日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

◆123“Gypsy”◆

★GYPSY(1959)
 ジプシー

アーサー・ロレンツ 作

Random House 刊

1959年 発行

144p

翻訳上演あり
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-15 00:00 | ◆原語台本◆

◇051「ジプシー」◇






※詳細については、直接お問い合わせ下さい。







「緑部屋」 <(_ _)>
[PR]
by zatoumushi | 2008-11-23 14:32 | ◇翻訳台本◇
★ジプシー

@東京厚生年金会館 他

ザ・ライト・カンパニー・ジャパン 製作

1991年 7月19日〜 8月 2日(東京厚生年金会館)
    9月 5日〜 9月10日(フェスティバルホール)

再演


【掲載内容】

女性たちのアメリカン・ドリーム / 小藤田千栄子

ブロードウェイ・ミュージカルと鳳蘭 / 風早美樹

ヴォードヴィルで活躍した芸能ファミリー / 井上保

メッセージ / 松下治夫

母親の幸せってなんだろう / 篠崎光正


【メッセージ】

ついにというか、やっとというか、念願がかないました。
「ジプシー」の上演を企画してから4年がたちます。ブロードウェイの舞台に匹敵するものをつくりたいという気持ちが、ずっと心のすみにあり、なかなか上演に踏切ることができなかったのです。その間、いろいろとキャスティングを考え、何度か挑戦してみようと思ったのですが、今一歩、決定をくだすのに躊躇して来ました。
しかし、鳳蘭さん、宮沢りえさんという、ベストな配役が組めたことは、大いに心強く、上演に向け一歩を踏み出しました。鳳さんは今年の4月、一緒に仕事をした「アプローズ」で、大女優マーゴ・チャニングを演じ、その素晴らしさは「ジプシー」のママ・ローズの役柄のたしかな手応えを感じたほどです。「アプローズ」の鳳さんの評価は演劇評論家の間でも高く、私も自信を深めました。
宮沢りえさんは、その新鮮な魅力が、ローズの娘ルイーズにピッタリで、性格的なやさしさの中の美しさは、ちょうど年齢的にこの役を演じるのは願ったり、適ったりです。
ブロードウェイの「ジプシー」の初演は1959年、エセル・マーマンで話題を集めました。1974年に再演され、アンジェラ・ランズベリーがトニー賞を、そして1989年にタイン・デイリーが演じ、またトニー賞を受賞と、常にミュージカル界の話題を独占しています。シャーリー・マクレーン、ライザ・ミネリのショーでも、常に「ジプシー」の曲が歌われ、彼女たちがいかにこの作品を愛しているかがわかります。
今回の「ジプシー」のキャスティングの妙は、ブロードウェイを超える舞台に仕上がったと自負しております。どうか楽しく舞台をご覧いただければ幸いです。今後ともよりよい作品をつくることを目指しております。ご期待ください。


松下治夫
[PR]
by zatoumushi | 2008-03-02 21:35 | ▼プログラム▼

▼055「ジプシー」▼

★ジプシー

@三越ロイヤル・シアター

三越劇場演劇制作室/東宝 共同製作

1982年12月 5日〜26日

初演


【掲載内容】

草笛光子の《ローズ》への期待 / 野口久光

「ジプシー」物語 / 倉橋健

人間の演劇的本能とは… / 篠崎光正

なつかしいスタイルの音楽の数々を… / 広瀬健次郎


【「ジプシー」物語】

(前略)「ジプシー」のプロデューサーのデヴィッド・メリックは、ジプシー・ローズ・リーの自伝の第一章を読んで、すぐに舞台化するための権利を買った。1959年の初演にママ・ローズを演じたエセル・マーマンは、「アニーよ銃をとれ」その他で知られたミュージカルのトップ・クラスの女優であったが、自伝を通読し、これこそ自分が夢にえがいた役だと宣言した。マーマンの演技は、歌手として、コメディエンヌとして、またドラマティック・アクトレスとして、彼女の過去の芸を集大成したものだと絶賛された。そのときのマーマンは50歳であった。「ジプシー」の台本を書いたアーサー・ロレンツ、作詞のスティブン・ソンドハイム、振付と演出のジェローム・ロビンズは、「ウエスト・サイド物語」のトリオである。ソンドハイムはその後「ア・リトル・ナイト・ミュージック」や「スウィーニイ・トッド」の作詞・作曲を担当し、今やアメリカのミュージカルで最も注目すべき存在である。「ジプシー」は1973年にロンドンで、1974年にはニューヨークで再演されたが、そのときママを演じたのが、のちの「スウィーニイ・トッド」のミセス・ロヴェットでみごとな演技を示したアンジェラ・ランズベリーである。


倉橋健
[PR]
by zatoumushi | 2008-02-19 23:40 | ▼プログラム▼

◆073“GYPSY”◆

★GYPSY(1959)
 ジプシー
(THEATRE ARTS / June,1962 収録)

アーサー・ロレンツ 作

Theatre Arts 刊

1962年 発行

25p〜56p

翻訳上演あり
[PR]
by zatoumushi | 2007-11-04 15:32 | ◆原語台本◆