日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
★オードリー・ヘップバーン物語(下)

バリー・パリス 箸

永井淳 訳

集英社 刊

2006年12月 9日 発行(第4刷)

430p

\819


【目次】

第6章 フェア・アンド・アンフェア・レディズ(一九六三〜一九六四年)

第7章 ジヴァンシーの休暇(一九六五〜一九六七年)

第8章 ローマの休日2(一九六八〜一九七九年)

第9章 オランダのごちそう(一九八○〜一九八九年)

第10章 神格化(一九八八〜一九九三年)

第11章 別れ

訳者あとがき

索引
[PR]
by zatoumushi | 2008-09-18 01:08 | ■和書■
★オードリー・ヘップバーン物語(上)

バリー・パリス 箸

永井淳 訳

集英社 刊

2006年12月 9日 発行(第4刷)

439p

\819


【目次】

まえがき

第1章 オランダ、そして遠すぎた橋(一九二九〜一九四七年)

第2章 イギリス、そしてコーラス・ライン(一九四八〜一九五一年)

第3章 夢のスター誕生(一九五一〜一九五四年)

第4章 世界を支配する(一九五四〜一九五七年)

第5章 ハックルベリー・フレンド(一九五八〜一九六二年)

資料 出演作品
[PR]
by zatoumushi | 2008-09-18 01:00 | ■和書■
★カミーユ・クローデル 極限の愛を生きて

湯原かの子 著

朝日新聞社 刊

1992年 4月 1日 発行

296p

\550


【目次】

プロローグ

1 子供時代(一八六四〜一八八三年)
2 ロダンとの宿命的愛(一八八三〜一八九二年)
3 独自の芸術の探求(一八九二〜一八九八年)
4 狂気と創造のはざま(一八九八〜一八九一三年)
5 奪われし者(一九一三〜一九四三年)

エピローグ
参考文献
[PR]
by zatoumushi | 2008-09-18 00:58 | ■和書■

■357「シナトラ」■

★シナトラ

トニー・サイアッカ 箸

大村嘉一郎 訳

大村嘉一郎 刊

1977年 発行

234p


【目次】

本書の読者へ

序章

シナトラ

終章

訳者あとがき
[PR]
by zatoumushi | 2008-08-31 18:33 | ■和書■
★ヒズ・ウェイ

キティ・ケリー 箸

柴田京子 訳

文藝春秋 刊

1989年 1月25日 発行

626p

\2400


【目次】

著者覚え書き

ヒズ・ウェイ

ノート

訳者あとがき

Discography
[PR]
by zatoumushi | 2008-08-31 18:30 | ■和書■
★シナトラ 20世紀のエンターテイナー

アーノルド・ショー 箸

尾坂力 訳

早川書房 刊

1978年 6月15日 発行

405p

\1900


【目次】

序曲
1 小公子と犯罪王チコ
2 ハリー・ジェームズとビッグ・バンド時代
3 "アイ・リメンバー・トミー"

イメージ1/弱いタフ・ガイ
4 シナトラ熱 新時代の宣言
5 冷静の代価

イメージ2/差別との闘い
6 ニュージャージーの労働者社会からハリウッドの上流社会へ
7 "わたしが住む家"
8 小さい和音と大きい不協和音
9 暴力の代価と快感

イメージ3/血を流す者
10 下降気流
11 パンドラとさまよえるアメリカ人
12 綱渡りの男
13 そして結婚へ
14 低姿勢
15 兵卒マッジオと裸足の伯爵夫人
16 不死鳥は火を運ぶ

イメージ4/才能あるろくでなし
17 ゴキゲン・多忙・てんやわんや
18 誇りと情熱
19 お門違い事件 ただし仕事は上々

イメージ5/浮かれ男
20 恋の名手とBがつく三人の女性
21 タレント株式会社
22 大統領とシナトラ一家
23 大統領就任祝賀

イメージ6/イル・パドローネ
24 一家の年
25 "南アフリカから来た女"
26 危険な関係

イメージ7/取締役会会長
27 ジュニア乗り出す
28 息子のためなら世界も
29 わが人生の九月

終曲 地上から円熟に

追記

訳者あとがき
[PR]
by zatoumushi | 2008-08-31 18:21 | ■和書■
★フレッド・アステア 20世紀のショウ・ストッパー

山本健翔 箸

杉浦孝昭 特別寄稿

メディアファクトリー 刊

1992年11月20日 発行

151p

\1500


【目次】

プロローグ……1981年 4月10日

Step 1 母の夢
 アステアの誕生
 ボードビルの日々
 ショウ・ストッパー

Step 2 姉とふたりで
 ブロードウェイ
 ロンドン
 レディ・ビー・グッド
 お楽しみはこれからだ?

Step 3 ナイト・アンド・デイ
 出会い
 映画へ
 チームはごめんだ
 夢の現場
 ミッキーとミニー
 いくつかの終わり

Step 4 バイ・マイ・セルフ
 GIたちと
 引退とカムバック
 バンド・ワゴン
 別離

Step 5 フィナーレ
 昔はよかったか!
 母の死
 二度目の結婚
 姉
 こだわり
 そっとおやすみ

Bibliography

アステアと私 / 杉浦孝昭

Chronological History

Filmography
[PR]
by zatoumushi | 2008-08-31 17:39 | ■和書■
★アステア ザ・ダンサー

ボブ・トーマス 箸

武市好古 訳

新潮社 刊

1989年 1月20日 発行

387p

\2470


【目次】

はじめに

1 アステア、一九八三年
2 ボードビルの時代
3 ブロードウェイそしてロンドン
4 RKOとジンジャー
5 彼、ひとりで
6 引退とカムバック
7 テレビジョン
8 新しいキャリア
9 ロビン

ついに会ったフレッド・アステア(訳者あとがきにかえて)

舞台・映画作品リスト
[PR]
by zatoumushi | 2008-08-30 00:04 | ■和書■
★ジェームズ・ディーン 短く華麗な生涯

ヴェナブル・ハーンダン 箸

高瀬鎮夫 訳

早川書房 刊

1977年 5月31日 発行

190p

\950


【目次】

プロローグ

ジェームズ・ディーン 短く華麗な生涯

エピローグ

訳者あとがき
[PR]
by zatoumushi | 2008-08-29 01:09 | ■和書■
★ココ・シャネルの秘密

マルセル・ヘードリッヒ 箸

山中啓子 訳

早川書房 刊

1995年 6月30日 発行

491p

\760


【目次】

1 "伝説を持つ人々は、また伝説そのものである"
2 "わたしは家族の小さな囚われ人だった"
3 "伝説と真実"
4 "わたしは感化院に入るところだった"
5 最初の勝利、払いのけられた貧乏
6 二番目の勝利、ココ、帽子屋となる
7 三番目の勝利、ココ、シャネルとなる
8 トゥ・パリの見習い期間
9 七百人のパリの名士たち
10 四番目の勝利、ウェストミンスター公
11 思いがけない友、ピエール・ルヴェルディ
12 占領下の沈黙
13 五番目の勝利、女性実業家のココ
14 六番目の勝利、"カムバック"
15 ココのビジュウ、"いくらもかからない豪華なもの"
16 "フランス人は、わたしが好きじゃない"
17 ココの孤独
18 ココ、オペレッタのヒロインに
19 ココに対する陰謀
20 "わたしはずいぶんとひどい目にあった……"
21 仕事をするココ
22 ココ、"単純な人々"を見出す
23 最後の勝利、死を超えて勝ち得たもの

シャネル・スタイルに魅せられて / 原由美子
[PR]
by zatoumushi | 2008-08-28 02:43 | ■和書■