日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
★ノー・ストリングス

@博品館劇場

博品館劇場 製作

1984年 9月 6日〜30日

三演


【掲載内容】

ごあいさつ / 伊藤巌

これから出会う別れ / 渡辺浩子

期待される「ノー・ストリングス」の上演 / 野口久光

サヨナラの意味するもの / 古波蔵保好

パリのなかの遊民たち / 泰早穂子

視覚の仕掛人・アートディレクター
             伊藤佐智子の初仕事によせて / 小池一子

五線譜の絆 / 望月顕


【ごあいさつ】

本は御来場ありがとうございました。
ロス・オリンピック、夏の高校野球とあわただしい夏の祭典も無事終り、銀座の路地にも虫の音が気になる落ち着いた秋が又やって来ました。
今月は芸術の秋に、又当劇場にふさわしいミュージカル“ノー・ストリングス”を上演致します。この作品は、八月公演の「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」の奇想天外な面白いミステリーミュージカルとは又異り、この静かな秋にふさわしいリチャード・ロジャースの都会的感覚の音楽と、愛し合うだけでは、どうにもならない男と女を描いた愛の名作でございます。
演出はミュージカル「キャバレー」を手がけ成功させた渡辺浩子さん。出演者はベテランの林隆三さん、嵯川哲朗さん、河内桃子さんに人気上昇中の石田えりさん等、作品の重厚さは勿論のこと、きっと皆様をロマンの世界にはこんでくれることと信じております。
本日は御来場戴きまして、誠に有難うございました。
どうかごゆっくりとお楽しみ下さいませ。

博品館劇場社長
伊藤巌
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-25 20:17 | ▼プログラム▼





※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-23 16:29 | ◇翻訳台本◇

◇052「ナイン」◇






※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-23 14:35 | ◇翻訳台本◇





※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-08 03:07 | ◇翻訳台本◇
★ナッシュビル
 Nashville

パラマウント映画 作品

1975 製作

1976 公開

160 分

映画のみ
[PR]
by zatoumushi | 2008-10-22 02:05 | ▽パンフレット▽
★ノーエルとガーティ

@銀座セゾン劇場

銀座セゾン劇場 製作

1991年 5月13日〜26日

初演


【掲載内容】

天来のの美声を聴く / なかにし礼

次の舞台に生きる / 北川登園

演出にあたって:原典に出会う感動 / 高平哲郎

もうひとつの『ノーエルとガーティ』 / 渡辺祥子

『ノーエルとガーティ』の素材 / 喜志哲雄


【演出にあたって:原典に出会う感動】

ミュージカルの歴史をさかのぼると、造作なくイギリスに行き着き、ギルバート=サリヴァンとノーエル・カワードにたどり着く。アメリカのスタンダード・ナンバーの多くは、ミュージカルガーティ原点になっているから、本体のメロディーに行くまでヴァースという奴につき合うことになる。
今回登場する楽曲もヴァースのあるものが多いが、ノーエル・カワードがヴァースの元祖みたいな人だかり、成程と頷いてしまう。
あまり馴染みのなかったカワードの楽曲に触れて、まず驚いたのは、元祖だから当たり前とはいえ、これまで出会った数々のミュージカル・ナンバーを彷彿させる 作品ばかりだったことだ。
メロディーが似ているとしたら、当然カワードが先なわけだが、メロディーに乗せた台詞の展開も、ここから生まれたのかと思うと何やら感動に近いものを覚えたりする。(中略)
シェリダン・モーリーのこの作品は深くつき合う程その面白さが分かる。つき合う程に、ノーエルとガーティが見えて来る。そして、初めてのつき合いのノーエルとこの先も長くなりそうな予感を感じさせてくれるのだ。

高平哲郎 演出
[PR]
by zatoumushi | 2008-09-13 09:55 | ▼プログラム▼
★長くつ下のピッピ
 Pippi Longstocking
「ピッピ ロングストッキング」原作

アストリッド・リンドグレーン 著

大塚勇三 訳

岩波書店 刊

1978年11月20日 発行(第23刷)

262p

\1200

翻訳上演あり
[PR]
by zatoumushi | 2008-09-04 05:05 | △原作△

△125「二都物語」△

★二都物語(上下)
 A Tale of Two Cities 2008.9.18
「ア・テイル・オブ・トゥ・シティズ」原作

チャールズ・ディケンズ 著

中野好夫 訳

新潮社 刊

2001年 6月25日 発行(第59刷)上

2001年 7月15日 発行(第56刷)下

338p 上

357p 下

\514 上下とも

翻訳上演なし
[PR]
by zatoumushi | 2008-08-22 07:41 | △原作△
★ナイトメアー・ビフォア クリスマス

キャロライン・トンプソン 作

川島幸 小説化

竹書房 刊

2004年11月 6日 発行

141p

\590


【目次】

第一章 次のハロウィーンまで三六四日
第二章 クリスマス・タウンとの邂逅
第三章 ジャックの決意
第四章 ジャックはクリスマスの虜
第五章 サンディ・クローズを捕まえろ!
第六章 サンタクロースの受難
第七章 ジャック、クリスマスを乗っ取る
第八章 撃墜されたジャック
第九章 サンタクロースを救え!
第十章 雪が運んできた幸せ
[PR]
by zatoumushi | 2008-07-23 00:05 | ■和書■
★20世紀号に乗って

@青山劇場

東宝 製作

1990年10月 5日〜28日

初演


【掲載内容】

船から汽車にのりかえて… / 宮本亜門

観客の代表 演出家・宮本亜門 / 石井辰彦

コール・ポーターからサイ・コールマン / 小藤田千栄子

大地真央 退団と結婚と / 河村常雄

華やかに、亜門号の乗客たち
           「20世紀号に乗って」の稽古場から / 萩尾瞳


【船から汽車にのりかえて…】

山の手線では、片方のくつをホームに置き忘れたシンデレラに会いました。小田急線では、車掌の合図を真似、身振り入りで「出発進行!」している少年をみかけます。京王線では、つり革にゆられる入れ墨の手におびえました。千代田線では、人のおでこを押さえる宗教している青年をみかけます。東横線では、傘を武器に座席を確保した、サムライを発見しました。銀座線では、夜、お疲れのホステスさんたちに囲まれ香水ぜめにあいます。南武線では、野菜の山をみかけます。池上線では、終点についても気もちよくいびきをかいている方を起こしました。中央線では、獲物をねらう蛇の目をした狼をみかけました。新幹線では、おさえられね好奇心のためグリーン車の個室をのぞいてしまいます。
そしてこのシカゴ〜ニューヨーク間を走る、二十世紀号では何がおこるか。アメリカンなミュージカルコメディの旅をお楽しみ下さい。但しこの二十世紀号、発車すると、すごいスピードで突っ走ります。くれぐれも乗りおくれにならぬようご注意を!
では、いってらっしゃい。

宮本亜門
[PR]
by zatoumushi | 2008-04-19 15:08 | ▼プログラム▼