日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★シーソー

@ハーモニーホール座間 他

TSミュージカルファンデーション/ワンズアート研究所 制作

1998年 8月30日   (ハーモニーホール座間)
    9月 2日   (岡谷市文化会館 カノラホール)
      3日   (長野市民会館)
      4日  5日(上田市民会館)
      7日   (飯田文化会館)
      8日   (駒ヶ根市文化会館)
      9日 10日(松本市市民会館)
     11日   (長野県伊那文化会館)
     12日   (大町市文化会館)
     16日   (會津風雅堂)
     17日   (喜多方プラザ文化センター)
     18日〜20日(いわき市平市民会館)
     21日   (いわき市常盤市民会館)
     22日   (郡山市民文化センター・大ホール)
     24日   (須賀市文化センター・大ホール)
     26日   (天童市市民文化会館)
     28日   (酒田市民会館)
     29日   (静岡市文化会館)
   10月 2日〜 4日(福島市公会堂)
      6日〜10日(仙台市民会館)
     12日   (イズミティ21/仙台市泉文化創造センター)
     13日 14日(山形市民会館)
     15日 16日(秋田市文化会館)
     20日   (盛岡市民文化ホール)
     21日   (青森市文化会館)
     22日   (弘前市民会館)
     23日   (十和田市民文化センター)
     24日   (八戸市公会堂)
     26日〜29日(アクトシティ浜松・大ホール)
   11月 4日〜 5日(鎌倉芸術館)

四演


【掲載内容】

演出・振付 / 謝珠栄

DISCUSSION / 謝珠栄 大浦みずき 加門良 平沢智 田中利花

【演出・振付】

ブロードウェイミュージカルを少しでも多くの人々に見て欲しいと願って企画した『シーソー』が前回の東京公演の折、演劇鑑賞会の方々にご覧いただくく機会を得て、今回各地方で公演出来ることとなりました。
私たちの作るオリジナルミュージカルも含めて、これを機にもっともっと多くの方々とのふれあいを広げ、ミュージカルの楽しさや素晴らしさを伝えることが出来れば、それがこれからの私の舞台を作るエネルギーになることと思います。
私たちの作る作品を信頼して公演して下さる皆さん、そして今回こういった機会を与えていただいた事、全てに感謝したいと思います。(後略)

謝珠栄
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-11 00:00 | ▼プログラム▼
★シー・ラブズ・ミー

@青山劇場

東宝 製作

1998年11月 2日〜29日

四演


【掲載内容】

再演にあたって / 釜紹人
         (再・三演プログラムから加筆再録)

手づくり万歳! / 酒井洋子

SCENE DESIGN / 堀尾幸男
        (初演プログラムから加筆再録)

NOTES ON THE PLAY / 萩尾瞳
           (再・三演プログラムから加筆再録)

座談会 シー・ラヴズ・ミー / 市村正親 涼風真世 島田歌穂 藤木孝
               堀米聡 斎藤晴彦 犬塚弘 村井国夫
               古川清 釜紹人 小藤田千栄子


【手づくり万歳!】

かれこれ10本ミュージカルを訳してきたが、なかでもこの「シー・ラヴズ・ミィ」は、私にとってベスト3に入る大好きな作品だ。(中略)
もちろん、それなりの理由はある。音楽がいい。とりどりの人間模様が鮮やかだ。でも、最大の蔭の功労者は「手紙」だ。(中略)
「シー・ラヴズ・ミィ!」彼女はぼくが好きなんだ!愛の正体を知ってジョージが目のくらむような幸福感を歌うとき、私も幸せに酔いながら思います。そう、ミュージカルはこうでなきゃ!手紙は手書きじゃなきゃ。手づくり万歳。というわけで、私は今日もせっせと絵手紙を書いているのです。

酒井洋子 翻訳
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-23 22:05 | ▼プログラム▼
★シー・ラブズ・ミー

@劇場飛天

東宝 製作

1997年 8月 2日〜28日

三演


【掲載内容】

ごあいさつ / 坂治彦  株式会社コマ・スタジアム取締役社長
        杉本芳彦 株式会社ツーカーホン関西代表取締役社長

NOTES ON THE PLAY / 萩尾瞳
           (再演プログラムから再録)

