日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー

<   2009年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

★ボーイ・フロム・オズ

@青山劇場 他

フジテレビジョン 製作

2008年10月 5日〜14日(青山劇場)
     23日〜26日(シアターBRAVA!)

三演


【掲載内容】

MESSAGE / フィリップ・マッキンリー 演出
       ジョーイ・マクニーリー 振付
       杉本直栄 株式会社ジャックス取締役社長

Introduction
  期待いっぱい、楽しみな3演目『ボーイ・フロム・オズ』/ 萩尾瞳

ショービズ界の醍醐味を継承したエンターテイナー ピーター・アレン
                           / 中田利樹


【MESSAGE】

私は演出家として、演劇的な成功の基準となる“ものさし”はふたつあると思っています。
ひとつは、公表される批評。そして、より重要なのが、その公演に対する観客の支持と圧倒的な喜びの気持ちです。『ボーイ・フロム・オズ』が批評的にも観客の反応という形でも成功を収め、3度目の日本公演が実現することは、非常に嬉しいことです。自分の音楽と人生の物語がこんなにも歓迎され、世界的に有名になったと知ったら、ピーター・アレンもどんなに喜んだことでしょう。
ピーターの物語を舞台化することは、私の夢のひとつでした。『ボーイ・フロム・オズ』をずっと愛し続けることで、私の夢に報いてくださった観客の皆様には、深く感謝しています。
どうぞピーターの旅の魔法をお楽しみください。

フィリップ・マッキンリー 演出
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-26 00:00 | ▼プログラム▼
★ボーイ・フロム・オズ

@青山劇場 他

フジテレビジョン 製作

2006年10月28日〜11月 6日(青山劇場)
   11月23日〜11月26日(大阪厚生年金会館 芸術ホール)

再演


【掲載内容】

Message / 杉本直栄 株式会社ジャックス取締役社長

Interview / 坂本昌行×紫吹淳

伝説の三人のエンターテイナーピーター、ジュディ、ライザ / 中田利樹
   幾多の名曲を生んだ究極の
      ソングライティング・パフォーマー ピーター・アレン
   人の心を引きつけてやまない
      希代の大スター ジュディ・ガーランド
   抜群の勘と磁力を持つ
      ショウビズの申し子 ライザ・ミネリ

嬉しい驚き、日本初演版『ボーイ・フロム・オズ』 / 萩尾瞳


【Message】

この度は、昨年に引き続きブロードウェイミュージカル『ボーイ・フロム・オズ』に特別協賛できることを大変光栄に思います。(中略)
『ボーイ・フロム・オズ』の主人公ピーター・アレンは、全米ショウビズ界で様々な困難に遭遇しつつも、暖かい人々との出会いをきっかけに成功への階段を上っていくことができました。弊社も皆様の信頼をつなぐ企業として、新たな成長を遂げるために、社員一同、一層努力して参ります。
今後とも私どもジャックスをご愛好いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

杉本直栄 株式会社ジャックス取締役社長
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-25 00:00 | ▼プログラム▼
★ボーイ・フロム・オズ

@青山劇場

フジテレビジョン 制作

2005年 6月10日〜27日

初演


【掲載内容】

MESSAGE / 木島光彦 株式会社ジャックス取締役社長兼CEO
       フィリップ・マッキンリー 演出
       ジョーイ・マクニーリ 振付

ピーター・アレンの音楽 バカラックをも唸らせた、究極の王道サウンド
                           / 中田利樹

ピーター・アレンと2人の「伝説」 / 中島薫

ブロードウェイ版『ボーイ・フロム・オズ』
    オーストラリアが生んだ2人のエンターテイナー / 佐藤友紀


【MESSAGE】

『ボーイ・フロム・オズ』は、多くの普通ではありえない挑戦に挑んでいる一風変わったブロードウェイ・ミュージカルです。
物語はオーストラリアのシンガーソングライター、ピーター・アレンの人生で起きた本当のできごとが元になっています。数々の大成功と深い悲しみに満ちた、ピーターの“真実”の人生……これこそ、私たちが皆さまにお届けしたい物語なのです。(中略)
ミュージカルの主人公はたいていが女性です。『ボーイ・フロム・オズ』は、ダイナミックな才能を持った男性スターにスポットをあてた珍しいミュージカル作品です。今回私たちは、1人の男性役者が表現する感情の奥深さを目のあたりにし、いつにない経験をすることができました。
私たちのスター、坂本昌行さんの多彩な才能には本当に驚くばかりです。坂本さんはピーターの才能だけではなく、彼の内なる魂をも体現しています。
“ジェットコースター”をどうぞお楽しみください。

フィリップ・マッキンリー 演出
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-24 00:00 | ▼プログラム▼
★バット・ボーイ ザ・ミュージカル

@東京厚生年金会館 他

オン・タイム/アトリエ・ダンカン 製作

2006年 1月13日   (かつしかシンフォニーヒルズ)
    1月15日   (サンシティ越谷市民ホール)
    1月17日〜19日(東京厚生年金会館)
    1月21日   (愛知県勤労会館)
    1月23日   (静岡県民会館)
    1月24日   (オーバード・ホール)
    1月25日   (フェニックス・プラザ)
    1月27日〜29日(シアターBRAVA!)
    1月31日   (仙台市民会館)

再演


【掲載内容】

私が飼育係の吉川です / 吉川徹


【私が飼育係の吉川です】

ハイ、というわけで、『BAT BOY』再演でございます。
なんといっても役者が揃っている。(中略)
誰一人として目が離せません。フツーの人がいません、ここだけの話、まるで動物園です。
こんなメンバーでお送りする『BAT BOY』は、もちろん、フツーのミュージカルではありません。どうぞ皆さま、覚悟してご鑑賞くださいますよう、お願い申し上げます、ハイ。

吉川徹
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-23 00:00 | ▼プログラム▼

◆130“Cabaret”◆

★CABRET(1966)
 キャバレー

ジョー・マスタロフ 作

The Illustrated Book and Lyrics

Newmarket Press 刊

1999年 発行

128p

翻訳上演あり
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-22 00:00 | ◆原語台本◆
★YOU'RE GOOD MAN,CHARLIE BROWN(1967)
 君はいい人チャーリー・ブラウン

ジョン・ゴードン(クラーク・ゲスナー) 作

A Fawcett Crest Book 刊

1970年 発行

128p

翻訳上演あり
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-21 00:00 | ◆原語台本◆

◆128“CABARET”◆

★CABRET(1966)
 キャバレー

ジョー・マスタロフ 作

Random House 刊

1967年 発行

115p

翻訳上演あり
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-20 00:00 | ◆原語台本◆

◆127“ALLEGRO”◆

★ALLEGRO(1947)
 アレグロ

オスカー・ハマースタイン 2世 作

Alfred A. Knopf 刊

1948年 発行

157p

翻訳上演あり
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-19 00:00 | ◆原語台本◆
★YOU'RE A GOOD MAN,CHARLIE BROWN(1967)
 君はいい人チャーリー・ブラウン

ジョン・ゴードン(クラーク・ゲスナー) 作

Random House 刊

1967年 発行

88p

翻訳上演あり
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-18 00:00 | ◆原語台本◆

◆125“GOLDILOCKS”◆

★GOLDILOCKS(1958)
 ゴールディロックス

ウォルター&ジーン・カー 作

Doubleday 刊

1958年 発行

120p

翻訳上演なし
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-17 00:00 | ◆原語台本◆