日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:入門書 ( 34 ) タグの人気記事

★ミュージカルを楽しむ法

野口久光 箸

晶文社 刊

1997年12月25日 発行

299p

\2600


【目次】

心はいつもフレッド・アステア / 石塚克彦

〈1〉ミュージカルがやってくる
1 ミュージカルのたのしさ
2 ミンストレル・ショウにはじまる
3 オペレッタの全盛時代をつくった三人の作曲家
4 レヴューの王様、ジーグフェルド
5 『ショウ・ボート』がひらいた新しい道
6 『アニーよ銃をとれ』とアーヴィング・バーリン
7 パリのアメリカ人、コール・ポーター
8 『ポーギーとベス』とジョージ・ガーシュイン
9 ブロードウェイの王者、リチャード・ロジャーズ
10 ミュージカルの黄金時代をつくった二人
11 『三文オペラ』とクルト・ワイル
12 『マイ・フェア・レディ』と『ウエスト・サイド物語』
13 一九六○年代のヒット・ミュージカル

〈2〉もっとミュージカルを楽しみたい
14 なんでもミュージカルになる?
15 『屋根の上のヴァイオリン弾き』の素晴らしさ
16 『ジェローム・ロビンズ・ブロードウェイ』来日公演を見て
17 新世代の旗手、スティーヴン・ソンドハイム
18 ロンドン・ミュージカル、ブロードウェイを席巻す
19 オフ・ブロードウェイに魅せられて
20 オフ・ブロードウェイの冒険
21 レヴューの魅力
22 レヴュー映画の傑作ふたつ
23 なぜ、ミュージカル映画に傑作が少ないか
24 ミュージカル映画の最高傑作は『自由を我等に』
25 ミュージカルのプロデューサーとは?
26 ミュージカルは世界中の人々に愛される

〈3〉日本のミュージカルのために
27 めざせ、ブロードウェイ!
28 ケイジャンの人々とその音楽
29 『レイバー・オブ・ラブ』の奇跡
30 ミュージカルの魅力の秘密について考えよう
31 日本人がミュージカル好きになった理由
32 「ふるさときゃらばん」十年史

解説 ミュージカルはどんな藝能か / 喜志哲雄
作品名索引
人名索引
[PR]
by zatoumushi | 2008-09-08 20:13 | ■和書■
★ブロードウェイ・ミュージカル

井上一馬 箸

文藝春秋社 刊

1999年 5月20日 発行

238p

\720


【目次】

はじめに

ブロードウェイ劇場マップ

第1章 ブロードウェイの力強い復活(一九九○年代)

 ミュージカル・コラム 映画のミュージカル化作品

第2章 ロジャーズ&ハマースタイン(始まり〜一九五○年代)

 ミュージカル・コラム 宝塚によるブロードウェイ・ミュージカル

第3章 ブロードウェイの黄金時代(一九五○年代〜六○年代)

 ミュージカル・コラム 劇団四季によるブロードウェイ・ミュージカル

第4章 ロンドン産ミュージカルの時代(一九七○年代〜八○年代)

 ミュージカル・コラム ブロードウェイ・ミュージカル 私のベスト10

 トニー賞主要六賞受賞者・受賞作品一覧
[PR]
by zatoumushi | 2008-09-05 22:43 | ■和書■
★月刊ミュージカル 89年 2月号
(第6巻 第2号 通巻第49号)

三浦時彦 編集人

ミュージカル出版社 刊

1989年 2月 1日 発行

\600


【掲載内容】
〈ミュージカル時評48〉 変動する時代のなかで…
      劇団薔薇座『アパートの鍵貸します』を観て / 扇田昭彦
〈バラエティ時評38〉 期待される世紀のスーパー・コンサート
                           / 瀬川昌久
〈オペレッタ時評1〉最近のオペレッタ・ブームについて / 永井宏子
時の人〈SPECIAL INTERVIEW '89 No.1〉
 『アイ・ガット・マーマン』が芸術祭賞を受賞!
            演出家 宮本亜門氏の輝ける1988年〜1989年…

■特集:ミュージカル入門 Part 2■
ミュージカルはこの世でいちばん面白いもの!
   初歩的なミュージカルの楽しみ方を小藤田千栄子さんに訊く…
                  / 山内佳寿子 インタビュアー
対談:ミュージカル界へ乗り出したいと夢みている人のために!
                      / 立花香織 三浦時彦
東京の…ミュージカル劇場のご案内… / 山内佳寿子
ミュージカルと本格的に取り組みたいという若い人たちのための…
                ミュージカルの入門書 / 三浦時彦
〈復刻版(自伝『宝塚と私』より)私のミュージカル人生〉 連載第一回
                           / 白井鐵造

