人気ブログランキング |

日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ:小林一三 ( 37 ) タグの人気記事

★戦後はどうなるか

小林一三 著

青年書房 刊

1938年 7月13日 発行

284p

\1.3


【目次】

口繪

序文

一、戦後はどうなるか
 一 不安の空気は一掃せり
 二 戦争はなぜ長引くか
 三 過去をして過去を葬らしめよ
 四 ファッショになる順序
 五 戦後はどうなるか

二、天佑なるかな北支事変
 一 暗い気分に閉ざされた國策論議
 二 北支事変と廣義國防計畫
 三 北支事変起らざりせば
 四 ファッショ的外科手術は身体の健康なるうちに
 五 北支事変は天佑なり
 六 小我を張るのは禁物だ
 七 帝政ロシヤの場合
 八 獨逸帝國の場合
 九 張作霖父子の場合
 一○ 力にのみ頼る勿かれ
     附一「天声人語」批評
     附二 北支事変天佑論

三、北支経済は如何に建設すべきか
     『北支興業組合』設立を中心として
     附 大東亜協會誌の批評

四、支那合衆国

五、北支開發、中支振興両社株式を軍事関係者に分割することの可否

六、戦時國債五十億円、百億円か

七、国債百億億円消化案の真意について
     附一「大阪毎日」批評
     附二「電日だより」の批評

八、北支事変と吾國の経済
 一 財界人の立場より
 二 戦争と物質
 三 蘇聯の統制経済に就いて
 四 支那事変の後始末は

九、北支問題と新資本主義
 一 新資本主義
 二 金融閥と資本閥
 三 戦争はやめられぬ

一○、國家と一蓮托生

一一、上海東洋銀行設立の急務
   上海國際金融指導者は東京か倫敦か、金融業者の奮起を希望す
  一 事変に対する金融業者の心構
  二 上海に於ける國際金融支配力の移動
  三 上海に特殊金融機関の設置

一二、資本主義強度の利用
  一 戦時財政はうまくゆくか
  二 財閥イデオロギーとは何か
  三 革新主義か資本主義か
  四 資本主義を如何に是正するか
  五 如何にして悪性インフレを避ける
  六 悪性インフレは防ぎ得る
  七 資本主義強度の利用ひ計れ

一三、北支経済建設理想案
     附 杉山平助氏の批評

一四、其後に來るもの
  一 長期抗日は打撃か
  二 日本のシヤハトを起用せよ

一五、北支を斯く開發せよ
  一 先づ法貨を決定せよ
  二 支那の紙幣は英國が整理する
  三 日系機関銀行を直ぐ作れ
  四 長期を覚悟で自力でやれ
  五 北支自身て賄へる組織が必要
  六 誰が北支経営を指導するか
  七 『北支興業組合』を提唱する
  八 組合基金の捻出策
  九 一應は軍費で賄へ
  一○ 北支大衆に仕事を興へる諸方策
  一一 軍政府に統制させよ
  一二 外資も自然に入って來る
  一三 國際収支の均衡もとれる
  一四 南京の法貨を圧迫してもよい
  一五 外貨の侵入を恐れる要なし
  一六 上海東洋銀行を作れ
  一七 東洋博覧會を北京で
  一八 支那國民に樂土を作ってやる気持

一六、官僚並に財閥の錯覚

一七、國策の一大転換を望む
  (平生氏の北支経済顧問就任に際して贈る言葉)

