日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
★チャーリーはどこだ?

@東京芸術劇場中ホール

タチ・ワールド 製作

2003年 2月26日〜 3月 2日

再演


【掲載内容】

ごあいさつ / 小田島雄志 東京芸術劇場館長
        上川花菜江 タチ・ワールド プロデューサー

幕の開く前に / 勝田安彦

現代を生き抜くためのしなやかさを内包した
        軽やかで無邪気な時代物ミュージカル / 松島まり乃

岡幸二郎×勝田安彦 / 松島まり乃 取材・文


【ごあいさつ】

本日はお忙しい中、「東京芸術劇場ミュージカル月間公演」にご来場いただき、誠にありがとうございます。(中略)
「東京芸術劇場ミュージカル月間」は、ミュージカルを都民の皆様方に気軽に鑑賞していただく機会として、平成11年2月から企画し、おかげさまで今回記念すべき第5回を迎えることとなりました。この間、多くの方にご来場いただき、東京芸術劇場のメインの事業として定着してまいりました。(中略)
今回の公演は、全国の劇団より多数の応募があった中から特に選定させていただいた作品であり、多くの方々にお楽しみいただけるものと考えております。
ご来場の皆様が素晴らしいひとときをお過ごしいただければ幸いです。どうぞ、ごゆっくりとご観劇ください。

東京芸術劇場館長
小田島雄志
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-07 20:02 | ▼プログラム▼
★ディーン ジェームス・ディーンの生涯より

@日本青年館大ホール

宝塚歌劇団 制作

1998年 8月25日〜 9月 2日

六演


【掲載内容】

ごあいさつ / 植田紳爾
       (五演プログラムから加筆再録)

「ディーン」 / 岡田敬二
        (五演プログラムから加筆再録)

James Dean's Story(初・三・四・五演プログラムから再録)

ディーンの主演映画解説「エデンの東」「理由なき反抗」「ジャイアンツ」
           (初・三・四・五演プログラムから再録)


【「ディーン」】

御存じの様に、大地真央、安寿ミラ、そして今回の絵麻織ゆうで「ディーン」も三代目になります。(中略)
先般の宝塚バウホールの公演では大地や安寿とは、又一味違う、ジェームス・ディーン像を作り上げる事に成功したと思います。(中略)
私共スタッフの基本的なスタンスは、演出プランはなるべく初演時と変わらぬ型で…という事です。共同演出に中村暁氏を迎え、永遠の青春物語として『ディーン』が東京の皆様に御支援いただける事を願っています。

岡田敬二 潤色・演出
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-05 02:29 | ▼プログラム▼
★ディーン ジェームス・ディーンの生涯より

@宝塚バウホール

宝塚歌劇団 制作

1998年 4月25日〜 5月10日

五演


【掲載内容】

ごあいさつ / 植田紳爾

「ディーン」 / 岡田敬二

James Dean's Story(初・三・四演プログラムから再録)

ディーンの主演映画解説「エデンの東」「理由なき反抗」「ジャイアンツ」
           (初・三・四演プログラムから再録)


【ごあいさつ】

本日はようこそお越しくださいました。
さて今回は、宝塚バウホール20周年記念公演の第2弾となりますバウ・ミュージカル『ディーン』をご覧いただきます。
本作品は1981年に大地真央主演で、また1991年には安寿ミラ主演により再演されました。タイトルのとおり、彗星のように出現し若くして消えていった世紀のスター、ジェームス・ディーンの青春像を描いたミュージカルで、1976年にロンドンで上演されましたものを、岡田敬二がバウホール向きに潤色、演出いたしまして、何れも大好評を博した作品でございます。。
出演は、絵麻織ゆうを中心にした星組26名、そして専科から萬あきら、一樹千尋、葵美哉が加わっての公演でございます。
それでは、ごゆっくり観劇ください。
本日はご来場いただき、誠にありがとうございます。

宝塚歌劇団理事長
植田紳爾
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-05 02:23 | ▼プログラム▼
★ディーン ジェームス・ディーンの生涯より

@日本青年館大ホール

宝塚歌劇団 制作

1992年 1月 7日〜12日

四演


【掲載内容】

ごあいさつ / 坂治彦
       (三演プログラムから再録)

「ディーン」について / 岡田敬二
            (三演プログラムから加筆再録)

ディーンズ・ストーリー(初・三演プログラムから再録)

ディーンの主演映画解説「エデンの東」「理由なき反抗」「ジャイアンツ」
           (初・三演プログラムから再録)

ティーン・エイジャーの誕生 / 小藤田千栄子


【「ディーン」について】

(前略)バウホールでの私の初めての演出は、ブロードウェイ・ミュージカルの佳作『アップルツリー』でした。そして翌年、当時は珍しかった、イギリス製のミュージカル『ディーン』を大地真央主演で上演したのが、十一年前になります。
イギリス製のミュージカル『ディーン』は、ロンドンで数回、上演されたにもかかわらず決定版がなく、その為、作曲の吉崎憲治先生と私は宝塚的にアレンジしたり、再構成するのに、ひと夏をかけた記憶があります。主題歌の「いつか…」や「ハリウッド讃歌」は吉崎先生の作曲ですし、第一幕の「悲しみ苦しみ」の大合唱場面や、終章の「レクイエム」の場面は全くのオリジナルです。(中略)
今回、ディーンを演じる事になった安寿ミラは大浦みずきのあとを継いで新生花組を担う逸材です。そのナイーブな感性といい、個性といい、大地とは又、ひと味ちがった青春を演じてくれるものと確信しています。ピア・アンジェリ役の森奈、リズ役の華、そして、ナタリー役の麻希、三人とも、期待の娘役達です。
どうぞ、新春の一日、青春ミュージカル『ディーン』をお楽しみいただければ幸せです。

