日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
★南太平洋

@青山劇場

東宝 製作

1999年 3月 5日〜 4月18日

五演


【掲載内容】

「南太平洋」の思い出 ―自伝「ミュージカル・ステージ」よりの抜粋―
              / リチャード・ロジャース 大平和登 訳

古くて新しい物語 / 吉田美枝

新しいクラシック・ミュージカル / 岩谷時子

そして『南太平洋』 / 山田和也

名作『南太平洋』と日本上演史 / 小藤田千栄子


【そして『南太平洋』】
(前略)『南太平洋』は実に様々な魅力を持った作品だと思います。時代背景と舞台設定のおもしろさ、ユニークで愛すべき登場人物、それらを巧みに絡ませた物語展開、そして時代を超えたテーマの普遍性……。とても50年前に製作された作品だとは思えません。(中略)
数あるロジャース&ハマースタイン・ミュージカルの中でも、耳になじんだメロディがこれほど豊富な作品は他に見あたりません。ですから今回のリバイバル上演に際しても、初演時の台本とスコアを改変することなく、自信を持って使用しています。(上演時間の都合で著作権継承者ジェームス・ハマースタイン氏の了解を得て若干のカットはしていますが。氏はオスカー・ハマースタインのご子息で、残念ながら本年1月に他界なさいました。ご冥福をお祈りいたします。)ただし翻訳は吉田美枝さんにお願いして、新しくしました。それともう一つ、1966年の日本初演より訳詞を担当なさっている岩谷時子さんが、今回の上演のために全ての歌詞を訳し直してくださいました。この場を借りて一言お礼を申し上げます。
それにしても昨年の『サウンド・オブ・ミュージック』に続いて『南太平洋』。私はなんて幸運な演出家なのでしょう。

山田和也 演出
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-02 22:16 | ▼プログラム▼
★南太平洋

@ゆうぽうと五反田簡易保険ホール 他

宝塚歌劇団 製作

1984年 9月23日〜26日(ゆうぽうと五反田簡易保険ホール)
1985年 9月27日〜28日(愛知文化講堂)

四演


【掲載内容】

ごあいさつ / 坂治彦

愛と希望の濃縮ジュース ―南太平洋― / 村上信夫

ミュージカル 南太平洋 月組バウホール公演新聞評
     味わい深い構成に見ごたえ / 朝日新聞〈宇〉
     剣幸みごと / 毎日新聞〈白〉
     若さにあふれた舞台 / サンケイ新聞〈S〉


【ごあいさつ】

本日は、ようこそお越し下さいました。
さて、今回は、ブロードウェイ・ミュージカル『南太平洋』をご覧いただきます。
この作品は、昨年9月に、宝塚バウホールで上演されて好評を得ましたもので、東京や名古屋の数多くの方々から、ぜひ、当地でも上演して欲しいとのご要望がありました。ここに関係各位のご協力によりまして上演の運びとなりましたことは、まことに喜ばしいことでございます。
ミュージカル『南太平洋』は、ロジャース=ハマースタイン2世の名コンビによるもので、初演は一九四九年、上演回数一九二五回、ピューリッツァー賞など数々の栄誉に輝いた名作でございます。脚色・演出は村上信夫が担当致しました。
お話は、太平洋戦争の最中、島の住人エミールとアメリカの看護婦ネリーのラブロマンスに、海兵隊の若い士官と島の娘との悲愁を織り込んだもので、エキゾチックな南の島を舞台に繰り広げられます。「バリ・ハイ」、「魅惑の宵」など素晴らしい歌曲が数多く、舞台の感動をいっそう盛り上げます。出演は、剣幸を中心とする月組の選抜メンバーです。
それでは、最後までごゆっくりお楽しみ下さいますよう、お願い申し上げます。
本日は、ご来場いただき、誠に有難うございました。

宝塚歌劇団理事長
坂治彦
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-02 21:29 | ▼プログラム▼
★南太平洋

