人気ブログランキング |

日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:■和書■( 390 )

★皇妃エリザベートの生涯

マルタ・シャート 著

西川賢一 訳

集英社 刊

2000年 5月25日 発行

245p

\600


【目次】

   巻頭口絵
   両家系図

輝かしい軌跡を求めて
   バイエルンの公女
   若き皇帝夫妻
   ハンガリー王妃として
   美人皇妃ウジェニーとエリザベート
   夢想王ルートヴィヒ2世
   旅の明け暮れ
   音楽とのかかわり
   詩を書く皇妃
   マイヤーリングの悲劇
   カタリーナ・シュラット
   皇妃エリザベートの死

解説・エピソード編
   本編の補足記事37本
   訳者あとがき
   エリザベート詳細年譜
   人名・地名索引
by zatoumushi | 2008-08-27 21:00 | ■和書■
★皇妃エリザベートの真実

ガブリエーレ・プラシュル=ビッヒラー 著

西川賢一 訳

集英社 刊

1998年11月25日 発行

251p

\600


【目次】

1 若い皇妃の悩みごと
2 皇妃のワードローブ
3 儀式/髪の手入れ
4 ボディ崇拝と美容法
5 ダイエットへのこだわり
6 過激なスポーツ運動
7 病気・療法・薬剤
8 皇妃の芸術的才能
9 はてしない旅
10 旅行の準備と費用
11 不安・迷信・抑鬱
12 皇妃の最期
13 腹心の女官たち
14 記念像・資料館など

訳者あとがき
略歴つき人名索引
皇妃エリザベート年譜
出典および参考文献
by zatoumushi | 2008-08-27 20:44 | ■和書■
★皇妃エリザベート ハプスブルク家の涙

マリールイーゼ・フォン・インゲハイム 著

西川賢一 訳

集英社 刊

1996年 6月25日 発行

297p

\570


【目次】

第一部 旅から旅へ
1 夏の休暇
2 ヴィクトリア女王
3 ロンドンそしてベルモア城
4 嵐の渡航
5 ヴィルヘルム1世を訪ねる
6 ルートヴィヒの婚約問題
7 奇行を重ねるルートヴィヒ
8 フランツィとの再会
9 ゲデレーとルードルフ
10 思いわずらうシシー
11 銀婚式
12 ルードルフの結婚

第二部 しのびよる影
1 カタリーナとの出会い
2 ブルク劇場の出来事
3 カタリーナを訪ねる
4 ルードルフの論説
5 ノイシュヴァーンシュタイン城へ
6 不幸な王子
7 ヴェルサイユの亡霊
8 ベルク城のドラマ
9 コルフ島ふたたび
10 不審なルードルフ
11 マリー・ヴェッツェラ
12 マイヤーリング

エピローグにかえて
1 シシーの最期
2 シシーの略年譜

訳者あとがき
by zatoumushi | 2008-08-27 20:31 | ■和書■
★皇妃エリザベート

マリールイーゼ・フォン・インゲハイム 著

西川賢一 訳

集英社 刊

1996年 1月25日 発行

332p

\610


【目次】

第一部 バイエルンのシシー

第二部 ウィーン宮廷に入る

第三部 外へ、さらに遠くへ

訳者あとがき
by zatoumushi | 2008-08-27 20:14 | ■和書■
★エリザベート 美しき皇妃の伝説(上下)

ブリギッテ・ハーマン 著

中村康之 訳

朝日新聞社 刊

2005年 9月30日 発行(上)

2005年 9月30日 発行(下)

379p(上)

369p(下)

\800(上下)とも


【目次】

(上)
はじめに
第一章 バート・イシュルでの婚約
第二章 ウィーンの婚礼
第三章 新婚生活
第四章 逃亡
第五章 美容崇拝
第六章 ハンガリー
第七章 国家を代表するという重荷
系図

(下)
第七章 国家を代表するという重荷(承前)
第八章 猟犬の群を追う皇妃
第九章 妖精の女王ティタニア
第十章 鷲とカモメ
第十一章 ハイネの弟子
第十二章 「女友達」カタリーナ・シュラット
第十三章 ルードルフとヴァレリー
第十四章 オデュッセイア
解説 / 塚本哲也
年表
系図
by zatoumushi | 2008-08-27 20:06 | ■和書■
★エリザベート 愛と死の輪舞

ミヒャエル・クンツェ 原作

小池修一郎 著

角川書店 刊

1998年 8月25日 発行

283p

\480


【目次】

第一幕
 第一場 煉獄の裁判所〜ハプスブルク家霊廟
 第二場 ポッセンホーフェンの館(シュタルンベルガー湖畔)
 第三場 親族会議
 第四場 冥界〜エリザベートの部屋
 第五場 ウィーン王宮の謁見の間
 第六場 バート・イシュル
 第七場 天と地の間
 第八場 ウィーン・アウグスティナ教会
 第九場 シェーブルン宮殿の鏡の間
 第十場 エリザベートの寝室(ラクセンブルク宮殿)
 第十一場 天空
 第十二場 夫婦の絆
 第十三場 ハンガリー訪問
 第十四場 ウィーンのカフェ
 第十五場 エリザベートの居室
 第十六場 ウィーンの街頭
 第十七場 エリザベートの浴室の廊下〜控室

第二幕
 第一場 ブダペストのカテドラル
 第二場 ラビリンス(迷宮)
 第三場 ラビリンス(ゾフィーの謀議)
 第四場 王宮の食堂
 第五場 王宮のエリザベートの運動の間
 第六場 安らぎのない年月
 第七場 ウィーン近郊のある総合病院
 第八場 ラビリンス
 第九場 ハンガリー独立運動
 第十場 王宮の控の間
 第十一場 鏡の間
 第十二場 葬儀
 第十三場 ウィーンの街角〜ジュネーヴ・レマン湖畔
 第十四場 ハプスブルク家霊廟
 第十五場 ジュネーヴ・レマン湖畔の散歩道

あとがき

小池修一郎、または、「エリザベート」の新しさ / 萩尾望都
by zatoumushi | 2008-08-27 19:51 | ■和書■
★星の王子さま

サン=テグジュペリ 著

内藤濯 訳

岩波書店 刊

1971年12月10日 発行

162p

\240


【目次】

星の王子さま

あとがき
by zatoumushi | 2008-08-27 19:10 | ■和書■
★ダンサー・イン・ザ・ダーク

ラース・フォン・トリアー 作

石田泰子 監修

杉山緑 訳

角川書店 刊

2000年12月20日 発行

188p

\1600


【目次】

THE SELMA MANIFESTO/セルマ宣言
SYNOPSIS/あらすじ
CAST/主な登場人物
DANCER IN THE DARK/ダンサー・イン・ザ・ダーク
INTERVIEW/ラース・フォン・トリアー『ダンサー・イン・ザ・ダーク』を語る
PROFILES/プロフィール
by zatoumushi | 2008-08-27 18:55 | ■和書■
★バードケージ

エレイン・メイ 作

ロバート・ローディ 著

鴻巣友季子 訳

早川書房 刊

1996年11月15日 発行

302p

\560


【目次】

バードケージ

訳者あとがき
by zatoumushi | 2008-08-27 18:48 | ■和書■

■341「カルメン」■

★カルメン

プロスペル・メリメ 著

堀口大學 訳

新潮社 刊

1998年 3月20日 発行(29刷)

308p

\476


【目次】

カルメン
タマンゴ
マテオ・ファルコネ
オーバン神父
エトリュスクの壺
アルセーヌ・ギヨ

解説・年譜
by zatoumushi | 2008-08-27 18:41 | ■和書■