人気ブログランキング |

日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi

<   2008年 02月 ( 116 )   > この月の画像一覧

★ラブコール Bells are Ringing

@ヒビヤ芸術座

東宝 製作

1985年 3月 5日〜 4月29日

初演


【掲載内容】

心がミュージカルする楽しさを / 竹邑類

鳳蘭の人と芸 / 中内功

布施君のこと / 服部克久

ミュージカル今と昔 / 岩谷時子

「ラブコール」の周辺 / 小藤田千栄子


【ミュージカル今と昔】

演劇界も近年はミュージカルブームである。都心の二月、三月だけでも、『ラ・カージュオ・フォール』『コーラス・ライン』宝塚歌劇団の「ガイズ・アンド・ドールズ」そして『ラブコール』と、話題性に富んだミュージカルで客席が埋まっている。『ラブコール』を除いては、いずれも原題を、そのまま題名にしているというのも、ミュージカルが日本に定着し誰からも親しまれたことを物語っていると思う。(中略)
ほんの十五、六年前まで、ミュージカルは正に悪戦苦闘の時代だったのである。『王様と私』『南太平洋』『サウンド・オブ・ミュージック』『努力しないで出世する方法』などブロードウェイ・ミュージカルを東宝が上演するようになってからも、観客動員はきびしく、それでも挫けることなく現在のミュージカル時代を遂に迎えたことは、やはり感慨深いものがある。
そういう時代になったのだと言ってしまえばそれまでだが、ミュージカルを、ここまで押し上げて来られた東宝の前社長松岡辰朗氏、そして劇団四季の浅利慶太氏の情熱と力を、忘れることは出来ない。
初期のミュージカルから出発され『屋根の上のヴァイオリン弾き』で頂点をきわめられた森繁久彌さん、二十代に入ったばかりの若さで『王様と私』の王様を演じ『ラ・マンチャの男』にまで成長された松本幸四郎さんなど、思い出せばミュージカルの、かぎりなく懐かしい足音がきこえるような気がする。今後もミュージカルは、ますます愛好者がふえてゆくことだろう。
昨年、『デュエット』で華やいだ舞台を見せた鳳蘭さん、西城秀樹さん。この『ラブコール』で又、布施明さんというミュージカル・スターが誕生すると思えば、前途への夢は拡がるばかりである。
ミュージカルのスターになることは難しく、勝れた演技力と歌唱力と、踊れる身体を持ち、その上魅力がなければならない。スターの殆どは数十年の舞台経験があり苦労を重ねて来ている。ひとすじの精進のなかで、人生経験も又、そこはかとない味つけになっているのだと思う。(後略)


岩谷時子
by zatoumushi | 2008-02-23 15:38 | ▼プログラム▼
★ラ・カージュ・オ・フォール

@帝国劇場

東宝 製作

1985年 2月 3日〜28日

初演


【掲載内容】

ブロードウェイからのメッセージ
   原作者のことば / ジャン・ポワレ
   脚色者のことば / ハーベイ・ファイアスティン

最高の魔法の舞台!! / リンダ・ヘイバーマン

「ラ・カージュ」のシンプルな愛 / 青井陽治

「ラ・カージュ・オ・フォール」の魅力 / 淀川長治

楽しき哉! ブロードウェイ・ミュージカル
      「マイ・フェア・レディ」から「ラ・カージュ・オ・フォール」まで / 藤田洋


【最高の魔法の舞台!!】

『ラ・カージュ・オ・フォール』のブロードウェイ版オリジナル・キャストの稽古は、一九八三年四月十九日に始まりました。その第一日目から私には、この『ラ・カージュ』が特別なミュージカルであることがはっきり分かっていました。私はこの作品が大好きになって、以来ずっと『ラ・カージュ』を離れずにいます。
『ラ・カージュ』は、音楽もいい、台本もいいというめったにない作品です。その組合せが、スコット・サーモンの想像力豊かな振付とアーサー・ローレンツの見事な演出を得て、笑いと涙にあふれ、見る人すべての心を揺り動かすミュージカルを作り上げたのです。私は、『ラ・カージュ』こそまじりもののない最高の魔法の舞台だと思います。
日本で『ラ・カージュオ・フォール』を作る仕事は、とても面白く、報われることも多い経験となりました。プロデューサーとキャスト、スタッフの信頼と皆さんの才能と決意の力に助けられ、『ラ・カージュ』はどこの国でも、どこの国の言葉でも人を感動させる特別なミュージカルであることが証明できたと思います。関係者のみなさんに、こんなにすばらしい贈物を私に下さったことの御礼を申し上げたいと思います。