@宝塚バウホール

宝塚歌劇団 製作

1984年 9月22日〜10月 5日

三演


【掲載内容】

ごあいさつ / 小林公平

南太平洋 / 村上信夫


【ごあいさつ】

本日は、ようこそお越し下さいました。
さて、今回の公演は、月組によるバウ・ミュージカル『南太平洋』でございます。
この作品は、ロジャース=ハマースタイン2世の名コンビによる、ブロードウェイ・ミュージカルで、初演は一九四九年、上演回数一九二五回、ピューリッツァー賞など数々の栄誉に輝いた名作でございます。脚色・演出は村上信夫でございます。
お話は、太平洋戦争の最中、島の住人エミールとアメリカの看護婦ネリーのラブロマンスに、海兵隊の若い士官と島の娘との悲愁を織り込んだもので、エキゾチックな南の島を舞台に繰り広げられます。「バリ・ハイ」、「魅惑の宵」など素晴らしい歌曲が数多く、舞台の感動をいっそう盛り上げます。
出演は、剣幸を中心とする月組の選抜メンバー三十名で、宝塚初の上演作品に懸命に取り組んでおります。
それでは、最後までごゆっくりお楽しみ下さいますよう、お願い申し上げます。
本日は、ご来場いただき、誠に有難うございました。

宝塚歌劇団理事長
小林公平
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-02 21:17 | ▼プログラム▼

◇086「ミレット」◇






※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-24 13:23 | ◇翻訳台本◇

◇030「南太平洋」◇






※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-15 10:23 | ◇翻訳台本◇





※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-06 01:04 | ◇翻訳台本◇
★マンマ・ミーア!

@大阪四季劇場

劇団四季 製作

2005年 1月 9日〜2007年 2月12日

再演


【掲載内容】

生まれてはじめて大阪を訪れたのは十九歳の時でした / 浅利慶太

ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァースより
                   日本公演へのメッセージ
                  (初演プログラムから加筆再録)

『マンマ・ミーア!』MUSICAL NUMBERS / 蒲田耕二
                    (初演プログラムから再録)

光れ、オオサカ! / ペリー荻野

INTERVIEW“I HAVE A DREAM...” / ジュディ・クレーマー
                 (初演プログラムから再録)

『マンマ・ミーア!』を世界でヒットさせるには?
    それは、作品のエッセンスを保つこと / フィリダ・ロイド
                    (初演プログラムから再録)

ABBA 70年代を吹き抜けた爽やかな風 / 湯川れい子
                    (初演プログラムから再録)

踊れ、歌え、騒げ!ポップス同窓会 / 小林克也
                  (初演プログラムから再録)

『マンマ・ミーア!』ABBAの音楽遺産 / かまち潤
                    (初演プログラムから再録)

エッセイ たわわな実りを人生の午後に / 玉岡かおる

エッセイ 最上級の I LOVE YOU. / 秋元康
                (初演プログラムから再録)


制作秘話 脚本家キャサリン・ジョンソンの秘密の日記
             (初演プログラムから再録)

『マンマ・ミーア!』新しいミュージカル時代の夜明け / 安倍寧
                    (初演プログラムから再録)


【日本公演へのメッセージ】

『マンマ・ミーア!』が、この活気あふれる街、大阪に新しくオープンした見事な大阪四季劇場で開幕されることを、大変嬉しく思っております。
1980年、ABBAが日本公演を行いました時に、私達は日本のお客様から、素晴らしい声援をいただきました。その時のことは、日本という素敵な国の大切な思い出として、心にはっきりと残っております。
皆様に親しまれた歌の数々が、このようにミュージカルとなって新しい命を得ました。当時の私達には考えも及ばなかったことです。しかも、常々申し上げてきましたが、私達にとりましては、意識せぬうちにミュージカル作品の楽曲を書いていたことになるのです。東京は、世界で8番目の公演地になりますが、これまでの国々と同様、日本のお客様の心にもこの作品のメッセージが届くことを願ってやみません。
歌詞を日本語にして上演するというのは私達にとって大きな決断でした。しかし、最終的には、この作品のストーリー〜言うまでもなく、ABBAに関する話ではなく、全く新しい物語〜をきちんと伝えるため、それが唯一の方法だと考えました。『マンマ・ミーア!』は、今、素敵な新しい一歩を踏み出します。
日本の皆様に大いにお楽しみいただけますよう、心より祈っております。

ベニー・アンダーソン ビョルン・ウルヴァース
2005年1月
[PR]
by zatoumushi | 2008-10-31 07:00 | ▼プログラム▼
★マンマ・ミーア!

