日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:舞踊史 ( 14 ) タグの人気記事

★舞踊の美学的研究

小寺融吉 著

大河内書店 刊

1946年 9月 5日 発行

295p

\200

【目次】

序 / 小寺融吉

再刊にあたり / 清水和歌

第一章 原始的舞踊
1 原始的舞踊の第一期
2 原始的舞踊の第二期
3 舞踊の定義
4 大意

第二章 上古の生活と舞踊
1 狩猟の時代
2 農業の時代
3 悪霊の追放と戦争
4 芸術的舞踊の芽ばえ
5 大意

第三章 舞踊に対する観念の変化
1 舞踊神聖視の時代
2 舞踊の教育的意義高調の時代
3 ギリシヤ以後
4 大意

第四章 舞踊の様式の根本
1 歩く、走る、飛ぶ
2 行列と円形に歩く舞踊
3 衣服は動作を制限す
4 大意

第五章 体操的動作と身振り
1 体操的動作
2 身ぶり
3 衣裳、音楽、及び舞踊の内容
4 大意

第六章 足の動作の二様式
1 異常なる足の動作一
2 異常なる足の動作二
3 異常なる足の動作三
4 大意

第七章 腕の動作の均齊と対象
1 腕の動作の諸条件
2 動作の均齊と対象
3 胴と首と目の動作
4 大意

第八章 腕の動作
1 儀式的、象徴的動作
2 日常生活的動作
3 装飾的動作
4 大意

第九章 振付
1 舞装束と振付
2 持ち物と振付
3 振付の法則
4 大意

第十章 芸術としての舞踊
1 娯楽的価値と芸術的価値
2 舞踊と他の学問芸術との関係
3 将来の舞踊

あとがき / 河竹繁俊
[PR]
by zatoumushi | 2008-03-31 23:42 | ■和書■
★舞踊の世界を探る

ロデリーク・ランゲ 著

小倉重夫 訳

音楽之友社 刊

1981年11月25日 発行

245p

\2200

【目次】

序論

日本語版への序文

謝辞

第一章 舞踊とその起源 定義と見解

第二章 リズムと舞踊

第三章 運動 舞踊の素材

第四章 運動が舞踊になるとき

第五章 舞踊が芸術になる

第六章 舞踊 精神活動の伝達手段

第七章 舞踊の機能と形式

第八章 舞踊 人類文化の一要素

訳者あとがき
原註
参考文献
索引
[PR]
by zatoumushi | 2008-03-27 23:45 | ■和書■
★世界舞踊史

クルト・ザックス 著

小倉重夫 訳

音楽之友社 刊

1980年 3月20日 発行(第2刷)

559p

\4800

【目次】

序論

《第1部 世界の舞踊》

第1章 動き
 第1節 全般的特徴
 第2節 体と調和しない舞踊
   (1)純発作的舞踊
   (2)不純な発作的舞踊
 第3節 身体と調和する舞踊
   (1)伸張される舞踊
   (2)内閉される舞踊

第2章 主題と形式
 第1節 全般的特徴
 第2節 非象徴的舞踊
   (1)全般的特徴
   (2)護符舞踊
   (3)豊饒舞踊
   (4)加入舞踊
   (5)結婚舞踊
   (6)葬式舞踊と死者舞踊
   (7)戦闘舞踊
 第3節 象徴的舞踊
   (1)全般的特徴
   (2)アニマル・ダンス
   (3)豊饒舞踊
   (4)加入舞踊
   (5)葬式舞踊
   (6)武器舞踊
 第4節 二型式の混合
   (1)全般的特徴
   (2)豊饒舞踊
   (3)加入舞踊
   (4)武器舞踊
   (5)占星舞踊
   (6)仮面舞踊

第3章 様式と振付
 第1節 様式
   (1)個人舞踊
 第2節
   (1)分類
   (2)円の動き
   (3)螺旋的な円の動き
   (4)集団対面舞踊
   (5)場所を移動する集団舞踊
   (6)回帰舞踊
   (7)左と右
 第3節 組舞踊
 第4節 性

第4章 音楽
 第1節 自然の響き
 第2節 リズム的伴奏
 第3節 旋律と舞踊との関係

《第2部 各時代における舞踊》

第5章 石器時代
 第1節 石器時代
   (1)初期旧石器時代
   (2)中期石器時代(ピグミー族)
   (3)後期原始時代文化
 第2節 部族文化
   (1)新石器時代と初期部族文化
   (2)初期新石器時代文化と中期部族文化
   (3)新石器時代、金属時代と後期部族文化