共同演出/振付
リンダ・ヘイバーマン
by zatoumushi | 2008-02-23 14:47 | ▼プログラム▼
★ガイズ&ドールズ

@宝塚大劇場

宝塚歌劇団 制作

1984年11月 9日〜12月23日

初演


【掲載内容】

ごあいさつ / 小林公平

“宝塚”十年ぶりのブロードウェイ・ミュージカル / 野口久光

ミュージカルと宝塚 / 青井陽治

『ガイズ&ドールズ』を創作した人たち / 川井秀幸

『ガイズ&ドールズ』について / 酒井澄夫


【ごあいさつ】

本日はようこそお越し下さいました。
宝塚歌劇七十周年の掉尾を飾ります今回の公演は、大地真央を中心とする月組が、ブロードウェイ・ミュージカル『ガイズ&ドールズ』の一本立てに挑戦します。
宝塚大劇場でこれまで上演致しましたブロードウェイ・ミュージカルは、昭和四十二年の『オクラホマ!』を初めとして、『ウエストサイド物語』『回転木馬』『ブリガドーン』と続き、今回は五本目でございます。
『ガイズ&ドールズ』は、デイモン・ラニヨン原作、エイブ・バローズとジョー・スワーリングの脚本、フランク・レッサーの音楽・作詞によるもので、一九五○年に初演されてから千二百回のロングランを記録したヒット作です。
翻訳は青井陽治先生、訳詩は岩谷時子先生を煩わせました。脚色・演出は酒井澄夫が担当します。
お話は、ニューヨークの賭博師と救世軍の娘との恋物語を明るく描いたもので、ウィットに富んだセリフや歌、そしてダイナミックなダンスナンバーなど、見どころの多い、粋で楽しいミュージカルでございます。
なお、来年二月、バウ公演を最後に退団する条はるきは、大劇場ではこれがさよなら公演となります。長い間の御声援を深謝致します。
それでは、最後までごゆっくりお楽しみ下さいますようお願い申し上げます。本日は、ご来場いただき、誠に有難うございました。


宝塚歌劇団理事長
小林公平
by zatoumushi | 2008-02-23 11:21 | ▼プログラム▼
★リトルショップ・オブ・ホラーズ

@博品館劇場

博品館劇場/翔企画 共同制作

1984年 8月 2日〜22日

初演


【掲載内容】

ご挨拶にかえて / ポール・ミルズ・ホームズ

『リトルショップ・オブ・ホラーズ』を創った人たち。/ 勝田安彦

BROADWAY / 勝田安彦

Bピクチャーのお楽しみ。/ 小藤田千栄子

僕は音楽監督。/ つのだ☆ひろ

オードリー2からのご挨拶 / 多比羅栄


【ご挨拶にかえて】

「リトルショップ・オブ・ホラーズ」は、ニューヨークで、ロングラン2周年記念日を迎えたばかりですが、それに引続き、この度日本でのデビューを飾ることが出来て、大変嬉しく思います。
この作品は、1982年、W.P.Aシアターで産声を上げ、以来、ロスアンジェルス、ロンドン、ノルウェー、デンマーク、イスラエル、そして南アフリカで、上演されています。この 3月には、クリーブランドで、全米公演の幕が、切って落とされました。更に今秋には、オーストラリアとパリでも、「リトルショップ」の開幕が、予定されています。
このミュージカルは、一人の青年と、彼が大切に育てる植物についての物語です。月並みなお話だとお思いになるかも知れませんが、この植物がひとたび口をきくようになると、物語は、別世界のものと化し、「ファウスト」的なドラマ展開の中から、青年は、自らの野望を遥かに越えた、巨大な富を手に入れるようになります。そしてこの物語は、我々にある重大なメッセージを突きつけて終わります。 ― 「植物にエサをやらないでください!」
日本では、俳優、デザイナー、技術スタッフ、制作スタッフの全員が、才能と献身的な姿勢に満ちており、彼らと一緒に仕事が出来たことは、私にとって大きな喜びでありました。彼らに心から謝意を表すると同時に、彼らもまた、私同様、今回の仕事を楽しみながらやり遂げて下さったものであることを願って止みません。


演出 ポール・ミルズ・ホームズ
by zatoumushi | 2008-02-22 22:24 | ▼プログラム▼
★デュエット They're Playing Our Song

