日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★バット・ボーイ ザ・ミュージカル

@THEATRE 1010 他

オン・タイム 制作

2005年 2月23日〜 3月 6日(THEATRE 1010)
    3月 8日     (オーバード・ホール)
    3月 9日     (石川厚生年金会館)
    3月10日   11日(シアター・ドラマシティ)
    3月12日     (愛知県勤労会館)

初演


【掲載内容】

演出家、檻の中で意気込みをさけぶ / 吉川徹


【演出家、檻の中で意気込みをさけぶ】

(前略)というわけで、『BAT BOY』でございます。
「町はずれの洞窟で、コウモリに育てられたコウモリ少年が発見された!」ってお話です。(中略)
『ジーザス・クライスト=スーパースター』をはじめとするアンドリュー・ロイド=ウェバーものや『RENT』、はたまたディズニー風味まで、極めて多彩な音楽がこの作品には散りばめられています。まさに「楽しんで作った」作曲者の顔が目に浮かぶようです。そして、そのすべてを通して浮かび上がってくる作品のテーマは……いや、やめておきましょう。
この楽しくも切ないお話の中に何を見るか、それを語るなんて野暮ってもんです。(後略)

吉川徹 演出家(科)
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-12 00:00 | ▼プログラム▼
★ファントム

@青山劇場 他

梅田芸術劇場 製作

2008年 1月13日〜27日(梅田芸術劇場メインホール)
    2月 1日〜 3日(愛知厚生年金会館)
    2月 7日〜22日(青山劇場)

五演


【掲載内容】

GREETINGS / アーサー・コピット
       モーリー・イェストン
       主催者

ファントムを生みだしたのは誰? / 鈴木勝秀

小説から映画、そして舞台へ
      ミュージカル『ファントム』の誕生まで / 小藤田千栄子

ミュージカルの黄金コンビ / 小柳照久

パリ・オペラ座の歴史と建築、そして伝説。 / 稲葉宏爾

オペラ座のファントム伝説 / 岡本義文

大沢たかおの仕事 / 河井信哉


【GREETINGS】

私の音楽が大阪、名古屋、そして東京で歌われることを心から光栄に感じております。
日本ではこれまでに『ナイン』、『タイタニック』、『グランドホテル』と上演していただきました。この『ファントム』は私にとりまして非常に大事な音楽であり、日本という美しい国で、今回初めて男女のカンパニーで歌っていただけると知り、私は喜びで一杯です。
『ファントム』は、外見がどうであろうと、私たちすべての中には美が存在することを告げています。この、愛が持つ圧倒的なパワーを伝える物語を上演していただける事を嬉しく思います。
皆様への感謝を込めて、ご成功をお祈りいたします。

モーリー・イェストン
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-12 21:59 | ▼プログラム▼
★ファントム

@東京宝塚劇場

宝塚歌劇団 制作

2006年 8月25日〜10月 1日

四演


【掲載内容】

ごあいさつ / 小林公一
        栗山道義
       (四演プログラムから再録)

演出家に聞く 花組『ファントム』 / 中村一徳
                  (四演プログラムから加筆再録)

message / アーサー・コピット
      モーリー・イェストン
     (四演プログラムから再録)


【message】

宝塚歌劇のような素晴らしく、また有名な劇団が私の作品を上演されることを非常に光栄に思っています。
この並外れた劇団の歴史と伝統には感銘を覚えざるをえません。宝塚歌劇による「ファントム」の初公演は音楽と演劇の普遍性を明らかにしました。この公演は、愛・情熱・音楽というテーマが、万国共通であり、文化や言葉の違いを超越したものである、という事を正に証明したといえます。
宝塚によるこの作品の再演は、私にとって非常に意味深いことです。なぜなら、この再演は演劇界だけではなく、日本の観客が私の作品に大きな関心を寄せて下さっている事を表しているからです。私はその全ての方々に感謝します。そして、もし私の楽曲が観客の皆様に楽しみ、喜び、また深い感動の瞬間を与えることが出来れば、それは私に大きな幸せとこの上ない達成感をもたらしてくれるでしょう。皆様に心からの感謝を。

モーリー・イェストン
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-12 21:30 | ▼プログラム▼
★ファントム