第6章 見世物舞踊への発展と東洋文明
 第1節 主題と様式

第7章 古代から中世
 第1節 古典時代
   (1)ギリシャ
   (2)ローマ
 第2節 北方地域の古代と初期中世時代
 第3節 後期中世時代
   (1)恍惚舞踊の発展
   (2)初期吟遊詩人時代
   (3)吟遊詩人全盛時代

第8章 15世紀
 第1節 全般的特徴
 第2節 動き
 第3節 舞踊

第9章 1500年から1650年 ガリアルダ時代
 第1節 全般的特徴
 第2節 動き
 第3節 開放的組舞踊
 第4節 内閉的組舞踊
 第5節 集団輪舞

第10章 1650年から1750年 メヌエット時代
 第1節 全般的特徴
 第2節 動き
 第3節 組舞踊
 第4節 集団舞踊

第11章 1750年から1900年まで ワルツ時代
 第1節 ワルツ
 第2節 ポルカと相対舞踊
 第3節 集団舞踊
 第4節 興行舞踊

第12章 二十世紀 タンゴ時代

訳者のあとがき

索引
[PR]
by zatoumushi | 2008-03-27 22:33 | ■和書■
★バレエの歴史

フェルディナンド・レイナ 著

小倉重夫 訳

音楽之友社 刊

1974年 7月15日 発行

408p

\2800

【目次】

第一章 バレエの起源

第二章 シッドとモレスケ

第三章 王后のバレエ・コミック

第四章 宮廷バレエの変化

第五章 舞踊家の王ルイ十四世

第六章 改革者ノヴェール

第七章 ヨーロッパにおけるバレエの繁栄

第八章 イタリアのバレエ

第九章 ロマンティック・バレエ

第十章 ブラジスとサン・レオン

第十一章 マンゾッティからディアギレフまで

第十二章 ディアギレフのバレエ・リュッス

第十三章 バレエ・リュッス・ド・モンテ・カルロ

第十四章 フランスにおけるバレエ

第十五章 ドイツ表現主義と古典舞踊

第十六章 イギリスのバレエ

第十七章 ソヴィエトのバレエ

第十八章 アメリカ合衆国のバレエ

第十九章 世界のバレエ

あとがき
アメリカ合衆国のバレエ
日本のバレエ概観

主要参考文献
主要バレエ作品レコード表
人名索引
バレエ索引
年表
挿入写真一覧表
[PR]
by zatoumushi | 2008-03-26 19:07 | ■和書■
★バレエ 鑑賞のための入門

アーノルド・ハスケル 著

薄井憲二 訳

みすず書房 刊

1951年 9月25日 発行

246p

\370

【目次】

改版の序 / アーノルド・ハスケル

第一章 結論

第二章 歴史的背景

第三章 美学的背景
   一 舞踊家
   二 振付師
   三 音楽
   四 デコオル
   五 文學
   六 経済問題
   七 実際的な面から見た舞踊家の形成
   八 舞踊家の捌け口、即ちバレエ・クラブ、試験及び競技

第四章 近代バレエの創造者
   一 セルゲイ・ジヤギレフ 専制君主の統治
   二 アンナ・パブロワ 法則の例外

第五章 現代バレエの代表者
   一 ド・バジィル大佐 立憲君主の統治と現代ロシヤ・バレエ
   二 二ネット・ド・ヴァロワ
   三 マリイ・ランバアト
   四 フレデリック・アシュトン

第六章 鑑賞について 現在上演されるバレエの研究

第七章 鑑賞について 現代舞踊家評傳
   一 外国の舞踊家
   二 英國バレエ界

附記 一九三九年から一九四四年までのバレエ 發展の概要
     ナショナル・バレエ  マリイ・ランバアト  國際バレエ團
     ロシヤ・バレエ團  バレエ以外の一座=ラム・ゴパアル
     幕内の情勢

一般的なバレエ用語の図入解説

あとがき

索引
[PR]
by zatoumushi | 2008-03-23 21:00 | ■和書■

■124「舞踊史」■

★舞踊史
(新体育講座 第4巻)