再演にあたって / 釜紹人
         (再演プログラムから再録)

愛にもいろいろあるけれど / 酒井洋子
              (再演プログラムから再録)

A fine collection of past Musicals
   梅田コマ劇場 劇場「飛天」 ミュージカル名作選 / 小藤田千栄子


【ごあいさつ】

本日はご来場下さいまして、誠にありがとうございます。
楽しく華やかなブロードウェイ・ミュージカル『シー・ラヴズ・ミー』の開幕でございます。(中略)
この作品は、ミクロス・ラズロの戯曲『香水店』に基づいていますが、ミュージカル化にあたりジェリー・ボックとシェルドン・ハーニックは、まずジョー・マスタロフに完全なストレート・プレイの台本を依頼し、その後、重要部分を歌に変えていったそうです。これにより物語と音楽がより緻密になり、ミュージカルにとって理想的といえる構成になっています。(中略)
本日のご観劇の心地よい興奮を皆様方のご支援により、一人でも多くの方々に味わっていただき、この魅力と活力溢れる舞台が、関西文化の新しい担い手の一つとなりますように、ご鳳声賜りたくお願い申し上げます。
本日のご来場、重ねて厚く御礼申し上げます。

株式会社コマ・スタジアム取締役社長
坂治彦
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-23 21:50 | ▼プログラム▼
★スヌーピー!!! ザ ミュージカル

@博品館劇場

博品館劇場 スカイスケープ 広和エンターテイメント 製作

2001年10月24日〜11月 4日

三演


【掲載内容】

BIBLIOGRAPHY OF AUTHOR (再演プログラムから再録)

DIRECTOR Yoji Aoi / 青井陽治

1950年代『ピーナッツ』誕生。その時代背景と普遍のテーマ。

なぜ新聞連載漫画だったのか? なぜ50年以上も愛されているのか?


【DIRECTOR Yoji Aoi】

(前略)『ピーナッツ』のオフィシャル・ミュージカル第一弾、『きみはいい人 チャーリー・ブラウン』の世界初演は、1967年。それから10年遅れて、最初の日本版が上演され、更に23年後の2000年秋、ここ博品館劇場で、望みうる最高のキャストを得て、新演出版が上演された。その好評を受けて、1年後の今、第二弾『スヌーピー!!! ザ ミュージカル』登場。こちらの初演は76年。僕が、ロンドン版を見たのが83年。
何だか、「念願かなって」とか、まかりまちがうと「執念の」なんて形容がつきそうな時間がかかっているのだが、上記のようなわけで大したことではない。同じおもちゃを、25年とか30年とか、手放さなかっただけのこと。そうして、幸せな稽古場にいる時、はじめにそのおもちゃをみつけた頃の自分に戻っている自分を感じたりして、ちょっとびっくり! でも、人の人生の重みは、それなりに想像できる年になってきたのも事実だ。(後略)

青井陽治 翻訳・訳詞・演出
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-14 21:44 | ▼プログラム▼
★スヌーピー!!! ザ ミュージカル

@横浜21世紀座

横浜21世紀座 製作

2001年 4月28日〜 5月 6日

再演


【掲載内容】

BIBLIOGRAPHY OF AUTHOR

スヌーピーとたくさんの個性的な仲間たち

「ピーナッツ」の歴史

季節ごとに、日常的に繰り返される定番エピソード

GREETING / 室賀實


【GREETING】

本日は『スヌーピー!!! ザ ミュージカル』にご来場賜りまして誠にありがとうございます。
私ども横浜21世紀座は、地元の方々や神奈川県のご協力により、優れた舞台芸術をこの地・横浜でみなさまにお楽しみいただきたく昨年12月に設立されました。
劇場にはそれぞれ持ち味があると言われておりますが、この21世紀座にとって今回のようなミュージカルの形式の劇は、ドームシアターとしての持ち味を存分に活かせるものではないだろうかと、ひそかな自負と期待とをしているところでございます。
今回、青井陽治先生の訳・演出による『スヌーピー!!! ザ ミュージカル』を上演する運びとなりましたが、幸いなことに、優れたスタッフ、キャストの方々にも恵まれました。関係各位のみなさまに心より御礼申し上げます。
このミュージカルは、ゴールデンウィークにご家族でお楽しみいただくのに最もふさわしい、ほのぼのとした内容であり、また自然環境の大切さを訴えたこの作品は、みなさまに十分にご満足いただけるものと確信いたしております。