@電通四季劇場 海

劇団四季 製作

2002年12月 1日〜2004年11月28日

初演


【掲載内容】

対談「海から、世界へ」 / 成田豊 浅利慶太 安倍寧 司会

ベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァースより
                      日本公演へのメッセージ

『マンマ・ミーア!』MUSICAL NUMBERS / 蒲田耕二

INTERVIEW“I HAVE A DREAM...” / ジュディ・クレーマー

『マンマ・ミーア!』を世界でヒットさせるには?
     それは、作品のエッセンスを保つこと / フィリダ・ロイド

ESSAY 永遠の母と娘 / 有吉玉青

ESSAY 陽気に、シングル / 下田治美

ABBA 70年代を吹き抜けた爽やかな風 / 湯川れい子

踊れ、歌え、騒げ!ポップス同窓会 / 小林克也

『マンマ・ミーア!』ABBAの音楽遺産 / かまち潤

ESSAY 最上級の I LOVE YOU. / 秋元康

ESSAY 豊穣の午後の幸せさがし / 玉岡かおる

制作秘話 脚本家キャサリン・ジョンソンの秘密の日記

『マンマ・ミーア!』新しいミュージカル時代の夜明け / 安倍寧


【日本公演へのメッセージ】

『マンマ・ミーア!』のアジア初演が、この活気あふれる街、東京に新しくオープンした見事な電通四季劇場[海]で開幕されることを、大変嬉しく思っております。
1980年、ABBAが日本公演を行いました時に、私達は日本のお客様から、素晴らしい声援をいただきました。その時のことは、日本という素敵な国の大切な思い出として、心にはっきりと残っております。
皆様に親しまれた歌の数々が、このようにミュージカルとなって新しい命を得ました。当時の私達には考えも及ばなかったことです。しかも、常々申し上げてきましたが、私達にとりましては、意識せぬうちにミュージカル作品の楽曲を書いていたことになるのです。東京は、世界で8番目の公演地になりますが、これまでの国々と同様、日本のお客様の心にもこの作品のメッセージが届くことを願ってやみません。
歌詞を日本語にして上演するというのは私達にとって大きな決断でした。しかし、最終的には、この作品のストーリー〜言うまでもなく、ABBAに関する話ではなく、全く新しい物語〜をきちんと伝えるため、それが唯一の方法だと考えました。『マンマ・ミーア!』は、今、素敵な新しい一歩を踏み出します。
日本の皆様に大いにお楽しみいただけますよう、心より祈っております。

ベニー・アンダーソン ビョルン・ウルヴァース
2002年11月
[PR]
by zatoumushi | 2008-10-31 06:02 | ▼プログラム▼
★モーツァルト!

@シアター・ドラマシティ

シアター・ドラマシティ 東宝 製作

2002年11月 5日〜20日

再演


【掲載内容】

Greeting / 田中順也
       ハンス・ディートマール・シュヴァイスグート
       ルディ・クラウスニッツアー
       ミヒャエル・クンツェ
       シルヴェスター・リーヴァイ
      (初演プログラムから再録)

影の集積 / 小池修一郎
      (初演プログラムから再録)

モーツァルトの生涯と音楽の詩と真実
  ミュージカル『モーツァルト!』上演にちなんで / 海老澤敏
                    (初演プログラムから再録)

自分自身、2人が活躍する「モーツァルト!」の魅力 / 扇田昭彦
                    (初演プログラムから再録)