小林信次 著

逍遥書院 刊

1960年 2月29日 発行

154p

\390

【目次】

まえがき / 編集者

まえがき / 著者

第1章 先史時代
 1 人類出現と身振り
 2 原始人と宗教
   (1)精霊と霊魂
   (2)禁忌と神聖
   (3)呪物崇拝
   (4)トータム崇拝
   (5)祭儀
   (6)宗教と踊り
 3 未開民族の踊り
   (1)狩猟舞踊
   (2)戦争舞踊
   (3)精霊と霊魂の踊り
   (4)トーテム崇拝と踊り
   (5)呪物崇拝と踊り
   (6)感情と踊り
   (7)青年式踊り
   (8)農耕舞踊
   (9)原始民族の踊りと未開民族の踊り
 4 遺跡と踊り
   (1)旧石器時代
   (2)中石器時代
   (3)新石器時代

第2章 古代
 1 エジプト
   (1)エジプトの歴史の展開
   (2)エジプトの宗教
   (3)宗教的舞踊
   (4)娯楽的舞踊
 2 旧約聖書と舞踊
 3 ギリシア
   (1)ギリシアの歴史と展開
   (2)ギリシアの宗教
   (3)宗教的舞踊
   (4)教育的舞踊
   (5)娯楽的舞踊
   (6)演劇的舞踊
 4 ローマ
   (1)ローマの歴史の展開
   (2)ローマの宗教
   (3)エトリアルの舞踊
   (4)ローマの宗教的舞踊
   (5)ローマの娯楽的舞踊
 5 東南アジアの舞踊
   (1)インドの舞踊
   (2)シナの舞踊
   (3)高句麗の舞踊
   (4)日本の舞踊

第3章 中世
 1 中世歴史の展開
 2 西洋の舞踊
   (1)支配階級の舞踊
   (2)農民の舞踊
 3 イスラム文化圏の舞踊
 4 東南アジアの舞踊
   (1)インドなどの舞踊
   (2)中国の舞踊
   (3)日本の舞踊

第4章 近代
 1 近代歴史の展開
 2 ヨーロッパの舞踊
   (1)宮廷舞踊
   (2)バレエ
   (3)モダンダンス
   (4)ドイツの学校体育と舞踊
   (5)フォークダンス
   (6)社交ダンス
   (7)レビューとミュージカル
   (8)戦争と舞踊
 3 アメリカの舞踊
   (1)スクエアダンス
   (2)バレエ
   (3)モダンダンス
   (4)ミュージカル
 4 日本の舞踊
   (1)歌舞伎舞踊
   (2)日本舞踊
   (3)西洋舞踊
   (4)ミュージカル
   (5)学校のダンス
   (6)その他の舞踊

第5章 現代
 1 現代歴史の展開
 2 現代の舞踊の分化
 3 世界の芸術舞踊界
   (1)バレエ
   (2)モダンダンス
   (3)民族舞踊
 4 世界の娯楽舞踊界
 5 日本の芸術舞踊界
   (1)バレエ
   (2)現代舞踊
   (3)日本舞踊
 6 外国舞踊家の来演
 7 舞踊協会などの発足
 8 学校ダンスと児童舞踊
 9 娯楽舞踊
10 舞踊の新領域への進出

索引
参考文献
著者紹介
[PR]
by zatoumushi | 2008-03-15 20:34 | ■和書■
★舞踊美の探求 舞踊理論と指導法

松本千代栄 著

大修館書店 刊

1957年11月20日 発行(再版)

406p

\650


【目次】

自序

前編 舞踊美の探求

第1章 ダンスの歴史的展望
   1 まえがき
   2 原始
   3 古代
   4 中世
   5 文芸復興
   6 近世 
   7 現代
第2章 舞踊美の特質
   1 美とは何か
   2 美的感情
   3 諸芸術と舞踊
第3章 表現の構造
   1 構造の概要
   2 全体性と分脈
   3 人的要因
   4 運動要因
   5 空間要因
   6 時間要因
   7 形成要因
第4章 表現と効果(その1)
   1 舞踊と音楽
   2 リズム
   3 舞踊のため音楽の知識
        新しい音楽と舞踊
        音楽の形式
   4 舞踊のための即興演奏
第5章 表現と効果(その2)
   1 舞台装置
   2 色彩とデザイン


