日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
★RENT

@シアタークリエ 他

東宝 製作

2008年11月 7日〜12月30日(シアタークリエ)
2009年 1月 8日〜 1月12日(シアターBRAVA)

三演


【掲載内容】

Greetings / エリカ・シュミット 演出

ABOUT THE SHOW『RENT』誕生の軌跡をひも解く
   伝説の始まる前の、一つの喪失
   世界中に広がる『RENT』熱
   映像に残された21世紀の『RENT』
   『RENT』キーワード解説

『RENT』とあの時代、そして、死者の代弁者  / 北丸雄二

ROAD TO RENT 作品誕生の背景

INTERVIEW / エリカ・シュミット 演出
        デイビッド・コリンズ 美術
        ミシェル・R・フィリップス 衣裳


【Greetings】

なぜ『RENT』を"新たな演出"で上演するのか? ― 私がいつも真っ先に尋ねられるのがこの質問です。私はこう答えます ― なぜこれまで通りの方法でやらなければならないのですか?
このたびお届けする『RENT』は2008年に日本の皆様に向けて初めて、新たな翻訳により上演される、新キャストによるプロダクションです。(中略)
このプロダクションでは舞台装置も衣裳デザインも一新されました ― そう、新しい演出です。とはいえ、『RENT』であることに変わりはありません。私たちはこの作品の核となる部分にどこまでも忠実でありながら、自分たちなりの作品を作り上げることを目標としました。(中略)
日本の観客の皆様がこのプロダクションを温かく受け入れて下さることを願っています。これは間違いなく皆様のための作品です。どうぞお楽しみ下さい。

エリカ・シュミット 演出
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-09 00:00 | ▼プログラム▼
★レント

@東京芸術劇場 中ホール 他

レント・プロジェクト・ジャパン 製作

1999年 9月17日〜 9月18日(日本青年館)プレビュー公演
    9月22日〜 9月23日(中日劇場)
   10月 7日〜10月17日(シアター・ドラマシティ)
   10月21日〜11月 7日(東京芸術劇場 中ホール)

再演


【掲載内容】

ABOUT OF RENT

生きている RENT / 吉川徹

LA BOHEME / 佐藤友紀

『レント』という事実 / 松田直行

ニューヨーク、ロンドン そして日本 / 藪下哲司


【ニューヨーク、ロンドン そして日本】

(前略)ロンドン、日本、そしてニューヨークの「RENT」を見て感じたことは、これが引き金となってミュージカルに魅せられた新しい世代が確実に育っているということだった。ミュージカル界に与えた影響ははかり知れない。そして、3カ国を通じて日本の「RENT」が予想以上に頑張っていたことが一番の印象だった。今回の再演はさらにグレードアップしての登場と聞く。期待したい。

藪下哲司 スポーツニッポン新聞大阪本社文化部編集委員
[PR]
by zatoumushi | 2009-01-08 07:04 | ▼プログラム▼

▼209「レント」▼

★レント

@赤坂BLITZ 他

レント・プロジェクト・ジャパン 製作

1998年 9月24日〜10月 4日(赤坂BLITZ)
   10月 9日〜11月 1日(シアター・ドラマシティ)
   11月20日〜12月 6日(東京芸術劇場 中ホール)
   12月 9日〜12月11日(メルパルクホール福岡)
   12月19日〜12月20日(中日劇場)

初演


【掲載内容】

クリエイション・オブ・レント / デイビッド・リプスキー

RENT ジャパンの成立 / 吉川徹


【RENT ジャパンの成立】

RENT ジャパンのキャスティングは難航を極めた。この、技術的にも肉体的にもヘビーなロック・オペラを歌いこなすことの出来る才能を、どうしたら日本で集めることが出来るのか。(中略)
こうして数ヶ月にわたる作業の後、RENT ジャパンのメンバーが一同に会した。だが、彼等には最後の難関が待っていた。オリジナル・プロダクションのプロデューサーであるケビン・マッカラムとRENT ジャパン演出マーサ・ベンタとの顔合わせである。実はアーティスト達すべてには知らされていなかったことだが、米国サイドはこのキャスティングに対する拒否権を持っていた。もちろんその時点で、彼等は既にオーディション・ビデオにはすべて目を通している。しかし、目の前でRENTのナンバーを歌い、個別にインタビューを行った後、その結果がどうなるかは誰にもわからないことだった。
六本木の、とあるスタジオでの長い1日が終わった後、黙りこくったまま見つめる我々の前で、ケビンとマーサは顔を見合わせて微笑んだ。そしてこう言った。「すばらしいメンバーだ。ありがとう。」
そして、その日から、RENT ジャパンは動き出したのである。

吉川徹
[PR]
by zatoumushi | 2008-09-16 23:56 | ▼プログラム▼

▽167「レント」▽

★レント
 Rent

レボリューション・スタジオ/1492ピクチャーズ
/トライベッカ・プロダクション 作品

2005 製作

2006 公開

135 分

舞台→映画化
[PR]
by zatoumushi | 2008-08-17 00:21 | ▽パンフレット▽