岡田敬二 潤色・演出
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-04 01:10 | ▼プログラム▼
★ディーン ジェームス・ディーンの生涯より

@宝塚バウホール

宝塚歌劇団 制作

1991年 8月18日〜 9月 2日

三演


【掲載内容】

ごあいさつ / 坂治彦

州道四六号線上で / 河野基比古
          (初演プログラムから再録)

「ディーン」について / 岡田敬二

ディーンズ・ストーリー(初演プログラムから再録)

ディーンの主演映画解説「エデンの東」「理由なき反抗」「ジャイアンツ」
           (初演プログラムから再録)


【ごあいさつ】

本日はようこそお越し下さいました。
さて今回は、花組によりますミュージカル『ディーン』をご覧いただきます。
この作品は昭和56年2・3月に大地真央のジェームス・ディーンで月組が上演し、大好評を博した作品で、1950年代に三本の主演映画を残してこの世を去った、永遠のスター・ジェームス・ディーンの生涯を描いたミュージカルでございます。1976年にロンドンで上演されましたものを、岡田敬二がバウホール向きに書き直し、演出致しました。
出演は、安寿ミラを中心と致します花組27名に、専科より立ともみ、萬あきら、一原けいの応援を得て、熱気溢れる舞台を繰り広げます。
それではごゆっくり観劇のほどお願い申し上げます。
本日はご来場いただきまして有難うございました。

宝塚歌劇団理事長
坂治彦
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-03 01:09 | ▼プログラム▼





※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-23 14:39 | ◇翻訳台本◇

◇046「ディーン」◇






※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-23 13:47 | ◇翻訳台本◇





※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-09 04:20 | ◇翻訳台本◇
★チャーリー・ガール

@梅田コマ劇場

東宝 製作

2002年10月 2日〜29日

再演


【掲載内容】

一味違う!ロンドン・ミュージカルの楽しさ
                  / ハロルド・フィールディング

ご挨拶 / 白川公一

ロマンティックで、チャーミングで、キュート、そして大爆笑!!
                           / 山田和也

『チャーリー・ガール』の楽しみ方
        ロンドン・ミュージカルの笑いとユーモア / 萩尾瞳


【ご挨拶】

本日はご来場いただきまして、誠にありがとうございます。
さて、関西の多くのミュージカル・ファンが待ち望んでおられましたミュージカル『チャーリー・ガール』を、梅田コマ劇場よりおとどけいたします。
『チャーリー・ガール』は、ロンドン近郊に大邸宅を持つハドウェル家で繰り広げられる、魅力的な登場人物が織りなすストーリー展開に加え、チャーミングなミュージカル・ナンバーと華麗なダンス・シーン、そして面白さに富んだシチュエーションにあふれる、明るく楽しいミュージカル・コメディです。(中略)
イギリスの上流階級を舞台に、ロマンティックなラブ・ストーリーと心浮き立つ名曲の数々に彩られたミュージカル『チャーリー・ガール』をどうぞお楽しみください。
本日のご来場重ねて厚く御礼申し上げます。

株式会社コマ・スタジアム代表取締役社長
白川公一
[PR]
by zatoumushi | 2008-10-31 02:03 | ▼プログラム▼
★チャーリー・ガール

@帝国劇場

東宝 製作

2002年 4月 4日〜30日

初演


【掲載内容】

Greetings / 松岡功
        加藤重義
        山田和也

イギリスの magnificient houses をご紹介
               お屋敷の中をちょっと覗いてみたしょう

稽古場インタビュー / 愛華みれ 錦織一清 森公美子 太川陽介
            鈴木綜馬 初風諄 春風ひとみ 植田チコ

「チャーリー・ガール」山田和也 &「パナマ・ハッティー」吉川徹
                  演出家対談 僕らの時代パート2


【Greetings】

本日はようこそ東宝創立70周年記念公演・ミュージカル『チャーリー・ガール』にお運び頂きまして誠にありがとうございます。(中略)
『チャーリー・ガール』は、1965年ロンドンのアデルフィ劇場で初演され、5年3ヶ月の大ロングラン、上演回数2201回を記録したロンドン・ミュージカルの傑作であり、この帝劇公演が日本初演でございます。この度の上演にあたり、三井住友VISAカードの力強いご協賛を賜りました。三井住友カード株式会社の加藤重義社長はじめ関係各位の皆様に厚く御礼申し上げます。
ブロードウェイ・ミュージカルが、極めて陽気に底抜けでストレートな笑いであるのに対し、ロンドン・ミュージカルのイギリス風ユーモアと、お国がらの持ち味の違いを、お楽しみいただけたらと存じます。この作品は、ロンドン近郊の貴族の館、「ハドウェル・ホール」を舞台に繰り広げられる魅力的なミュージカル・コメディです。実に愛されるべき魅力的な登場人物、チャーミングなミュージカル・ナンバー、そして面白さあふれるシチュエーションが、皆様を素敵なエンターテイメントの世界に誘うことでしょう。(中略)
なにかと世情の暗い今日ですが、ミュージカル『チャーリー・ガール』をご覧頂き、心に青空をもってお帰りいただければ、これに優るよろこびはございません。どうぞ心ゆくまでお楽しみ下さいませ。

東宝株式会社取締役社長
松岡功
[PR]
by zatoumushi | 2008-10-31 01:15 | ▼プログラム▼