一八、國民に大覚悟を促す
  一 戦時すなはち常時
  二 國際収支の調節
  三 事変の永続とその後始末

一九、天の時を逸するな
  一 果たして國策ありや
  二 持てる國として
  三 戦時体制
  四 愛のない結婚

二○、青年に寄せる

二一、青年と大陸

二二、大陸経営と日本の将來
  一 北支の性格
  二 日支共同経営
by zatoumushi | 2008-05-09 06:47 | ■和書■

■249「宝塚漫筆」■

★宝塚漫筆

小林一三 著

阪急電鉄 刊

1980年 2月15日 発行

279p

\400


【目次】

宝塚漫筆
 まえがき
 宝塚生い立ちの記
 おもいつ記
 アーニイ・パイルの前に立ちて
 東京宝塚劇場の再開に憶う

随筆 奈良のはたごや
 奈良のはたごや
 女の手
 夫を信頼して
 賢こさうな馬鹿
 金儲けの秘訣
 蘇峰蘇峰徳富氏!
 平凡主義礼讃
 耳
 大会社の経営
 代議士
 新聞王国専制の大阪
 大阪行
 かるた会
 東京漫談
 怪奇を見た話
 私から見た私

あとがき
by zatoumushi | 2008-05-08 01:13 | ■和書■
★拍手のなかに プロデューサーのバラード

伊藤邦輔 著

毎日新聞社 刊

1983年12月 5日 発行

309p

\1400


【目次】

ぷろろおぐ

一、大プロデューサー小林一三
PART1
 SCENE1 開発プロデューサー
 SCENE2 演劇プロデューサー
 SCENE3 スポーツプロデューサー
 SCENE4 多角経営プロデューサー
PART2
 SCENE5 新しい日本文化を創るプロデューサー
 SCENE6 映画プロデューサー
 SCENE7 憂鬱のプロデューサー

二、《先輩》プロデューサー・ショッキング・ブラウン
 プロデューサー一年生
 事業課長・仁木積一との出会い
 広告と宣伝
 小林一三翁と阪急の不良少年

三、劇場プロデューサー
 ラクダの時代からライオンの時代へ コマ・スタジアムへの転進
 四人の大プロデューサー
 梅田コマ開場
 小林翁の死 新社長松岡辰郎への継承
 スター公演とミュージカル 本格的演劇プロデューサーとして

四、日本万国博プロデューサー
 傷だらけの日々 プロデューサーとしての自分との闘い
 万国博開催

五、地方の時代とプロデューサー
 ポートピア'81
 北摂ニュータウンと但馬観光開発
 大阪二十一世紀計画

えぴろおぐ

あとがき
by zatoumushi | 2008-05-08 00:58 | ■和書■
★偉才 小林一三の商法 その大衆志向のレジャー経営手法

岩堀安三 著

評言社 刊

1972年 9月30日 発行

335p

\880


【目次】

序文 / 吉岡重三郎

第一章 レジャー企業の商法
 四十兆円のマーケット……平均成長率二三%
 大衆本位の小林商法……「私の経営法」
 三越商法と小林一三……現金安売り掛値なし
 ダイエー商法と小林一三……上方商法と現場主義
 独創的なソロバンのはじき方……小林の合理主義
 合理主義の系譜……福沢諭吉と小林一三
 レジャー産業とレジャー経営……お客のコスト意識

第二章 箕面有馬電気軌道
 いもづる式経営……採算をカバー
 銀行に見切りをつけて……三井銀行退社
 PRの名人……「最も有望なる電車」
 唱歌とちんどん屋……箕面電車唱歌
 阿部真之助を立たす……サービス第一
 三つのチャンスをつかむ……資本家小林一三の誕生
 きれいで早くてガラアキ……神戸行急行電車

第三章 土地住宅経営と動物園経営
 鉄道は人力車夫……土地住宅経営の元祖
 箕面電車は“みみず電車”……月賦販売の元祖
 撤退の妙技……箕面自然動物園

第四章 宝塚新温泉と少女歌劇
 新温泉の客寄せ……宝塚少女唱歌隊
 成功の原因は何か……商業的観賞術
 マスコミとタイアップ……大毎慈善歌劇会
 旧式呉服店では勝てない……大劇場論
 続々と海外留学……レビュー「モン・パリ」
 シロウト成功論……宝塚植物園
 歌劇石けん大売出し……新温泉の商法

第五章 豊中グラウンドと後楽園
 全国高校野球大会……豊中グラウンド
 開催地を阪神に奪われる……阪急対阪神
 初期のプロ野球チーム……宝塚運動協会
 球場全体を広告塔に……後楽園スタジアム