後編 教育への活用の変遷

第6章 日本における舞踊の変遷
   1 指導要領の改変
   2 近代日本の舞踊界
第7章 舞踊の教育的意義
   1 舞踊は身体による美の形成である
   2 舞踊は新しい美的経験による自己形成である
   3 舞踊は身体的美的経験によって生活を高揚させるものである
第8章 発達と指導
   1 発達の一般的特質と指導の要点
        概括
        幼児期
        小学校期
        中学高校期
   2 基礎的資料
        舞踊の経験
        表現の題材
        二つの指導法
   3 創作指導
        指導の手順
        練習法
第9章 学習指導のための資料
   1 表現のためのシナリオ
        幼児のためのおはなし
        小学校低学年のためのお話
        小学校中学年のためのお話
        小学校高学年のための物語
        中学生のためのシナリオ
        高校生大学生のためのシナリオ
   2 基礎練習
        集団対集団の練習
        個人対集団の練習
        個人対個人の練習
        個人の練習
第10章 指導上の諸問題
   1 行事とダンス
        運動会の功罪
        運動会ダンスの指導例
        学芸会をめぐって
   2 既成作品の価値
   3 フオークダンスの指導
   4 女子体育の盲点とその対策

参考文献

索引
[PR]
by zatoumushi | 2008-03-15 12:54 | ■和書■
★舞踊の文化史

邦正美 著

岩波書店 刊

1968年10月20日 発行

193p

\320


【目次】

はじめに

1 原始時代と古代文明国の舞踊
 (1)舞踊のおこり
 (2)原始社会の舞踊
 (3)舞踊を神聖視した時代
 (4)古代ギリシアでは教育のために

2 中世の庶民生活と舞踊
 (1)キリスト教会の舞踊禁止
 (2)苦しい生活とフォーク・ダンス
 (3)舞踊狂と「死の舞踊」
 (4)東洋舞踊と西洋舞踊のちがい

3 芸術舞踊の発生
 (1)宮廷舞踊から舞台舞踊へ
 (2)舞踊と「舞踊音楽」の関係
 (3)キャラクター・ダンスと専門家のはじまり
 (4)芸術舞踊はいつ頃から

4 バレエと貴族芸術
 (1)貴族の舞踊生活と耽美主義
 (2)バレエの史的背景
 (3)バレエの構造と変遷
 (4)古典バレエとモダン・バレエ

5 近代舞踊革命
 (1)「型」からの解放と身体文化
 (2)西洋の保守性と反逆
 (3)舞踊観賞の形式と表現主義
 (4)ダンカンと二十世紀の初頭

6 芸術思想の飛躍と現代の舞踊
 (1)ラパンと戦後派の活躍
 (2)舞踊家の社会的地位
 (3)現代舞踊の思想と流派
 (4)新しい舞踊と日本の混乱
[PR]
by zatoumushi | 2008-03-15 10:00 | ■和書■

■119「舞踊」■

★舞踊

邦正美 著

杏林書院 刊

1954年 9月15日 発行

180p

\400


【目次】

第1篇 芸術以前の舞踊
 まえがき
 第1章 原始時代の舞踊
   第1節 舞踊の起こり
       本能と舞踊
   第2節 自然と動物の舞踊
       模倣舞踊のはじまり
   第3節 生活の舞踊
       狩猟舞踊とトーテム舞踊
       戦闘舞踊と武器舞踊
       祈祷舞踊と魔法舞踊
   第4節 伴奏と形式
       伴奏音楽のはじまり
       円の舞踊と線の舞踊
 第2章 文明國の舞踊
   第1節 神聖な舞踊
       宗教と舞踊の関係
   第2節 教育のための舞踊
       ギリシャ舞踊と体育舞踊
   第3節 踊るための舞踊
       娯楽舞踊のはじまり
       フォークダンス
       スクエアダンス
       宮廷舞踊と社交ダンス
       死の舞踏と舞踊狂