@宝塚大劇場

宝塚歌劇団 制作

2006年 6月23日〜 8月 1日

三演


【掲載内容】

ごあいさつ / 小林公一
        栗山道義

演出家に聞く 花組『ファントム』 / 中村一徳

message / アーサー・コピット
      モーリー・イェストン


【ごあいさつ】

本日は宝塚歌劇花組公演、三井住友VISAミュージカル『ファントム』に御来場頂きまして、誠にありがとうございます。
この作品は、1991年の初演以来、米国内ツアーで高い評価を受けてきたミュージカルでございます。宝塚歌劇では2004年に宙組にて上演し、苦渋に満ちた人生を送る怪人の心の葛藤を鮮明に浮かび上がらせ、悲劇の結末までをよりドラマティックに描き出すと共に、モーリー・イェストンによる新曲の提供、またダンスシーンやエピローグを新たに加え、宝塚歌劇ならではのロマンティックな色合いを強くした作品として大好評を頂きました。この度は、ファントムに春野寿美礼、クリスティーヌに桜乃彩音の新主演コンビが扮し、花組版として新たな演出も加えた大作ミュージカルをお届け致します。潤色・演出は中村一徳でございます。
出演は、春野寿美礼を中心中心としました花組80名、そして専科から出雲綾でございます。
最後となりましたが、この公演の実現にあたりましては三井住友VISAカード様をはじめと致しますVJAグループの各社様にご協賛をいただいております。ここに厚く御礼申し上げます。
それでは最後までごゆっくりお楽しみ下さいますよう、お願い申し上げます。
本日の御来場、重ねて御礼申し上げます。

宝塚歌劇団理事長
小林公一
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-11 01:13 | ▼プログラム▼
★ビッグ

@東京国際フォーラム ホールC

フジテレビ/キョドー東京 製作

2000年 8月 1日〜27日

三演


【掲載内容】

ごあいさつ / 三ッ井康 橘高隆哉

メイキング・オブ・ビッグ
  製作発表 記者会見 リハーサル 顔合わせ&読み合わせ 歌合わせ

「ビッグ」な夏がやって来た
       三度目の上演に期待する4つの「楽しさ」 / 石井啓夫

キャストへのメッセージ 赤坂晃さんへ / 岩下志麻 内館牧子
            宮崎優子さんへ / 市村正親 姿月あさと


【ごあいさつ】

この度は、ブロードウェイミュージカル「ビッグ〜夢は、かなう。〜 Presented by サンクス』にご来場いただきまして、誠にありがとうございます。
'98年、'99年の夏休み、このミュージカル「ビッグ」は爽やかな感動を巻き起こし、日本のミュージカルシーンに新たな伝説を作り、大ヒットをおさめました 。このミュージカルの「夢は、かなう」という普遍的なテーマが子供からお年寄りまで広い層の心をつかんだといえるでしょう。そして今年も3回目の上演として皆様にお届けできることとなりました。
今年のジョシュ役には、舞台・ドラマと幅広く活躍中の赤坂晃。そして相手役には元宝塚トップ娘役・風花舞改め、この舞台を機に名前も新たにスタートする宮崎優子を配し、またジャニーズJr.も加わり、よりフレッシュなキャスト陣となっております。(中略)
最後に特別協賛を賜りました株式会社サンクス アンド アソシエイツ様をはじめとするすべての関係者の方々に厚く御礼申し上げます。

株式会社フジテレビジョン
代表取締役副社長
三ッ井康
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-27 19:58 | ▼プログラム▼
★ファントム

@東京宝塚劇場

宝塚歌劇団 製作

2004年 7月17日〜 8月29日

再演


【掲載内容】

ごあいさつ / 小林公一
        栗山道義

演出家に聞く Arthur Kopit,Maury Yeston版 オペラ座の怪人
                          / 中村一徳
                    (初演プログラムから再録)

Interview & description / 西村耕次
              (初演プログラムから再録)

Musical number / 中村一徳
         (初演プログラムから再録)

Set Design / 関谷敏昭
       (初演プログラムから再録)

ファントム その真実と究極の愛 / 平野利光
                 (初演プログラムから再録)


【ごあいさつ】

本日は宝塚歌劇宙組公演、三井住友VISAミュージカル『ファントム』に御来場頂きまして、誠にありがとうございます。
さて、この度は、ガストン・ルルーの小説『オペラ座の怪人』を題材とし、1991年の初演以来、米国内で高い評価を受けている、Arthur Kopit & Muury Yestonによる『PHANTOM』を新たに宝塚版としてお届け致します。
苦渋にに満ちた人生を送る怪人の心の葛藤を鮮明に浮かび上がらせ、悲劇の結末までをよりドラマティックに描き出すと共に、ダンスシーンやエピローグを新たに加え、宝塚歌劇ならではのロマンティックな色合いを強くした作品としてご覧頂きます。潤色・演出は、中村一徳でございます。(中略)
出演は、和央ようか、花総まりを中心とする宙組69名、そして専科から樹里咲穂、鈴鹿照、星組の安蘭けいでございます。
最後となりましたが、この公演の実現にあたりましては三井住友VISAカード様をはじめと致しますVISAジャパングループの各社様にご協賛をいただいております。ここに厚く御礼申し上げます。
御来場の皆様方には、本公演を存分にお楽しみ頂きますと共に、今後も宝塚歌劇へのより一層ののご支援を頂きますよう、心よりお願い申し上げます。

宝塚歌劇団理事長
小林公一
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-24 22:14 | ▼プログラム▼





※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-24 13:41 | ◇翻訳台本◇





※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-24 13:30 | ◇翻訳台本◇





※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-24 13:25 | ◇翻訳台本◇





※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-24 13:14 | ◇翻訳台本◇