人気ブログランキング |

日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi

2008年 02月 18日 ( 2 )

▼053「ジャック」▼

★ジャック
 シアター・アプル開場記念公演
 東京発、ブロードウェイ行き ミュージカルファンタジー

@シアター・アプル

コマ・スタジアム/ザ・アメリカン・ダンス・マシーン 共同制作

1982年 8月17日〜 9月26日

初演


【掲載内容】

メッセージ / 駐日アメリカ合衆国大使 マイク・マンスフィールド

日本のお客様に / アメリカン・ダンス・マシーン主宰者 リー・セオドア

株式会社コマ・スタジアム / 酒井肇

ニューヨーク州商務局主席局次長 / ネイテル・マチュラート

「ジャック」に寄せて / 野口久光

ブロードウェイと“ジャック”/ 大平和登

ジャック・コールのプロフィール

ジャック・コールの想い出 / アイリーン・シャラフ

ADMとリー・セオドアさん / 森洋三

ウェイン・シレント紹介 / 北川登園


【日本のお客様に】

日本は伝統と古来からの様式に対する深い尊敬の念を常に持ち続けてきました。これらの態度と超高度の圧力、即ち日本が他の全ての競争に勝ち抜かなくてはならない技術の世界、との間の対生は世界に対しインスピレーションの役を果たしてきました。陽の昇る国から今や、起源的には自国のものではない伝統に対する理解と評価が贈られてきました。このショー、「ジャック」は偉大なアメリカの芸術形式の創始者を描写し、いかに大衆が彼を当たり前の如く遇したかを語るものです。アメリカのシアター・ダンスの保存に献身するザ・アメリカン・ダンス・マシーンは日本の人々がアメリカの伝統保存を援助して下さることに感謝します。博品館劇場のジミー・伊藤氏、東宝株式会社の大原由紀夫氏、コマ・スタジアムの伊藤邦輔氏、酒井肇氏、北村三郎氏、東宝国際の大平和登氏に対し特別の感謝の意を表します。


アメリカン・ダンス・マシーン主宰者
リー・セオドア
by zatoumushi | 2008-02-18 23:30 | ▼プログラム▼

▼052「エビータ」▼

★エビータ

@日生劇場

日本ゼネラルアーツ・劇団四季 提携公演

1982年 3月 5日〜 4月28日

初演


【掲載内容】

MESSAGE メッセージ / ティム・ライス

『エビータ』に取り組む演出家 演出助手のメモより / 青井陽治

若き天才、ライス&ウェバーに魅せられて / 柳田邦男

幻想の“サンタクロース国家”/ 香山健一

ブエノスのエビータ / 藤松忠夫

時間の闇を生きた女たち / 辺見じゅん

生きているエビータ / 牛島信明

実在のエバとチェ


【MESSAGE】

劇団四季が、『ジーザス・クライスト・スーパースター』の輝かしい成功に引き続き、『エビータ』を日本で上演されることを、大変喜んでおります。また私共が、再び四季の皆様と一緒に仕事が出来ることを非常に嬉しく思います。チャーミングな久野綾希子さんは、素晴らしいエビータを演じて下さることでしょう。私も、共同製作者デビッド・ランドと共に訪日し、初日の舞台を拝見したいと思っております。アンドリュー・ロイド・ウェバーと私は、心からご成功をお祈りすると共に、必ず良い舞台を見せて下さるものと確信しております。

親愛をこめて

ティム・ライス
by zatoumushi | 2008-02-18 00:21 | ▼プログラム▼