株式会社横浜21世紀座
代表取締役社長
室賀實
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-14 21:40 | ▼プログラム▼
★シカゴ

@赤坂ACTシアター 他

TBS キョードー東京 製作

2008年10月 8日〜11月 2日(赤坂ACTシアター)
   11月 4日〜11月 6日(梅田芸術劇場メインホール)
   11月12日〜11月16日(青山劇場)

六演


【掲載内容】



しばらくお待ち下さい <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-14 05:02 | ▼プログラム▼
★シカゴ

@帝国劇場

東宝 製作

1986年10月 3日〜29日

五演


【掲載内容】

「シカゴ」日本公演へのメッセージ / ボブ・フォッシー
                 (再・三・四演プログラムから再録)

「シカゴ」の製作に当たられた方々へ
               / ジョン・カンダー フレッド・エブ
                (再・三・四演プログラムから再録)

素晴らしい経験 “シカゴ”の日本公演 / トニー・スティーブンス

ボブ・フォッシーの意欲的な作品 / 芝邦夫

シカゴ 一九二○年代アメリカのシンボル / 猿谷要

戯画化されたローリング・トゥエンティ / 山本健一

「シカゴ」の五人 / 木村隆

カンパニーの人々に注目!! / 橋本与志夫


【「シカゴ」の製作に当たられた方々へ】

私たちは、あなた方が「シカゴ」を日本で公演する決定をなさったことを非常にうれしく、そして誇りに思います。
この作品は、私ども作者に創作の大きな喜びを与えてくれたものであり、皆さんが作品をご覧になりながら、私どもの喜びを共に味わって下さることを期待します。

ジョン・カンダー
フレッド・エッブ
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-14 04:20 | ▼プログラム▼
★シカゴ

@中日劇場

東宝 製作

1986年 8月 2日〜26日

四演


【掲載内容】

「シカゴ」日本公演へのメッセージ / ボブ・フォッシー
                  (再・三演プログラムから再録)

「シカゴ」の製作に当たられた方々へ
               / ジョン・カンダー フレッド・エブ
                (再・三演プログラムから再録)

ブロードウェイの魅力を / トニー・スティーブンス
             (再・三演プログラムから再録)

一九二○年代のアメリカ / 本間長世
             (再・三演プログラムから再録)

ミュージカル『シカゴ』について / 野口久光
                 (再演プログラムから再録)

よみがえるかブロードウェイ 芝居の街の底力 / 青井陽治

「シカゴ」の五人 / 宇佐見宣一

ごあいさつ / 黒柳一男


【ごあいさつ】

暑さのきびしい八月、中日劇場では開場二十周年記念公演として、鳳蘭さんと麻実れいさんの競演による東宝ミュージカル「シカゴ」を上演します。
このブロードウェイ・ミュージカル「シカゴ」は、一九七五年に“四十六丁目劇場”で初演され、八九八回のロングランを記録した傑作です。(中略)
今回の“シカゴ”はわが国でもファンが多くブロードウェイでも最も人気のあるボブ・フォッシーの演出振付をもとに、できる限り原作に近いかたちで作りあげられた作品です。
そして昨年の東京、今春の大阪でも大評判となり、今秋ふたたび東京でアンコール上演されます。(中略)
夏の一日の思い出に、涼しい中日劇場でこの名作「シカゴ」をお楽しみ下さい。
本日のご来場ありがとうございました。

昭和六十一年八月
中日新聞社文化芸能局長
黒柳一男
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-14 03:59 | ▼プログラム▼
★シカゴ

