人気ブログランキング |

日本のミュージカルのために。。。


by zatoumushi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

タグ:Ethel Merman ( 5 ) タグの人気記事

★月刊ミュージカル 94年 3月号
(第12巻 第3号 通巻第110号)

瀬川昌久 編集人

ミュージカル出版社 刊

1994年 3月 1日 発行

\700


【掲載内容】

〈SPECIAL INTERVIEW〉 ときに激しくときに優しく
      華麗な舞台に魅力を放つ宝塚雪組のトップスター 一路真輝…
〈ミュージカル時評108〉 マーマンそっくりショーの迫力
       『エセル・マーマンズ・ブロードウェイ』 / 扇田昭彦
〈ヴァラエティー時評75〉エセル・マーマン・ショウと大浦みずきのジャズ
                           / 瀬川昌久
〈小藤田千栄子のミュージカル・ダイアリー42〉
  ロンドンでは『キャバレー』がいちばんだった / 小藤田千栄子
 『ピアフ』ピカデリー劇場『スウィーニィ・トッド』リトゥルトン劇場
 『キャバレー』ドンマー・ウェアハウス
 『サンセット大通り』アデルフィ劇場
 『ウィンド・イン・ザ・ウィロー』オリヴィエ劇場
 『風と共に去りぬ』宝塚歌劇団 『星空に散る』松竹+三生社
 『エセル・マーマンズ・ブロードウェイ』来日公演
 『クレイジー・フォー・ユー』劇団四季 『月食』スフィア
 『ラ・カージュ・オ・フォール』東宝
〈萩尾瞳のミュージカル・ハイライト24〉
    おすすめの映画、話題の2作品 / 萩尾瞳
   扇田さんの『ビバ!ミュージカル!』
   ウーピーの『天使にラヴソングを2』
名作ミュージカルへの招待:第3回『オン・ユア・トーズ』/ 本田浩子
〈SPECIAL INTERVIEW〉'93年度ミュージカル・タレント第一位
  劇団四季の加藤敬二『クレイジ-・フォ-・ユ-』のボビー役で観客を魅了
キムからイライザへ レア・サロンガの『マイ・フェア・レディ』/ 川上博
『奇妙な果実』の木村光一と前田美波里 / 瀬川昌久
「ニューヨーカー」の宝塚紹介(9)最終回 1992年 9月28日号 / 川井秀幸

■特集:〈音楽座特集 No.3〉躍進を続ける音楽座ミュージカル■
さわやかに、音楽座  / 河地四郎
“団体賞”に拍手!! / 橋本与志夫
音楽座はこれからが面白い 多彩なレパ-トリ-と新人の活躍 / 金丸弘美
'93年度アーチスト・ベストテン第一位の横山由和氏に訊く
 一作ごとに新たな変貌を遂げる音楽座作劇方法の秘密とは / 秋山貴志
新作『泣かないで』に出演の若手俳優たちのオンとオフ / 秋山貴志

■ミュージカル公演劇評集■
(1)『エセル・マーマンズ・ブロードウェイ』(パルコ劇場)/ 永井宏子
(2)『月食』(アートスフィア) / 萩尾瞳
(3)『照手と小栗』(名古屋芸術創造センター) / 永井宏子
(4)『ラ・トルメンタ』(宝塚バウホール) / 山内佳寿子
(5)『二人だけの戦場』(日本青年館大ホール) / 大和哲夫

●表紙●音楽座ミュージカル『泣かないで』の今津朋子と畠中洋

●カラー口絵●
'93年上演の音楽座ミュージカルの作品群『アイ・ラブ・坊ちゃん』
   『リトル・プリンス』『シャボン玉とんだ宇宙までとんだ』
   『とってもゴースト』『マドモアゼル・モーツァルト』
宝塚雪組公演 ミュージカル『ブルボンの封印』
宝塚雪組公演 ミュージカル・ショー『コート・ダジュール』
タップダンス・ミュージカル『ザ・パッチー・ジャケット』
ミュージカル女優レア・サロンガ

●グラビア●
宝塚雪組のトップスター 一路真輝
宝塚雪組公演『二人だけの戦場』
宝塚の『風と共に去りぬ』
『THE CONVOY SHOW』
地人会公演『奇妙な果実』の前田美波里
by zatoumushi | 2008-10-07 00:17 | ●雑誌●
★ブロードウェイ・タイムズ April / May 1994
(Vol.1 No.08 通巻8号)