第2篇 芸術舞踊の発生
 まえがき
 第1章 広義の芸術舞踊
   第1節 観るための舞踊
       専門家のはじまり
       キャラクアターダンス
   第2節 バレー
       バレーとは何か
       バレーのテクニック
 第2章 近代舞踊革命
   第1節 バレーの終末
       バレーの形式化
       ロシヤバレー
       モダンバレー
   第2節 型よりの解放
       人間性の解放と自然運動
   第3節 イサドラ・ダンカン
       舞踊詩
       ロイ・フラーと印象主義
 第3章 創作舞踊の確立
   第1節 自然と芸術の法則
       言葉の奴隷
       サカロフ夫妻
   第2節 モデルタンツまでのノイエタンツ
       新しい舞踊
       裸足の舞踊と舞踊靴
       表現舞踊と審美的舞踊
   第3節 ラバンとヴィグマン
       創作舞踊
       モダンダンス

第3篇 舞踊の方法論
 まえがき
 第1章 舞踊の本質
   第1節 舞踊とは何か
       身体と肉体
       物体と舞踊
   第2節 自然運動
       運動の種類
       体育的な運動
   第3節 空間概念
       舞踊美
       空間運動と個の運動
 第2章 舞踊の基本科目
   まえがき
   第1節 舞踊身体育成法
       基本練習との相違
       運動の法則とテクニク
   第2節 空間形成法
       空間感の教育
   第3節 即興
       律動と運動
       劣等感と運動
   第4節 リズム
       動きのリズム
       リトミック
   第5節 舞踊形式論
       四単位形式
       ロンドとカノン
       シメトリー
       コントラスト
   第6節 動きのスケッチから創作実習まで
       モティフの把握
       舞踊史と舞踊美学
       参考作品

第4篇 舞踊の構造と観賞
 まえがき
 第1章 舞踊の表現
   第1節 内容と形式
       形式は内容を規定する
   第2節 表現技術
       表現と説明
       舞踊的パントマイム
   第3節 群舞
       ゲマインシャフト
       動きの合唱
       マスゲーム
 第2章 創作の過程
   まえがき
   第1節 舞踊的イメージ
       運動の理想と体験
   第2節 舞踊形成の順序
       モティフとテーマ
       内容は形式を規定する
   第3節 伴奏音楽と振附
       無音楽舞踊
       舞踊音楽とコレオグラフ
 第3章 舞踊観賞
   第1節 舞踊会
       ディヴァティスマン
       衣裳と照明
   第2節 観賞の根拠
       内的模倣
       感情移入
   第3節 観賞と批評
       批評の創造性

第5篇 舞踊の研究
 まえがき
 第1章 舞踊研究の目的と範囲
   第1節 何のために研究するのか
       舞踊専門家と職業舞踊家
       教育と舞踊の関係
       再現芸術
   第2節 舞踊家になるには
       舞踊的資質
       舞踊研究
       舞踊家の分野
 第2章 舞踊活動
   第1節 教養と舞踊
       教養の意義
       レクリエーション
   第2節 ライエンタンツ
       舞踊とクラブ活動

あとがき
[PR]
by zatoumushi | 2008-03-15 09:20 | ■和書■
★教育舞踊 理念と方法論
―学校舞踊の基礎理論と指導法―

邦正美 著

万有社 刊

1950年 2月 4日 発行

196p

\230


【目次】

まえがき

第一章 序説
   第一節 責任なき教師
   第二節 根本的な欠陥
   第三節 制度上の問題

第二章 過去の舞踊教育の諸型態
   第一節 理念と型態
   第ニ節 専門家のための教育
   第三節 娯楽を目的とするもの
   第四節 教養のための舞踊教育
   第五節 健康と美を求めて

第三章 舞踊の教育的理念
   第一節 古代ギリシャの舞踊教育
   第二節 学校舞踊の根本課題 その一
   第三節 学校舞踊の根本課題 そのニ
   第四節 教育舞踊の理念

第四章 正しい舞踊の知識
   第一節 舞踊はどうして出来たか
   第二節 舞踊と体育の交流
   第三節 舞踊の本質は何か
   第四節 舞踊家の舞踊と学校舞踊

第五章 教育舞踊の方法論
   第一節 舞踊創作に至るプロセス
   第二節 体育的目標
   第三節 律動教育的目標
   第四節 空間形成の能力
   第五節 表現と情操教育
   第六節 即興能力
   第七節 創作と観照

第六節 残された問題
   第一節 学習計画と参考作品
   第二節 研究と指導
   第三節 運動会と学藝会
   第四節 ライエンタンツ
   第五節 質問と答
[PR]
by zatoumushi | 2008-03-14 21:34 | ■和書■