第六章 食堂・ターミナルデパートの経営
 安く、うまく、心持が好い……食堂経営の大方針
 ソーライスとライスカレー……阪急名物
 スッポンの吸物……仕入れの秘けつ
 送迎と宣伝が不要……ターミナルデパート
 歩合制家賃で研究……白木屋梅田売店
 建増で漸増……阪急百貨店

第七章 第一ホテル経営の秘密
 二等寝台車の延長……事業としてのホテル経営
 旅費でおつりのくる料金……マーケット・リサーチ
 日本最初の全館冷房……高設備低料金

第八章 日劇の経営法
 大ヒット主義の失敗……赤字の日劇
 当たらなくてももうかる経営……さや取り主義
 良い設備で、安くて、良いもの……五十銭均一

第九章 東京宝塚劇場
 不景気のときに建てろ……東宝劇場設立
 事業としての劇場経営……東宝劇場
 キャラメル芸術……娯楽本位
 プール劇場……日比谷映画
 花柳界とのけんか(PR?)……有楽座
 さすがは松竹……無策の策

第十章 東宝映画と東宝株式会社
 小売商がもうからなければ……東宝百館主義
 失敗は授業料……日本のハリウッド
 競争が会社を強くする……東宝映画株式会社

第十一章 五島慶太と小林一三
 小林が五島をスカウト……目蒲電鉄
 小林一三の智恵……東横百貨店
 事業成功の秘訣……五項目

第十二章 東京楽天地
 人口盛り場……江東楽天地
 目覚ましい戦後の発展……温泉会館駅ビル

第十三章 東京テアトルの発展分析
 小林一三と東京テアトル……レジャー産業の草分け
 人材を集める……発展への糸口
 大衆レジャーの多角経営……映画・クラブ・ボーリング
 本当の株式会社……ジンクスの克服
 ジンクスを破る……ワン・スリー商法
 株式の公開……企業化への一歩
 キャバレー部門への進出……健康的な商売
 ボーリング場への進出……儲かる経営
 総合レジャービルへ進出……大衆への夢を実現
 営業の状況と財務諸表……大企業への脱皮

第十四章 レジャー経営とマスプロダクション
 レジャー経営とマスプロダクション……行動のレジャー

あとがき
by zatoumushi | 2008-05-07 20:15 | ■和書■
★『宝塚新芸座』記録

堤誠二 編

阪急電鉄株式会社広報室 刊

1991年 3月 発行

250p

非売品


【目次】

「宝塚新芸座」の創設者 小林一三翁

序 / 坂治彦 阪急電鉄株式会社常務取締役

宝塚新芸座名物「河内まめかち踊り」

歴代理事長

昭和38年元旦 宝塚新芸劇場の舞台で記念撮影

宝塚新芸座の歩み
 “宝塚新芸座道場”の創設
 小林一三翁の情熱と希望
 ◆宝塚歌劇男子研究生について
 旧・中劇場で“宝塚新芸座”発足
 劇場名を「宝塚新芸劇場」に
 大好評を受けた漫才学校
 歌舞伎役者 嵐三右衛門らの加入
 ワカサ・ひろしと蝶々・雄二
 大阪の北と南への進出
 東京宝塚劇場でも公演
 秋田実と漫才陣が脱退
 浮世亭歌楽と“宝塚新芸座”
 ◆宝塚落語会について
 女座長 初音礼子の入団
 一三翁の逝去と梅田コマへの進出
 ◆「宝塚新芸座友の会」について
 今東光と“宝塚新芸座”
 ◆今東光先生を偲ぶ(小林公平)
 宝塚ヘルスセンターで活気
 座付き作者 香村菊雄の活躍
 芸術創造の大志を抱いて
 創立十五周年を迎える
 花登匡と“宝塚新芸座”
 劇場を持つ劇団の良さ
 中日劇場でも「河内」旋風
 ◆テレビ放送ならびに映画出演
 小林米三社長の急逝
 創立二十周年記念公演
 宝塚新芸劇場での最終公演
 道頓堀朝日座で最後の幕
 その後のプロダクション活動