@日生劇場

東宝 製作

1984年 5月 4日〜28日

初演


【掲載内容】

真のアーチストを得て / アレン・ベルナップ

ミュージカル「デュエット」のなりたち / 風早美樹

みんなに愛された変型バックステージ物
             『デュエット』の素晴らしさ / 青井陽治

西城秀樹「動」の個性の総仕上げ / 伊奈一男

鳳蘭 完全に一人の女優として / 宇佐見宜一

稽古場ルポ:二人芝居でニール・サイモンの世界 / 小藤田千栄子


【真のアーチストを得て】

「デュエット」は代表的なアメリカン・ミュージカルですが今回の東宝製作によるものは全く新しいオリジナル版です。斬新な装置デザイン、生き生きとした翻訳と訳詞、規律正しさや技術においてアメリカに全くひけを取らないコーラス。そして勤勉で熱心な才能溢れる二人のスターは真のアーチストの心意気を感じさせてくれます。私がこの芝居作りに興奮し楽しんだのと同様、観客に「デュエット」を心から楽しんで頂ければ幸いです。
異国で、しかも外国語で演出したのはこれが初めてです。この機会を私は光栄に思い、この貴重な経験を生涯大事にしていくつもりです。日本では数々の良い思い出とたくさんの新しい友達を得ることが出来ました。最後に、東宝の関係者、特にプロデューサー、スタッフ、そして私の通訳を精力的にこなしてくれたSamに感謝する次第です。


演出 アレン・ベルナップ
by zatoumushi | 2008-02-22 21:39 | ▼プログラム▼
★ボーイ・フレンド

@シアター・アプル

コマ・スタジアム 製作

1984年 3月10日〜 4月 2日

初演


【掲載内容】

ごあいさつ / 酒井肇

演出記 / 宮島春彦

ミュージカルの楽しさ!「ボーイ・フレンド」 / 風早美樹


【ごあいさつ】

本日はシアター・アプルにご来場いただき、誠にありがとうございます。
さて 3月10日から 4月 2日までは、ミュージカル「ボーイ・フレンド」の上演でございます。ミュージカル「ボーイ・フレンド」は1954年ロンドンで初演し、公演回数約2千回を越す大ヒット作品となり、その後ブロードウェイで公演され、これまたロングランとなった作品でございます。また1971年にはツィッギーの主演による映画化もされております。
古き良き時代を背景に今回の公演は美保純、沖田浩之のフレッシュなアイドル・コンビに加え、加茂さくら、中丸忠雄、田中明夫、関弘子のベテラン陣が回りをがっちりと固めます。その他、新鋭渋谷哲平、八幡いずみを始め、数百名のオーディションから選ばれたアンサンブルの男女18名が出演致します。スタッフには、訳・甲斐萬里江、訳詞・山川啓介、潤色・演出・宮島春彦、音楽監督・内藤法美、装置・朝倉攝、照明・沢田祐二、振付・謝珠栄、衣裳・小峰リリー、と一流の布陣で臨みます。
ミュージカル「ボーイ・フレンド」はミュージカル・ファンのみならず、ご家族お揃いでたのしんでいただけるものと信じております。重ねて本日御来場を感謝致しますとともに、今後ともますます良質の演劇をご提供できますよう努めて参りますので、何卒末永くシアター・アプルご愛顧下さいますよう、伏してお願い申し上げます。


昭和59年 3月
株式会社コマ・スタジアム
専務取締役
酒井肇
by zatoumushi | 2008-02-22 20:56 | ▼プログラム▼

▼060「キャッツ」▼

★キャッツ

@キャッツ・シアター


劇団四季 製作

1983年11月11日〜1984年11月10日

初演


【掲載内容】

ハングリー・キャッツ / 吉原幸子

猫の〈メサイア〉T・S・エリオットと四季の『キャッツ』 / 安東伸介

「キャッツ」は「子猫ちゃんのコーラスライン」ではないのだ / 安倍寧

いま、浅利さんが / 宇佐見宜一


【いま、浅利さんが】

横浜市のあざみ野に新設された“四季芸術センター”を訪れたのは、もう秋もかなり深まった頃だった。(中略)
まるで、数字の弱い私だが、このセンターを訪れて、つくづく肌身に感じたのは、劇団四季が、もはや、日本の新劇団のイメージを変えてしまった、ということであった。誤解されると困るが、演出家・浅利慶太は、ただの芸術家にとどまらず、演劇プロデューサーとして、これまでの新劇という概念のワク組みから、飛び出した存在になったというのが、私の正直に持った感想であった。新劇団が一つの企業体として歩み出した、といえば、このいい方には、多少の異議が出そうな気もするが、もちろん、これは、四季が、東宝とか、松竹といった興行資本と同じ形態をとっているという意味では、絶対にない。うまく、表現することのできない、ある種のもどかしさを抱いて、ものをいわざるを得ないのだが、浅利さんの存在は、もう一つの側面からみると一人の偉大なプロデューサーが、四季という劇団をリードしているということになるのでは、あるまいか。多少いいすぎを許してもらえるなら、あざみ野を訪れた私にとっての、いちばんの衝撃は、日本の演劇界に、やっと、プロデューサーの時代がやってきた、ということの実感であった。大げさにいえば、それは、新劇にとって、新しい時代の幕あけでもある、と思った。(後略)


