日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
★RENT

@シアタークリエ 他

東宝 製作

2008年11月 7日〜12月30日(シアタークリエ)
2009年 1月 8日〜 1月12日(シアターBRAVA)

三演


【掲載内容】

Greetings / エリカ・シュミット 演出

ABOUT THE SHOW『RENT』誕生の軌跡をひも解く
   伝説の始まる前の、一つの喪失
   世界中に広がる『RENT』熱
   映像に残された21世紀の『RENT』
   『RENT』キーワード解説

『RENT』とあの時代、そして、死者の代弁者  / 北丸雄二

ROAD TO RENT 作品誕生の背景

INTERVIEW / エリカ・シュミット 演出
        デイビッド・コリンズ 美術
        ミシェル・R・フィリップス 衣裳


【Greetings】

なぜ『RENT』を"新たな演出"で上演するのか? ― 私がいつも真っ先に尋ねられるのがこの質問です。私はこう答えます ― なぜこれまで通りの方法でやらなければならないのですか?
このたびお届けする『RENT』は2008年に日本の皆様に向けて初めて、新たな翻訳により上演される、新キャストによるプロダクションです。(中略)
このプロダクションでは舞台装置も衣裳デザインも一新されました ― そう、新しい演出です。とはいえ、『RENT』であることに変わりはありません。私たちはこの作品の核となる部分にどこまでも忠実でありながら、自分たちなりの作品を作り上げることを目標としました。(中略)
日本の観客の皆様がこのプロダクションを温かく受け入れて下さることを願っています。これは間違いなく皆様のための作品です。どうぞお楽しみ下さい。

エリカ・シュミット 演出
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-09 00:00 | ▼プログラム▼
★レント

@東京芸術劇場 中ホール 他

レント・プロジェクト・ジャパン 製作

1999年 9月17日〜 9月18日(日本青年館)プレビュー公演
    9月22日〜 9月23日(中日劇場)
   10月 7日〜10月17日(シアター・ドラマシティ)
   10月21日〜11月 7日(東京芸術劇場 中ホール)

再演


【掲載内容】

ABOUT OF RENT

生きている RENT / 吉川徹

LA BOHEME / 佐藤友紀

『レント』という事実 / 松田直行

ニューヨーク、ロンドン そして日本 / 藪下哲司


【ニューヨーク、ロンドン そして日本】

(前略)ロンドン、日本、そしてニューヨークの「RENT」を見て感じたことは、これが引き金となってミュージカルに魅せられた新しい世代が確実に育っているということだった。ミュージカル界に与えた影響ははかり知れない。そして、3カ国を通じて日本の「RENT」が予想以上に頑張っていたことが一番の印象だった。今回の再演はさらにグレードアップしての登場と聞く。期待したい。

藪下哲司 スポーツニッポン新聞大阪本社文化部編集委員
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-08 07:04 | ▼プログラム▼
★LUV【ラヴ】

@ル テアトル銀座 他

キョードー東京 製作

2007年 5月10日〜20日(ル テアトル銀座)
    5月22日   (梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ)
    5月23日〜24日(兵庫県立芸術文化センター 中ホール)
    5月26日   (名鉄ホール)

五演


【掲載内容】

「愛」と「ラヴ」と作者のこと / 高橋いさを

あなたはどんな愛情の持ち主??

ベクトル次第でテイスト変容 映画のなかの三角関係 / 萩尾瞳


【「愛」と「ラヴ」と作者のこと】

(前略)ところで、大学生の頃、ダスティン・ホフマン主演の『トッツィー』(1982年)というコメディを見て、「何て面白い映画なんだ!」と感嘆し、「このウィットに富んだ映画の脚本を書いたのは誰なんだ?」とプログラムのスタッフ一覧を調べた。そこにこの芝居の原作者であるマレー・シスガルの名前があった。(もうひとりは、ラリー・ゲルハート。実験的なミュージカル『シティ・オブ・エンジェルス』の作者だ)(中略)
このミュージカルは、かつてエレン=鳳蘭さん、ミルト=市村正親さん、ハリー=西城秀樹さんというキャストで上演されたものだ。
元宝塚のトップスターとバンドのヴオーカリストとコンテンポラリー・ダンスの名手が奏でる新しい『ラヴ』が、新しい魅力をもって皆さんに届きますように。
わたしたちがこの芝居を楽しんで作ったように、みなさんも劇場で楽しんでもらえることを祈っています。
劇が終わってみなさんが劇場を出た後、春の銀座通りを歩きながら、ふとこの芝居で歌われるナンバーを口ずさんでくれれば最高です。因みに、わたしは「パ〜ラダイス!」です。

高橋いさを 上演台本・演出
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-02 17:03 | ▼プログラム▼
★ラヴ

@シアター・ドラマシティ 他

松竹/シアター・ドラマシティ 製作

1996年 3月14日〜 3月26日(シアター・ドラマシティ)
    3月30日     (鹿児島市民文化ホール)

四演


【掲載内容】

ごあいさつ / 水野匡雄

幕の開く前に / 勝田安彦
        (再演・三演プログラムから再録)

小さなミュージカルと大きなミュージカル / ジェフリー・スウィート
                    (三演プログラムから再録)

ミュージカル「ラヴ」の音楽について
        何ともマジな風刺精神 / 宮川彬良
                    (三演プログラムから再録)