宝塚新芸座・公演一覧 付・プロダクション活動による出演

宝塚新芸座・座員名簿

あとがき / 堤誠二 元宝塚新芸座専務理事
by zatoumushi | 2008-05-05 18:58 | ■和書■
★大乗茶道記

小林一三 著

浪速社 刊

1976年 3月 1日 発行

436p

\9000


【目次】

序文 / 表千家 千宗左
     表千家 千宗室
     宮休庵 千宗守

昭和二十年

昭和二十一年

昭和二十二年

昭和二十三年

昭和二十四年

昭和二十五年

昭和二十六年

昭和二十七年

昭和二十八年

昭和二十九年

昭和三十年

昭和三十一年

昭和三十二年

逸翁茶会記(抄)

逸翁年譜

あとがき / 岡田利兵衛
       小林公平
by zatoumushi | 2008-05-03 13:28 | ■和書■
★芝居ざんげ

小林一三 著

三田文學出版部 刊

1942年11月15日 発行

574p

\3.2


【目次】

序 / 岡鬼太郎

映畫・演劇の進むべき道

思想戦と映畫及び演劇

映畫事業の説明

日本映畫の行くべき道

芝居ざんげ

劇壇うらおもて
 俳優争奪戦
 映畫非大衆論
 新作家歓迎の辞
 「吉田大八」始終
 大劇場は崩壊せず
 東寶劇場の現状
 東寶劇場の希望
 歌舞伎ところどころ
 二圓劇場・五十銭劇場
 芝居・映畫観たものあれこれ
 有樂座の新築開演に就て
 東寶専属俳優選択の方針
 學校組織による一案
 文藝部へ一言
 出發に際して
 欧米より帰りて
 聞き役の辯
 帝劇の経営
 築地と丸ノ内
 演劇の向上進歩この一途あるのみ
 「ボーギー」を観る
 東寶劇團の前途
 随筆「三角の雪」
 批評家と観察
 「葉隠記」感想
 東寶劇團初演
 「女人哀愁」試写會
 船上素描
 海外便り
 作家を優待せよ
 獨逸オペラの新傾向と新演出

劇界小話
 面白い芝居の見本
 女優生活
 私の芝居を見る心持
 私の夢!
 寶塚の渡米

米国の劇場
 所謂芝居商賣 劇場関係者のユニオン化
 芝居を出すこと
 俳優関係の事
 劇場所有主と劇場の支配
 演劇事業経営上の諸件に就いて

SS漫筆
 初舞臺千両役者
 三益愛子
 役者らしからぬ役者
 濃い口紅の女
 可愛い河合さん
 僕の緑壽さん
 夏川静江論
 朧月密會喜多村
 フランネルの單衣
 藝術的良心
 私の書畫
 入江たか子の顔
 勝太郎の昔
 稽古場風景
 心配無用
 今日と芝居
 洋畫輸入禁止に就て
 筋の分らぬ日本映畫
 明朗ならざる俳優たち
 世襲是か非か
 映畫・演劇とその統制
 自然に作られる國民歌
 「映畫監督聯盟」の提唱
 ステージシヨウ漫話
 青春角力日記
 歌舞伎激今昔
 トーキーと日本語
 よき日本映畫の生れざる理由
 男優の貧困
by zatoumushi | 2008-05-03 12:42 | ■和書■
★奈良のはたごや