■ミュージカル公演劇評集■
(1)『カルメン』(青山劇場) / 立花香織
(2)『夢から醒めた夢』(銀座セゾン劇場) / 山内佳寿子
(3)『アパートの鍵貸します』(サンシャイン劇場) / 長門慧
(4)『ショーUP!・シャーUP!2』(ラフォーレ赤坂)/ 山内佳寿子
(5)『戦争と平和』(東京宝塚劇場) / 鶴岡英理子
(6)『ツーロンの薔薇』(宝塚バウホール) / 芥川紗由里

●台本掲載●
『ナンセンス』 ダン・ゴギン 作
        松岡和子 翻訳 高木達 翻案

●表紙●劇団四季のオリジナル・ミュージカル『夢から醒めた夢』

●カラー口絵●
東宝ミュージカル『カルメン』から
(大地真央・萩原流行・榎木孝明・紺野美沙子)
劇団四季ミュージカル『夢から醒めた夢』の保坂知寿と伊藤恵理
ラフォーレ・ミュージアム赤坂公演『ショーUP!・シャーUP! Part 2』から
三越劇場新春公演和風ミュージカル『さらら雪ざれの明日香へ』から
(瀬戸内美八・秋篠美帆)

●グラビア●
青山劇場公演『カルメン』の大地真央と萩原流行
劇団薔薇座公演『アパートの鍵貸します』再演の舞台から
PARCO劇場『ショーガール No.16』ラスト・ステージから
(木の実ナナ・細川俊之)
宝塚歌劇雪組バウホール公演『ツーロンの薔薇』より
(一路真輝・仁科有里)
新神戸オリエンタル劇場オリジナル・ミュージカル『ローマを見た!』
(中村繁之・長江健次)
[PR]
by zatoumushi | 2008-07-01 09:49 | ●雑誌●
★シャンソン
 文庫クセジュ532 現代知識の焦点

フランス・ヴェルニア&ジャック・シャルパントロー 著

横山一雄 訳

白水社 刊

1973年 4月 5日 発行

140p

\


【目次】

日本の読者に / ポール・アングールヴィン

訳者のまえがき



第一章 中世のシャンソン

第二章 十六世紀と十七世紀の宮廷シャンソンと街のシャンソン

第三章 啓蒙時代から革命の時代へ

第四章 現代シャンソンへ

第五章 あらゆる種類のシャンソン 一九三○年代

第六章 シャンソンの黄金時代 解放から《イェイェ》まで

第七章 シャンソンとマス・メディア 新しいアイドルたち

第八章 シャンソンはつづく

第九章 フランス・シャンソンの精神

参考書

人名・事項索引
[PR]
by zatoumushi | 2008-06-07 13:53 | ■和書■
★シャンソン入門

黒木達也 著

荒地出版社 刊

1965年 4月30日 発行

190p

\380


【目次】

1 シャンソンの鑑賞
     シャンソンとは何か
     音楽的な特性
     シャンソンの楽しみ

2 シャンソンの歩み
     中世の吟遊詩人たち
     シャンソン・ポピュレール
     カヴォとゴゲット
     キャフェ・コンセールの流行
     第一次世界大戦前後のシャンソン
     一九二○年代のシャンソン
     一九三○年代のシャンソン
     戦後の黄金時代
     最近のシャンソン

3 シャンソン歌手ものがたり

4 シャンソンの名曲

5 シャンソン・ア・ラ・カルト
     映画とシャンソン
     シャンソンの背景

6 シャンソン歌手一覧
     〈付〉シャンソン史年表

あとがき / 黒木達也
[PR]
by zatoumushi | 2008-06-06 23:27 | ■和書■
★シャンソンの為に

青山梓 編

創学社 刊

1957年10月10日 発行

319p

\380


【目次】

シャンソンの定義 / 蘆原英了

シャンソンの歴史 / 青山梓
 シャンソンとは シャンソンの起り 古代の音楽
 中世紀の音楽とシャンソン 当時のシャンソン シャンソンの成長
 シャンソンの歌われる場所 いろいろなシャンソン歌手
 日本での揺監期