伊藤淳 編集人

アーツ・ウィング社 刊

1994年 4月25日 発行

\1000


【掲載内容】

鈴木淳子のニューヨーク芝居散策:ブロードウェイ・ダイアリー Apr,1994
  魔法の舞台 ハイトナー版『回転木馬』
  物足りなさを感じるリバイバル『くたばれヤンキース』
  二大スターの共演 完売のプレイ『ノー・マンズ・ランド』
  デビッド・アイビスの不思議な世界『オール・イン・ザ・タイミング』
  小さな素敵な作品 オフのプレイ『アラビアン・ナイト』
  イギリス美術界の裏を見たMTCの『スリー・バーズ〜』
  サークル・レップの新作2作 新進脚本家のデビュー作
  人気の『アヴェニューX』アカペラ・ミュージカル
  TKTS最新情報*異常人気のプレイ 4000人がキャンセル待ち

New York 発 最新エンターテイメント・ニュース
  プレイとミュージカルに別れる今年度のトニー賞最優秀リバイバル賞
  『シラノ』、ついにクローズ*『レ・ミゼラブル』2845回の公演
  グッドスピードの『キス・ミー・ケイト』
  『シェナンドー』リバイバル
  LAの『サンセット〜』次のノーマは誰だ?
  クリストファー・プラマーの一人舞台
  『クリスマス・キャロル』コンサート・ミュージカルとして登場
  ブロードウェイの新ヒギンズ マイケル・モリアーティ
  『ジョージの恋人』10周年記念コンサート
  『メリリー・ウィ・ロール・アロング』久々のリバイバル
  『秘密の花園』テレビ放映延期*サンディ・ダンカン in『南太平洋』
  キャシー・リグビー in『南太平洋』

《「ニューヨーク・タイムズ紙」記者が送る、最新ニューヨーク情報》
『今、劇場で……』By グウィン・ジョー・チン Story 8
  見事に現代に甦った『回転木馬』
  素晴らしきパーカッションの世界『ストンプ(Stomp)』
  オノ・ヨーコが発表した『ニューヨーク・ロック』

Coffee Break
  ロイヤル・アルバート・ホールでクラプトンを観る
  ミニ・インフォーメーション

今月の特集:ミュージカル上演の裏側を探る
《日本における B'way ミュージカル上演権許諾の仕組み》
「新興ビジネス B'way ミュージカル上演権許諾会社
  その活動内容を徹底紹介 華やかなミュージカルの舞台裏に迫る!」
【アイ・エム・アイ 株式会社インターナショナル・ミュージカルス】
【東宝音楽出版株式会社】
(1)どんな会社(2)設立の経過(3)業務内容(4)上演権の具体的検知
(5)アマチュア演劇集団への上演活性化の配慮(6)著作権料算出の仕組み
(7)上演権取得の手続き方法(8)上演権許諾の現状
(9)日本のミュージカル・ファン、ミュージカル製作会社へのメッセージ

大平和登のブロードウェイ・Broadway No.007
『春のシーズン始動 激寒の冬終わり、NYエンターテイメントの春開花』
  現代アメリカ舞踏界の鬼才 エリオット・フェルドの新作
  シティー・センター・コンサート第一弾『フィオレロ!』
  安定感あるハイトナー演出作品 リバイバルの『回転木馬』
  10組の愛のデカダンス 新作の『ハロー・アゲイン』

連載記事:没後10周年特別企画
「エセル・マーマンの伝説は終わらない 4」
  HELLO,DOLLY! FINAL CURTAIN

演劇関係書とCDの紹介

今月の劇評:“Damn Yankees”『くたばれヤンキース』
        by David Richrds The New York Times March 4,1994
      “Carousel”『回転木馬』
        by David Richrds The New York Times March 24,1994
by zatoumushi | 2008-09-21 11:39 | ●雑誌●
★ブロードウェイ・タイムズ February 1994
(Vol.1 No.07 通巻7号)

伊藤淳 編集人

アーツ・ウィング社 刊

1994年 2月25日 発行

\18000(会員制年間購読料)