LUVとLOVEの間 / 萩尾瞳
            (三演プログラムから再録)

PROFILE / 木村隆
     西城秀樹の演じるハリーは、いじけた男
     市村正親の演じるミルトは、せこい男
     鳳蘭の演じるエレンは、ついてない女
           (三演プログラムから再録)

WHAT ABOUT ラヴ
       出演者三人に「ラヴ」に関するお話をうかがいました
                    (三演プログラムから再録)

悲しくもおかしい現代の愛 / 横森理香
              (三演プログラムから再録)


【ごあいさつ】

本日は、シアター・ドラマシティにようこそお越し下さいました。
この度のミュージカル『ラヴ』は、平成6年4月に私どもシアター・ドラマシティと松竹株式会社が劇書房との協力で上演し、新聞や雑誌等で大変高い評価を受けた作品でございます。
この度、初演終了後よりミュージカルファンの皆様からの再演を望む声があがり、出演者のご快諾を頂戴して今回再演の運びとなりました。
しかし今回の公演は、単なるリバイバルではございません。(中略)
前回の作品をご覧になられた方は、以前にまして満足頂けるものと確信いたしております。また初めての方は、登場人物わずか3人のミュージカル・コメディを存分に楽しまれることでしょう。
ちょっぴりせつない大人の愛を感じながらも心の底から笑えるミュージカル。どうぞ心ゆくまでお楽しみ下さい。
本日はご来場頂きまして誠にありがとうございました。

株式会社シアター・ドラマシティ
取締役社長
水野匡雄
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-02 16:53 | ▼プログラム▼
★ラヴ

@サンシャイン劇場 他

松竹/シアター・ドラマシティ 製作

1996年 1月26日〜 2月18日(サンシャイン劇場)
    2月21日     (アクトシティ浜松大ホール)
    2月24日〜 2月25日(シアター・ドラマシティ)
    2月28日     (松山市民会館大ホール)
    3月 1日〜 3月 2日(岡山シンフォニーホール)
    3月 4日     (熊本県立劇場演劇ホール)
    3月 6日     (長崎市公会堂)
    3月 9日〜 3月10日(愛知県芸術劇場大ホール)

三演


【掲載内容】

ごあいさつ / 茂木千佳史

幕の開く前に / 勝田安彦
        (再演プログラムから再録)

小さなミュージカルと大きなミュージカル / ジェフリー・スウィート

ミュージカル「ラヴ」の音楽について
                何ともマジな風刺精神 / 宮川彬良

LUVとLOVEの間 / 萩尾瞳

PROFILE / 木村隆
     西城秀樹の演じるハリーは、いじけた男
     市村正親の演じるミルトは、せこい男
     鳳蘭の演じるエレンは、ついてない女

WHAT ABOUT ラヴ
         出演者三人に「ラヴ」に関するお話をうかがいました

悲しくもおかしい現代の愛 / 横森理香


【ごあいさつ】

松竹株式会社とシアター・ドラマシティが劇書房との協力で一昨年初演致しましたミュージカル『ラヴ』は、最近ではあまり類をみない高いレベルの作品として、ご好評を頂きました。
この度、皆様からのご要望にお応えして、西城秀樹さん、市村正親さん、鳳蘭さんからもご快諾を得、フジテレビさんのご協力のもとに『ラヴ』の上演が実現致しましたことは、大変喜ばしいことと存じます。(中略)
このすぐれた三人のエンターテイナーと、演出の勝田安彦さん、音楽監督に宮川彬良さんら優秀なスタッフが一丸となって、初演から更に磨きのかかった作品に仕上げました。どうぞご存分にお楽しみ下さいませ。
本日はご来場頂きまして、誠にありがとうございました。

松竹株式会社
演劇本部長専務取締役
茂木千佳史
[PR]
by zatoumushi | 2008-12-01 01:07 | ▼プログラム▼
★ラ・カージュ・オ・フォール

@帝国劇場

東宝 製作

1986年 7月 4日〜 8月31日

再演


【掲載内容】

ブロードウェイからのメッセージ
   原作者のことば / ジャン・ポワレ
            (初演プログラムから再録)
   脚色者のことば / ハーベイ・ファイアスティン
            (初演プログラムから再録)

最高の魔法の舞台!! / リンダ・ヘイバーマン
           (初演プログラムから再録)

極端なサンプルが語るシンプルな愛 / 青井陽治

「ラ・カージュ・オ・フォール」の魅力 / 淀川長治
                    (初演プログラムから再録)

楽しき哉! ブロードウェイ・ミュージカル
      「マイ・フェア・レディ」から「ラ・カージュ・オ・フォール」まで / 藤田洋
                    (初演プログラムから再録)


【原作者のことば】

ニューヨークで見た時、面白かったので、日本の観客の皆さまにも「ラ・カージュ・オ・フォール」を私と同じ様に面白いと思って頂けると良いですね。お楽しみ下さい!

ジャン・ポワレ
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-24 22:44 | ▼プログラム▼





※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-23 16:26 | ◇翻訳台本◇

◇061「ラヴ」◇






※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-23 16:12 | ◇翻訳台本◇





※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-23 14:47 | ◇翻訳台本◇





※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-23 14:42 | ◇翻訳台本◇