を持たれた方のための手引書として少しでもお役に立てば幸甚である。日本のミュージカルについては、また別の機会に改めてまとめてみたいと思っている。
なお、出版に際して、荒地出版社の伊藤尚志氏、そして編集と校正の一切を受け持たれた伊藤玉枝さんに大変お世話になった。お礼申し上げる。
最後に、私事で大変恐縮だが、今はもうこの世にいない、やさしかった父にこの本を捧げる。


浅井英雄
[PR]
by zatoumushi | 2007-10-04 06:22 | ■和書■
★ミュージカル

南川貞治 著

朝日出版社 刊

1973年 3月15日 発行

164p

\650


【目次】

ミュージカルの幕あき

十八、十九世紀の音楽劇

ミュージカル・メッセージの提起

ビクター・ハーバートの登場と、華やかなオペレッタ時代

ジェローム・カーンの台頭

アーヴィング・バーリンのヒューマニズム

ジョージ・ガーシュインの活躍

コール・ポーターと、リチャード・ロジャースの台頭

戦時下のミュージカル

戦後のミュージカル

ゴールデン・エージ、一九五十年代のミュージカル

六十年代のミュージカルの流れ

七十年代ミュージカルの展望

ミュージカル名作への招待

写真によるミュージカルの歴史

ミュージカル年譜

ミュージカル・レコード目録


【はじめに】

ミュージカルは、一つのプロット(筋)を中心に、音楽と舞踊、そして装置、照明を含む舞台効果など、すべてが一体となる総合舞台芸術である。そして、ショウ形式の舞台と、ドラマチックな要素の濃い音楽劇の双方を含む。ミュージカルという言葉は、ミュージカル・シアター、またはミュージカル・プロダクションのもとにつくられたミュージカル・コメディ、あるいは、ミュージカル・プレイを指す。ご承知のごとく、この語は形容詞であるが、今日では下を略して名詞として用いられ、ミュージカルという語に統一されている。現代のミュージカルに達するまで、古くはイギリス製のバラード・オペラ、コミック・オペラ、ウィーンのオペレッタ、フランスのオペラブッフォ等の音楽劇にファルス・コメディ(笑劇)のエッセンスをとり入れ、加えてパントマイム・ミンストレルから派生したボードヴィル(音楽やダンス入りの軽演芸)、バーレスク(元来は時事諷刺が主眼だが、一時期セクシーなショウに変わる)エクストラバガンザ(狂想的音楽劇)、レヴュー(時事色の濃い諷刺ショウ)等の形態に、近来は、とくにシリアス・ドラマ(いわゆる新劇)に近づき、ドラマトゥルギーに重点をおいた作品が多くなっている。例えば『南太平洋』『ウエスト・サイド物語』『サウンド・オブ・ミュージック』そして近作の『屋根の上のヴァイオリン弾き』『キャバレエ』『ヘア』、そしてラブロックの『ミサ』など、いずれも人間性、社会性、時代性を鋭く反映し、メッセージという呼称をもつミュージカル独特の命題を掲げている。ステージから客席へのアッピール、つまりメッセージの提起こそ、現代のミュージカルの最も重要な要素となるものだ。


南川貞治
[PR]
by zatoumushi | 2007-10-03 18:37 | ■和書■
★ミュージカル入門

野口久光*7 編
藤井肇*1 双葉十三郎*2 黒木達也*3 寺山修司*4 井原高忠*5 柳生純麿*6

荒地出版 刊

1963年 2月10日 発行

254p

\400


【目次】

1 ミュージカルとは何か *1

2 ミュージカルの歴史 *2

3 戦後ミュージカル映画ベスト10 *7

4 ミュージカルの作家たち *3

5 アラカルト
   日本のミュージカル *4
   TVの「ミュージカル」について *5
   ミュージカルの名盤ベスト30 *6

6 資料
   ブロードウェイ・ミュージカルのスターたち *6
   ミュージカル映画のスターたち *3
   ブロードウェイ・ミュージカル一覧 *6
   戦後ミュージカル映画一覧 *6