【掲載内容】

鈴木淳子のニューヨーク芝居散策:ブロードウェイ・ダイアリー Feb,1994
  問題多いミュージカル『シラノ』
  オフの新作ミュージカル『ハロー・アゲイン』
  クシュナーのオフ作品『ザ・イリュージョン』
  ボコジアン・カムバック オフのソロ・パフォーマンス
  故・劇団創設者の脚本舞台化 リディキュラス・カンパニー作品
  名優主演のランダバウト作品 2月末まで

New York 発 最新エンターテイメント・ニュース
  シティ・センターのコンサート*トミー・チューンの新作
  ミーシャがニューヨークに帰ってくる
  大寒波の1月のニューヨーク チケット売上に大打撃
  ミュージカル『秘密の花園』6月8日放映
  ロンドンの『サンセット〜』主役交替
  『努力しないで〜』再演決定 来シーズン・ブロードウェイ開幕?
  今春開幕の『グリース』ボストンでの評価
  『ローマで起こった奇妙な出来事』の再演続報
  グレッグ・エデルマン ソンドハイムの新作に出演
  『パッション』のキャスティング発表
  ディズニーの『美女と野獣』開幕延期
  スコット・エリス ネダーランダーと専属契約
  キャロル・バーネット出演辞退 ロンドンの『プッティング〜』
  『ヴィクター/ヴィクトリア』最新情報*ジャッキー・メイソンの新作
  フランク・リッチ題材のプレイ?
  プレイライツ・ホライズンの新作『Avenue X』
  チャールズ・ストラウス名曲集
  無念のクローズ『アニー・ウォーバックス』*CD情報
  追悼 舞台装置家 オリヴァー・スミス 75歳
  追悼 音楽監督 ジェイ・ブラックトン 84歳

SPECIAL REPORT FROM Los Angeles
「グレン・クローズが伝説の女優ノーマ・デズモンドを」

今月の特集:赤穂きうり ウエストエンド・リポート'94 冬
  サム・メンデス演出の『キャバレー』
  ナショナル・シアターの『ウィンド・イン・ザ・ウィロー』
             『スウィーニー・トッド』
             『エンジェルズ・イン・アメリカ』
  ウエストエンドのそのほかの作品
  キャメロン・マッキントッシュの新作がズラリ

特別寄稿:NYタイムズ紙主席劇評家 デビッド・リチャーズ
『エセル・マーマンの想い出』ミュージカル・コメディ界のエベレスト

《「ニューヨーク・タイムズ紙」記者が送る、最新ニューヨーク情報》
『今、劇場で……』By グウィン・ジョー・チン Story 7
  名優の顔合わせ…『ノー・マンズ・ランド』
  注目を集める日系人作家の新作
  アイビスのすばらしく風変わりな世界

大平和登のブロードウェイ・Broadway No.006
『古典的価値甦るブロードウェイ 旧作が新作を上回る今シーズン』
  「マイ・フェア・レディ」再演

連載記事:没後10周年特別企画
「エセル・マーマンの伝説は終わらない 3」
  CALL HER ETHEL! リタ・マッケンジーの見事なトリビュート

記念的公演『エセル・マーマンズ ブロードウェイ』初来日の評価、総評
  なつかしいヒット曲を迫力で熱唱 / 扇田明彦
  説得力に溢れたプロの歌声 / 石井啓夫
by zatoumushi | 2008-09-21 00:43 | ●雑誌●
★ブロードウェイ・タイムズ January 1994
(Vol.1 No.06 通巻6号)

伊藤淳 編集人

アーツ・ウィング社 刊

1994年 1月20日 発行

\18000(会員制年間購読料)


【掲載内容】

鈴木淳子のニューヨーク芝居散策:ブロードウェイ・ダイアリー Jan,1994
  薄命だった『赤いくつ』*『エンジェルズ〜』第二部好調なスタート
  ニール・サイモンの新作プレイ*リンカーン題材の芝居、リバイバル
  ニュー『マイ・フェア』の登場*93年のシーズン回想
  シャンリーの新作コメディ、オフで話題に
  大都会テーマのプレイに存在感*遂にクローズ『フォービドゥン〜』