Wモーツァルト、語る vol.2
 すごく果てしないというか、一体、どこまで行くんだろう / 井上芳雄
(October 21 after his 13th performance)
 今になって、プレッシャーみたいなのを感じてる / 中川晃教
(October 10 after his 3rd performance)


【Greeting】

(前略)お陰様でシアター・ドラマシティは本年11月をもちまして10周年を迎えることができました。(中略)
そしてこの記念すべき年にあたり、皆様に大いに喜んで頂けると自負できる大作ミュージカル「モーツァルト!」を上演する運びとなりました。私どもスタッフは4年前から、ウィーンのオリジナルスタッフと交渉を重ねてまいりました。そして東宝という強力なパートナーを得て、阪急東宝グループを挙げて製作に取り組み、第一線のスタッフ・キャストがそろったカンパニーとして、この作品を日本で初演することになりました。
「モーツァルト!」は、「エリザベート」で一躍注目を浴びたウィーン劇場協会の制作、ミヒャエル・クンツェ氏の脚本・作詞、シルヴェスター・リーヴァイ氏の音楽による作品です。クンツェ&リーヴァイによる人々の心を魅了してやまない名曲に、日本でも神童として知られているモーツァルトの破滅と栄光の生涯を綴ったドラマを、「エリザベート」の演出で高い評価を獲得され、ウィーン側スタッフの信望もも厚い宝塚歌劇団の小池修一郎氏が、日本版として更にドラマチックに構築いたしました。(中略)
末尾ではございますが、上演するにあたり多大なご協力を頂いたウィーン劇場協会、ご後援のオーストリア大使館、並びに関係各位のご支援に心より厚く御礼申し上げます。
本日は誠にありがとうございました。

株式会社シアター・ドラマシティ取締役社長
田中順也
[PR]
by zatoumushi | 2008-10-31 05:24 | ▼プログラム▼
★モーツァルト!

@日生劇場

シアター・ドラマシティ 東宝 製作

2002年10月 5日〜31日

初演


【掲載内容】

Greeting / 高井英幸
       ハンス・ディートマール・シュヴァイスグート
       ルディ・クラウスニッツアー
       ミヒャエル・クンツェ
       シルヴェスター・リーヴァイ

影の集積 / 小池修一郎

モーツァルトの生涯と音楽の詩と真実
    ミュージカル『モーツァルト!』上演にちなんで / 海老澤敏

自分自身、2人が活躍する「モーツァルト!」の魅力 / 扇田昭彦

「MOZART!」September 14,2002 / 井上芳雄 中川晃教


【Greeting】

(前略)「モーツァルト!」は、大絶賛を博しましたウィーン・ミュージカル「エリザベート」のクリエイティブ・チーム、脚本・作詞のミヒャエル・クンツェ氏と作曲のシルヴェスター・リーヴァイ氏が創り出した作品です。
1999年、音楽の都ウィーンで「モーツァルト!」は初演され、2001年にドイツのハンブルクにて上演されました。
「エリザベート」同様、ウィーン劇場協会のご協力、ならびにオーストリア大使館のご後援を頂戴いたしましての、本邦初演の運びとなりました。関係各位のご支援に心より厚く御礼申し上げます。
幼い頃神童と呼ばれた偉大な作曲家、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。没後二百年を経過した現代でも、モーツァルトの音楽は世界中の人々から愛されています。「モーツァルト!」はその三十六年に満たない、短くも波瀾に満ちた生涯を、史実を踏まえた上で、大胆な手法を用いて劇化し、さまざまな味わい深い楽曲で綴ったミュージカルでございます。(中略)
芸術の秋にふさわしいミュージカル「モーツァルト!」をご来場の皆々様にご堪能いただければ、これに勝るよろこびはございません。
本日はご来場ありがとうございました。

東宝株式会社取締役社長
高井英幸
[PR]
by zatoumushi | 2008-10-31 04:07 | ▼プログラム▼