日本のシャンソン誕生からブーム迄 / 菊村紀彦
 明治のこと 昭和の初め 戦争のさなかで 戦後 東京シャンソン協会

私達の創作活動 / 高橋定一郎
 戦後のころの思い出 シャンソンの創作へ 新しい試みとして
 最近のシャンソン界

日本のシャンソン界展望 / 浅野信二郎 安倍寧

フランスシャンソン界最近の傾向など / 倉重瞬介

パリーにて / 石井好子

シャンソンを歌う第一条“こころ” / 高木東六

シャンソンを学ぶ人々の為に / 藤本護

シャンソンの発音 / 佐藤美子
 大切にされているフランス語 シャンソン歌手と言葉
 日本語のデイクションとは 美しい日本語のシャンソンを

シャンソンの発音について僕はこう思う / 芦野宏
 実際の練習に当たって 美しい言葉の練習と共に 呼吸と姿勢
 声域と声換区 コールューブンゲン ソルフェージ コンコーネ
 楽典 合唱練習 リトミック

アクションなどについて / 橘かをる
 歌う場所とアクション 大きい劇場で 小劇場では その他のところで
 素養として

私のアクション / 深緑夏代

シャンソンの衣裳のこと / 越路吹雪

ラヂオ出演について / 淡谷のり子
 放送局のマイクロフォンのテクニック 健康と睡眠 自分の特徴
 仏蘭西語か日本語か

テレビ出演の注意 / 高英男
 肉体で歌う楽しさ レンズというメカニズム 演出者と歌い手
 メイキャップとコスチューム

舞台その他に於けるシャンソン歌手の動き方について / 高橋勇

伴奏楽団の編成について / 原孝太郎

楽団とシャンソンの伴奏 / 北村維章

シャンソンのピヤノ伴奏その他 / 寺島尚彦
 雰囲気とシャンソンの伴奏 シャンソンのリズム
 シャンソンは流れるものである 全体の流れを
 自分の教養が歌になる愛する心 伴奏にあたって 人間の表れ

楽団紹介

シャンソン演奏家

聴く人とシャンソン / 内野和男
 音楽会の聴衆 シャンソンと日本人 作者はだれか 聴く人は
 シャンソンのよりよき成長の為に

シャンソンを創る人々その他 / ひたわり・りょう
 作詩家 作曲家

シャンソンの家 / 大平操
 キャフェシャンソニュの経営の初めのころ レヂャン氏の登場
 軌道にのって シャンソンの家 シャンソン喫茶「ジロー」にて

シャンソン歌手

アナリーゼ / 青山梓

シャンソン徒然草
 シャンソンを歌う人に 作る人に 聴く人に / 倉重瞬介
 懐い出と夢と / びしょっぷ節子
 シャンソンへの願い / 宇井あきら
 或い青年のおはなし / 福本泰子
 シャンソン家タイプ / 谷秀夫
 或い日 / 戸川晶子

シャンソン・アラベスク / 音楽評論家ABC

シャンソン用語辞典 / 薩摩忠

邦人シャンソン家その他関係名称索引
[PR]
by zatoumushi | 2008-06-04 23:39 | ■和書■
★巴里のシャンソン

蘆原英了 著

白水社 刊

1956年12月15日 発行

403p

\450


【目次】

1 シャンソンとは?

2 シャンソンの歴史
   シャンソン・ポピュレエル
   キャフェ・コンセエル
   キャバレ
   ミュウジック・ホオル
   トウル・ド・シャン
   パリの小屋

3 シャンソンの種類とその歌手の種類
   A シャンソン・レアリストと、その歌手
   B シャンソン・ファンテジストと、その歌手
   C シャンソン・サンチマンタアルと、その歌手
   D シャンソン・ド・トルウピエと、その歌手
   E シャンソン・モノロオグと、その歌手
   F シャンソン・レジョナアルと、その歌手
   G シャンソン・ド・ジャンルと、その歌手
   H シャンソン・ア・ヴォワと、その歌手
   I シャンソン・ド・ヴァルス・ミュゼット或いは
     シャンソン・ド・ジャヴァとその歌手
   J シャンソニエ
   K ディズウル、ディズウズ

4 メロディとシャンソン

5 最近のシャンソン

6 シャンソン歌手

あとがき

索引
[PR]
by zatoumushi | 2008-06-03 00:05 | ■和書■
★シャンソン

高木東六 著

修道社 刊

1956年 3月15日 発行

355p

\330


【目次】

はしがき
シャンソンについての私の考え

思い出
 パリに惚れるの記
 古い日誌より
 シャンソンに惚れるの記
 キャフエーとマダム パリ庶民とは
 喪服のマダム
 雑貨屋のおじさんとおばさん
 坊やの願い
 三人の演奏家 カザルス、コルトー、チボー
 辻音楽師と背広
 聖カトリーヌ祭
 聖カテリンさまの賜りもの
 ミディネットの恋
 パリのミディネット