宇佐見宜一
by zatoumushi | 2008-02-22 00:22 | ▼プログラム▼

▼059「シカゴ」▼

★シカゴ

@シアター・アプル

コマ・スタジアム/パピヨン/グレース 共同製作

1983年10月28日〜12月18日

初演


【掲載内容】

ご挨拶 / 酒井肇

上月昇:にじみでるバイタリティー / 和田秀夫

草笛光子:培われた演技力 / 和田秀夫

歌って、踊って、芝居して『シカゴ』の多彩なキャラクター / 麻生直

「シカゴ」の周辺 / 北川登園

ダンスの彼方に悪夢を見る:ボブ・フォッシー讃 / 竹邑類

ジーン・フットからのメッセージ / ジーン・フット

演出雑感 / 井原高忠

アプル実って一年半『ジャック』から『シカゴ』まで / 龍居竹之介


【ご挨拶】

本日はシアター・アプルにご来場いただき、誠にありがとうございます。昨年8月にこけら落しをしたシアター・アプルも皆々様の力強いご支援のおかげさまをもちまして順調な歩みをつづけております。改めて厚く御礼申しあげる次第でございます。
さて10月28日から12月18日までは、昭和58年度文化庁芸術祭参加作品としてミュージカル・ボードビル「シカゴ」の上演でございます。ブロードウェイの鬼才ボブ・フォッシーのオリジナル作品を演出・井原高忠、音楽監督・編曲・内藤法美、美術・朝倉攝、そして振付にボブ・フォッシーの片腕ともいうべきジーン・フットが参加し、更に衣裳はオリジナル作品の衣裳パトリシア・ジプロットのデザインを使用しております。出演者には草笛光子、上月昇、植木等をはじめ、小野ヤスシ、笹野高史ら芸達者が廻りを固めます。
この作品は1975年の春にフィラデルフィアのフォレスト劇場で初演され、さらに同年夏にはブロードウェイで再演され、連日超満員の盛況を博したミュージカルでございます。ミュージカル・ボードビル「シカゴ」は必ずや皆様方に喜んでいただける作品と信じております。重ねて本日のご来場を感謝いたしますとともに、今後ともますます良質の演劇をご提供できますよう努めてまいりますので、何とぞ末永くシアター・アプルをご愛顧下さいますよう、伏してお願い申し上げます。


昭和58年11月
株式会社コマ・スタジアム
専務取締役
酒井肇
by zatoumushi | 2008-02-21 23:29 | ▼プログラム▼
★ソフィスティケーテッド・レディーズ

@東京厚生年金会館 他

1982年10月22日〜

来日公演


【掲載内容】



しばらくお待ちください <(_ _)>
by zatoumushi | 2008-02-21 22:39 | ▼プログラム▼
★シェルブールの雨傘

@博品館劇場

博品館劇場 製作

1983年 6月 4日〜 7月31日

初演


【掲載内容】

日本初演にあたって / ジャック・ドミー

日本のみなさまへ / ミシェル・ルグラン

「シェルブールの雨傘」を演出して / 白井鐵造

ニューヨークで… パリで… そして東京で…
          “シェルブールの雨傘”上演のあゆみ / M.N

白井鐵造のスターづくりの巧みさ / 三浦時彦

白井鐵造・年表 / 「月刊ミュージカル社」提供

巨匠に捧げる… / 風早美樹


【日本初演にあたって】

“シェルブールの雨傘”は、ほぼ20年前に親友のミシェル・ルグランと私とで、夢とロマンの香り高い作品を創ろうと、情熱と愛情をこめて作り上げた作品です。当初は映画を念頭において、現代的なミュージカル(私たちはポピュラー・オペラと名付けました)を作ろうと思い、台詞をメロディーやリズムに乗せることに心血をそそぎ完成 ― 公開(上映)されるや、想像以上の反響を呼び、カンヌ映画祭でグランプリを始め数々の賞をいただき、喜びと興奮の日々でした。
数年後、ニューヨークの友人(プロデューサー)ナット・シャピロ氏より「なぜ舞台化しないのか?」と訊かれたのがキッカケとなり、ブロードウェイの上演が実現し、続いて生まれ故郷のパリの舞台に里帰りして私たちは大いに感激しました。
そして今回、「愛」をテーマにしたこの作品が日本の観客の皆さまの暖かい愛に迎えられることとなり、20年経った今日も舞台に生命を持ち続ける“シェルブールの雨傘”は、本当に幸せな作品だと、心から感謝しています。


1983年 5月
ジャック・ドミー
by zatoumushi | 2008-02-20 20:20 | ▼プログラム▼