@梅田コマ劇場

東宝 製作

1986年 4月 1日〜25日

三演


【掲載内容】

「シカゴ」日本公演へのメッセージ / ボブ・フォッシー
                  (再演プログラムから再録)

「シカゴ」の製作に当たられた方々へ
               / ジョン・カンダー フレッド・エブ
                (再演プログラムから再録)

ブロードウェイの魅力を / トニー・スティーブンス
             (再演プログラムから再録)

ごあいさつ / 伊藤邦輔

一九二○年代のアメリカ / 本間長世
             (再演プログラムから再録)

「ボブ・フォッシーと映画」 / 河野基比古

関西ミュージカル事情 / 大川達雄

鳳蘭さんと麻実れいさん / 田辺聖子

ようこそ『シカゴ』へ 感激おくる舞台の三人 / 廓正子

見た 笑った 怖かった 最新ブロードウェイ ミュージカル情報
                          / 小林慎太郎

ごあいさつ / 岡田圭二


【ごあいさつ】

皆様の四月です。皆様の周囲には美しい色とりどりの花がいっぱい咲きそろっております。
その春の恵みをそのまま、当劇場の舞台にもまた、素晴らしい名花が二つ咲き競っております。皆様ご待望の鳳蘭さんと麻実れいさんの競演によります東宝ミュージカル『シカゴ』の上演でございます。
お二人とも宝塚歌劇のスター中のスターとして豊かに育てられ、そして今は日本のミュージカル界を代表する大女優と言ってもいいでしょう。
このお二人が思い切り競いあう歌と踊りとお芝居は、想像するだけでも楽しいものでございます。
ミュージカル『シカゴ』は一九七五年、いつも夏枯れといわれていたブロードウェイで一気にその様相を一変したという、大爆発の人気ミュージカルでございます。(中略)
このような大ミュージカルを提供していただいた東宝株式会社に心から御礼申し上げます。(中略)
本日のご来場を厚く御礼申し上げます。

株式会社コマ・スタジアム
取締役社長
伊藤邦輔
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-14 03:31 | ▼プログラム▼
★スライス・オブ・サタデーナイト

@シアターアプル 他

アトリエダンカン 製作

1992年10月21日〜24日(シアターアプル)
   10月27日〜28日(横浜関内ホール)
   11月 2日〜 4日(シアター・ドラマシティ)
   11月 6日   (守山市民ホール)
   11月 7日   (名古屋市民会館中ホール)
   11月 9日   (静岡市民文化会館)
   11月17日   (鹿児島県文化センター)
   11月18日   (メルパルクホール福岡)
   11月20日   (千葉市民会館)
   11月23日   (伊勢崎市文化会館)
   11月26日   (花巻市文化会館)
   11月27日   (宮城県民会館)
   11月29日〜30日(野々市町文化会館)

再演


【掲載内容】

ネミック・ラムダ(株)代表取締役会長 / 斑目力ひろ

アトリエダンカン代表取締役 / 池田道彦

去年の舞台に生きるもの / 大林宣彦


【アトリエダンカン代表取締役】

本日は、「スライス・オブ・サタデーナイト」に御来場頂きましてありがとうございます。
3年前にロンドンで出会ったこの作品を、昨年の初演に引き続き上演する運びとなりました。(中略)
ヘザー兄弟は、今年の6月に次の作品「ラスト」を発表し現在ロングラン中の上、9月から「スライス・オブ・サタデーナイト」の再演も始まり、ロンドンで2作品が同時に上演されるという快挙を成し遂げています。
また「スライス・オブ・サタデーナイト」は期せずして日英同時上演となり、我々日本サイドのキャスト・スタッフにとっては、再演に向かっての嬉しい知らせとなりました。
再演にあたって、演出の大林宣彦監督より、自分の演出は昨年で卒業式を終えたので、今年は演出補の坂本聖子さんに委ねたいとのことで、両名の共同演出となりました。
青春時代の普遍的な出来事を、60年代のヒット曲をベースにした音楽にノッて、土曜日の夜“CLUB A GO-GO”の一員になってお楽しみ下さい。

池田道彦
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-07 19:01 | ▼プログラム▼