カジノ、ミュージック・ホールめぐり
 ダミア
 モーリス・シュヴァリエ
 ミスタンゲット
 ジョゼフィン・ベーカー

シャンソンと日本語
 シャンソンと日本語の宿命
 ヨーロッパのシャンソン
 十九世紀ドイツの作詞者
 封建的旋律
 クゥプレとルフランについて
 シャンソン・シャルムの例
 シャンソン・ファンテジィの例
 日本的作詞のリズム
 破壊したきもの
 作曲に関するぼくの場合
 歌われるための日本語とは
 作詞と作曲の運命
  シューベルトの歌曲
 シャンソン・ロマンティックの求めるもの
  曲が詞をリードするとき
 シャンソン・ファンテジィの求めるもの
  日本人とフランス人の好み
 作曲と歌の関係
 作詞と作曲の関係
 シャンソニエと作曲兼作詞家

特に言いたいこと
 日本のシャンソン歌手へ
 専門家になる勿れ
 プロを志す人へ
 自分に言い聞かせる

シャンソン歌手の略歴とレペルトワール その他
 パリのシャンソン界
 日本のシャンソン界

シャンソンの技法
 シャンソンの旋律
 シャンソンの和音
 シャンソンの伴奏

シャンソンに関する欧米語表

東六さんの夢 / 中島健蔵

ふろく・がくふ
 青木爽 作詞・高木東六 作曲 「ベレーのうた」
 西条八十 作詞・高木東六 作曲 「悲しきワルツ」
[PR]
by zatoumushi | 2008-06-02 23:35 | ■和書■
★バレエ ―バレエを愛する人のために―
 季刊 アルス・グラフ 第1集

蘆原英了 編集人

アルス 刊

1951年11月15日 発行

\280

【目次】

《別冊口絵写真》

《グラビヤ版 名作解説》
   レ・シルフィード
   ジゼル
   牧神の午后
   胡桃割り
   水晶宮
   美しきダニュウブ
   コチヨン
   第七交響楽
   白鳥の湖
   薔薇の精
   恋の試練
   若者の死
   プロメテの創造物
   眠れる森の美女
   奇妙な玩具店
   三角帽
   カルメン
   イカール
   シェエラザード
   火の鳥
   前兆
   舞踊学校
   ペトルウシュカ
   コッペリア
   パリのよろこび
   シンデレラ姫

《バレエ・テクニックの解説》
   足の基本的五つのポジシォン
   ポアント
   頭のポジシォン
   両腕のポジシォン
   プリエ
   ポアント・タンデュ
   アラベスク
   アチチュウド
   体の方向
   トオシュウズのはき方
   チュチュウ・クラシックとロマンチック

《記事》
バレエとは?
バレエの流派
近代バレエと古典バレエ
世界のバレエ団
   国際的バレエ団
     バレエ・リュッス
     バレエ・リュッス・ド・モンテカルロ
     オリジナル・バレエ・リュッス
     グラン・バレエ・デュマルキ・ド・クェバ
   フランスのバレエ界
     パリのオペラ座
     バレエ・・デ・シャンゼリゼ
     バレエ・ド・パリ
   イギリスのバレエ界
     サドラーズ・ウエルズ・バレエ
     バレエ・ランバード
     フェスティヴァル・バレエ
     インターナショナル・バレエ
   アメリカのバレエ界
     ニューヨーク・シティ・バレエ
     バレエ・シタアー
   ソヴェトのバレエ界
世界のバレエ界の人々
日本のバレエ界の人々
バレエ用語の解説
バレエ音楽のレコード
バレエ映画
初めてバレエを習うにはどのくらいかかるか
稽古場案内
あとがき
[PR]
by zatoumushi | 2008-04-07 03:18 | ●雑誌●
★ピーターとアンナのバレエ教室

ノエル・ストリートフィールド 箸

ケイコ・キーン 訳

文化出版局 刊

1979年10月 7日 発行

126p

\1500

【目次】

すいせんのことば / 小林紀子

序文

第1章 バレエ学校へ

第2章 基本レッスン

第3章 アンナとピーターの出会い

第4章 音楽について

第5章 バレエ鑑賞

第6章 歴史に残る踊り手たち

第7章 夏休み

第8章 ピーター・ラビットと仲間たち

第9章 パヴロヴァの時代

第10章 ウラノヴァ

第11章 イギリスのバレエ

第12章 ピーターの将来

第13章 もうすぐ11歳

第14章 バレエの物語

第15章 「ジゼル」

訳者あとがき
[PR]
by zatoumushi | 2008-04-06 17:09 | ■和書■