小林一三 著

岡倉書房 刊

1933年 9月 8日 発行

247p

\2.2


【目次】

巻頭に

奈良のはたごや
女の手

夫を信頼して
賢さうな馬鹿
金儲の秘訣
蘇峰蘇峰徳富氏!
平凡主義礼讃

大會社の経営
代議士
新聞王國専制の大阪

國民劇の創成
民衆劇に就て
俳優教育の眞諦
黎明の時代
俳優解放
襲名是非
事業としての劇

大阪行
かるた會
東京漫談
怪奇を見た話
私から見た私
by zatoumushi | 2008-05-02 21:18 | ■和書■

■228「新茶道」■

★新茶道

小林一三 著

文藝春秋新社 刊

1952年12月15日 発行

280p

\220


【目次】


一、新茶道とは
二、新茶道問答
 茶會の現状
 お茶の家元
 茶道の新体制
 新しいお茶のゆき方
 實生活から遊離したお茶
 目黒のサンマ論
 茶粥と茶道
 簡素な茶會の見本
 道具茶の説明
 註:懐石私唱
 三千家々元の勢力
 東京のお茶
 家元の書付と税金
 家元の前途
 家元樂観論
 上方啓蒙
 箱書付の話
 箱書付問答
 茶道讀本
 茶道道場
 二種類に大別して
   第一種のお茶
   第二種のお茶
 簡素即茶道、藝術即茶道
 茶道師範
 名器什寶とは何ぞ
 明日の茶碗
 外人の茶道観
 墨蹟と水墨畫
 大阪美術館の壮學
   茶道美術の展観
   古畫、墨蹟、繪畫
   公平なる箱書付の問題
   不富利得の話
 現代茶人と業者
 外人の茶境
 茶室國寶論
 茶境とは何ぞ
 お茶と新畫
 外人の日本畫論
 耳で買ふ美術品
三、大衆茶會の常識作法
四、美術品と茶道
 國寶美術品と茶道
 右に対する批評
 國寶建造物の焼失
 大阪城の國寶問題
 美術品蒐集家の奨励
 地方的美術民藝館
 細川、黒川両美術館
五、商人の見た美術論
 不孤齋の歩いた道
 是非黒白論
六、前代未聞の茶會
七、文化財保護法をめぐって

編者註
by zatoumushi | 2008-05-02 20:55 | ■和書■

■227「雅俗三昧」■

★雅俗三昧

小林一三 著

雅俗山荘 刊

1946年12月25日 発行

421p

\23


【目次】

自序

呉城小景
東西美術工藝談
官僚論
高野山の夢
話の種
(一)新畫追憶の話
(二)俳幅の話
(三)借金しながら道具に溺るゝ話
(四)無茶な話
(五)抹茶便乗の話
(六)一つ覚えの話
大乗茶道記
(一)根津青山翁の思出
      その藝術的行動
      その最後の茶會
      『青山荘清賞』所感
(二)松永耳庵の二著
      『茶道三年』
      『茶道春秋』
(三)豊太閤黄金茶會記
(四)小美術館
(五)茶杓を削る人
(六)ひとりよがりの事
(七)前田侯爵と栖鳳畫伯の写生論
(八)茶道の新体制に就いて
(九)お茶會と食事との関係
(一○)三つの異なった問題
(一一)霊地高野山にのぼる
(一二)宮の下茶話
(一三)蕪村の肖像畫
(一四)其時其人の心境
(一五)美術品の価格
(一六)家元宗匠の責務
(一七)茶道の常識論
(一八)満而不溢観賞記
(一九)利休問答
(二○)國寶の建造物
(二一)三観院三百三十年遠忌記
(二二)關雪畫伯の逸話
(二三)新生日本美術の在り方
(二四)美術品の賠償問題
(二五)一休和尚の『自戒集』
(二六)虚偽の価格
(二七)茶會記
       名残の茶事『磯行龍』
       鴻池別邸の虫干展観
       大河内子邸みやま木の茶會
       春山荘蒐集の経巻
       大澤家無名庵追善のお茶事
       聚景閣御座船茶室
       仁阿彌作品の陳列
       惣庵追善茶事
       亀岡山般若苑の秋色
       國寶茶席慈光院保勝會發會式
       茶道練成道場
       宣春庵討入太鼓
       軍需産業将師の茶道観
       延命會二席
       植村以文堂追憶茶會
by zatoumushi | 2008-05-02 20:00 | ■和書■