New York 発 最新エンターテイメント・ニュース
  『赤い靴』4日間でクローズ その舞台裏
  『サンセット大通り』in LA
  『サンセット〜』パティ・ルポンの後任
  『エンジェルズ〜』キャスト交替
  『クレイジー・フォー・ユー』のポリー役交替
  キャロル・チャニングのドーリー復活
  ミュージカル・コンサート・シリーズ
  グッドスピードの来るシーズン作品
  『ローマで起こった奇妙な出来事』再演
  トニー&ドラマデスク/授賞式日程決定
  カーヴァーの次回作*『グッバイ・ガール』、シカゴで再び
  再演『グリース』プロデューサーの悩み
  ブロードウェイ・ミュージカルの映画化予定
  『ショウ・ボート』来シーズン Bway 上陸
  NYタイムズ紙劇評家が振り返る1993年

今月の特集:1993-94 Broadway Season 秋の総括、春の展望
  不信のブロードウェイを探る

連載記事:没後10周年特別企画
「エセル・マーマンの伝説は終わらない 2」
  MERWAN'S TURN "GYPSY"*歴代のママ・ローズ

大平和登のブロードウェイ・Broadway No.005
『クリントン時代の文化交流 不況を超えるニュー・イメージ』

《「ニューヨーク・タイムズ紙」記者が送る、最新ニューヨーク情報》
『今、劇場で……』By グウィン・ジョー・チン Story 6
  マンハッタン・シアター・クラブ
by zatoumushi | 2008-09-20 23:31 | ●雑誌●
★ブロードウェイ・タイムズ December 1993
(Vol.1 No.05 通巻5号)

伊藤淳 編集人

アーツ・ウィング社 刊

1993年12月20日 発行

\18000(会員制年間購読料)


【掲載内容】

鈴木淳子のニューヨーク芝居散策:ブロードウェイ・ダイアリー Dec,1993
  お洒落なR&Hの名曲集*魅力的なNATの『アテネのタイモン』
  6時間の超大作『ケンタッキー・サイクル』
  失望したロイド=ウェバーのリバイバル『ジョセフ〜』
  モリーナ役交替でも、今だに健在の『蜘蛛女〜』
  オフの力作『ソフィストリー』*秋の新作プレイの不振
  大好評の1人舞台『ファミリー・シークレット』
  ロバート・ウィルソンの魔法『ブラック・ライダー』

今月の話題1:ジェームス・ラパイン監督の映画『ライフ with マイキー』

New York 発 エンターテイメント・ニュース
  シガニー・ウェバー、ブロードウェイ復帰?
  ローゼンスワイグの3姉妹が2組?
  トニー・ランドとレニー・カザンの顔合わせ
  サム・シェパードの舞台実現せず?*幕が開くのか『赤い靴』
  『ガイズ〜』の2人 声の共演*遂にクローズ?『フォービドゥン〜』
  『クレイジー〜』ようやくリクープ
  『クレイジー〜』トロント・カンパニー
  『蜘蛛女〜』チタの降板間近*「スターの歌の先生」を祝う集い
  『ラ・カージュ〜』10周年*『美女と野獣』の続報
  『アニー・ウォーバックス』ブロードウェイ進出か?
  今年度の殿堂入り

今月の特集1:連載記事 没後10周年特別企画
  エセル・マーマンの伝説は終わらない

今月の話題2:いよいよ来日公演実現!! "Ethel Merman's Broadway"
  蘇る舞台の上のエセル・マーマン

《「ニューヨーク・タイムズ紙」記者が送る、最新ニューヨーク情報》
『今、劇場で……』By グウィン・ジョー・チン Story 5
  6時間がかりで描くケンタッキーの歴史*長編作品ばやり
  喜劇作家の想い出*フランスの古典を、オランダ流に
  ジョセフとフェア・レディが帰ってきた!

今月の特集2:ニュー・コレクションを探す BT厳選、CD特集!

大平和登のブロードウェイ・Broadway No.004
  ピーター・ハワード アルゴンキン・ナイト
  勇気と英断の初挑戦 イッセー尾形
  世界の演出家への称賛 ハロルド・プリンス
  新作プレイ不振*クローズした新作プレイ2作
  ブロードウェイの歴史に 追悼 B'way 功労者2人
  秋のブロードウェイ・シーズン 期待のミュージカル2作
  意外な反響 日本の伝統芸能披露
  METのヴェルディ作品『イ・ロンバルディ』
by zatoumushi | 2008-09-20 19:22 | ●雑誌●