【あとがき】

近頃「ミュージカル」という言葉が、ひんぱんに聞かれるようになった。なかには「今年はミュージカル・ブームの年だ」という人さえあって、
ミュージカルへの関心は、ますます高まっている。
映画では、例の「ウエスト・サイド物語」が空前のヒットとなり、一般の関心を呼ぶ一方、菊田一夫氏を中心とする東宝ミュージカル、コマ・ミュージカルのほか、労音ミュージカル、TVミュージカルなど、舞台の方も積極的に開拓が進められているようだ。
このような折りに、ぜひミュージカルの入門書のようなものがあればと、その必要を感じていたが、幸いにも荒地出版のすすめがあって、このような入門書にふさわしいものを編集してみたわけである。
いうまでもなく、ミュージカルはブロードウェイのステージからはじまり、次第に映画・テレビとひろがって行った。したがって、本書は、あくまでも、アメリカのブロードウェイ・ミュージカルが中心になっている。
なにしろ、このような試みははじめてのことなので、資料も十分でなく、いろいろ苦心したが、それなりに、入門書としての役割は十分に果たし得ると思う。ミュージカルを愛好する読者諸子の、ほんの手引きにでもなれば、編者としても喜びにたえない。

最後に、寄稿を快諾してくださった諸先生と、このような出版の機会を与えてくださった荒地出版社に、深甚の謝意を表したい。


昭和三八年一月十五日 編者
[PR]
by zatoumushi | 2007-10-03 15:14 | ■和書■
★ミュージカル

内村直也 著

音楽之友社 刊

1958年10月30日 発行

249p

\350



【目次】

1 ミュージカルとは

2 ミュージカルのジャンル
   ミュージカル・プレイ
   ミュージカル・ファンタジー
   ミュージカル・諷刺劇(サタイヤ)

3 素材と扱い方
   素材
   扱い方

4 技巧
   飛躍の技巧
   音楽の技巧
   演技の技巧

5 ミュージカルの歴史
   興行師時代
   作曲家時代
   現代のミュージカル
   日本のミュージカルの歴史

6 日本のミュージカル

  作品解説


【あとがき】

一九五七年三月から、一九五八年三月まで、雑誌「音楽之友」に連載した「ミュージカルへの招待」に、他の資料を加え、一本にまとめました。
今日のミュージカルは、発展の途上にあります。古典として、後世に残るような作品がでてくるか否かは、非常に興味のある問題です。
日本のミュージカルも、これからというところです。日本では日本の伝統を生かした新しいミュージカルが生まれることを心から期待しています。この本が、いささかなりとも、日本のミュージカル誕生に役立てば、と思います。

この出版にあたり、音楽之友社の中曽根松衛氏、並びに、川端茂君にお世話になりました。厚く御礼申し上げます。


一九五八年十月 内村直也
[PR]
by zatoumushi | 2007-10-02 18:14 | ■和書■

夏から冬へ。。。



って秋はどこじゃい!(ぷんすか)




というわけで(ってどういうわけで?)始まりましたよこのブログ♪

まぁ、やむにやまれず(涙)諸般の事情により、本日よりオープンランの

スタートです!(パチパチパチ)






そう、






すべては、日本のミュージカルのために。。。










zatoumushi 02/10/07
[PR]
by zatoumushi | 2007-10-02 17:17 | 「はじめに」

お問い合わせ


ようこそ『緑部屋』へ♪



とっちらかっておりますので、

お足下にはくれぐれもご注意を!(笑)



本ブログに関するお問い合わせ、その他モロモロは

daddy-long-legsあっとdocomo.ne.jp

までどうぞ♪



ではでは。。。


zatoumushi
[PR]
by zatoumushi | 2007-10-02 17:17 | お問い合わせ